高橋 真麻(たかはし まあさ、1981年10月9日 - )は、日本のフリーアナウンサー。グレープカンパニー所属(2019年2月1日に父の高橋英樹と共にアイウエオ企画から移籍)。元フジテレビアナウンサー。既婚。 雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校、東京女子大学文理学部社会学科卒業。大学在学中にはフジテレ
21キロバイト (2,720 語) - 2020年8月22日 (土) 18:23



(出典 storage.mainichikirei.jp)



1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/21(月) 16:52:23.55 ID:CAP_USER9.net BE:549615442-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

9/21(月) 16:40
東スポWeb

高橋真麻「父と私は芸能界の流れと逆行」
高橋真麻
 フリーアナウンサーの高橋真麻(38)が21日、「芸能界の流れと逆行して」のタイトルで自身のブログを更新した。

 高橋は「ここ最近、芸能事務所から独立される方が増えていますが先立って、その流れと逆行するかの如く父と私は個人事務所からグレープカンパニーに所属しました(笑)最近、サンドさんに全然お会いできていない…寂しいな」とつづり、お笑いコンビ「サンドウィッチマン」などグレープカンパニーに所属するタレントらと番組に出演した際の写真を投稿した。
 芸能界では、事務所を退所し、独立するタレントが増えている。

 20日にも、ジャニーズ事務所が「少年隊」のの錦織一清(55)と植草克秀(54)が年内いっぱいで退所することを公式サイトで発表し、今後の活動などに注目が集まっている。


(出典 amd.c.yimg.jp)


https://news.yahoo.co.jp/articles/11ea9ec70f5704b7b0306d947ec5721572085c3f


【【芸能】高橋真麻「父と私は芸能界の流れと逆行」】の続きを読む


木村 拓哉(きむら たくや、1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、声優。男性アイドルグループSMAPの全活動期(1988年 - 2016年)のメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 東京都出身。ジャニーズ事務所所属。妻は歌手の工藤静香で、彼女と
74キロバイト (9,665 語) - 2020年8月30日 (日) 17:03



(出典 www.asahicom.jp)



1 首都圏の虎 ★ :2020/09/21(月) 14:36:16.73 ID:CAP_USER9.net

いよいよ現実のものとなるか…。俳優として円熟味を増してきた木村拓哉(47)の悲願、〝大河の主役〟が結実しそうだ。2023年に放送されるNHK大河ドラマの主役最有力候補として名前が挙がっているという。SMAP解散以降、逆風にさらされてきたキムタクだが、近年のドラマではヒットを連発し、安定感を見せてきたことで、NHKからリストアップされたようだ。

 現在、放送されている大河ドラマ「麒麟がくる」の主役は長谷川博己(43)。来年は吉沢亮(26)主演の「青天を衝け」、2022年は小栗旬(37)が主演の「鎌倉殿の13人」となる。

「麒麟――」は13~16%と近年の大河としては高視聴率を取っているが、その後の大河は上下動がありそう。民放テレビ局や大手広告代理店関係者らのデータマーケティング幹部らは一様に「吉沢惨敗、小栗大勝」との予測を出しているという。

「明治時代の渋沢栄一を主人公にした『青天を衝け』は、残念ながらコケそう。しかし、三谷幸喜さんが脚本を担当する『13人の鎌倉殿』は、ヒットするとの下馬評です。〝高視聴率鉄板〟の戦国時代ものではないですが、三谷さんは『真田丸』で実績がありますから、ヒットする可能性が高いという分析です」(民放編成マン)

 そして、23年に木村の主演が実現すれば、中身は戦国モノが予定されているようだ。

「このまま主役が木村で決まれば、司馬遼太郎の名著『関ケ原』をモチーフに、石田三成を主人公にしたスピンオフドラマ企画が俎上にあがっている。しかも脚本家の井上由美子さんが書き下ろすという話も出ている」(制作関係者)

 井上さんといえば、大河「北条時宗」を手掛けた経験があり、かつキムタク主演の「ギフト」(フジテレビ系)、「GOOD LUCK?」(TBS系)、「エンジン」(フジテレビ系)、「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)などをヒットさせた。うってつけだろう。

 長らく主役候補として名前が取りざたされてきた木村だが、これまで実現しなかった理由はいったい?

 テレビ関係者は「SMAP時代は1年に1本、必ずフジテレビかTBSのドラマに出るのが、取り決めのようなものでした。だから1年間、丸々拘束されてしまう大河に出ることはできなかった。ただ、SMAPが解散し、育ての親である元チーフマネジャーの飯島三智氏(現CULEN社長)と離れたことで、そのあたりの不文律がなくなったと言われています。スケジュールの問題はなくなったでしょう」と明*。

 さらにここにきてキムタクの心境にも変化があみられるという。

「アイドルから脱皮し、役者とはどうあるべきかを見つめた結果、一度は大河の主役をやってみたいと思うようになったそうです。木村さんに唯一ないのは『大河主演』の肩書だけですからね」(同)

 NHK側も木村の安定感を買っている。特にコロナ明けで放送された「BG――」の成功は大きい。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/270c075eb294773227c223cf5c8d0340352e5fa8

(出典 amd.c.yimg.jp)


★1 2020/09/20(日) 15:32:41.63
前スレ
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600583561/


【【芸能】ついに木村拓哉がNHK大河に降臨かも】の続きを読む


芦名 (あしな せい、1983年〈昭和58年〉11月22日 - 2020年〈令和2年〉9月14日)は、日本の女優、元女性ファッションモデル。本名、五十嵐 彩(いがらし あや)。愛称はちゃん。 福島県郡山市出身。ホリプロ所属。日出女子学園高校卒業。スリーサイズはB83/W58/H80cm。靴のサイズは23
40キロバイト (4,812 語) - 2020年9月19日 (土) 12:15



(出典 hochi.news)



1 ひかり ★ :2020/09/19(土) 07:37:48.47 ID:CAP_USER9.net

 14日に36歳の若さで亡くなった女優の芦名星(あしな・せい、本名五十嵐彩=いがらし・あや)さんの「お別れのお花入れの会」が18日、都内の斎場でしめやかに営まれた。

 突然の悲報からわずか4日。会場には祭壇も遺影もない。通常の葬儀・告別式で営まれる法要も執り行われなかった。

 棺の傍らにあらかじめ用意された供花や花びら。親族やごく近い芸能界の関係者ら約50人がそれを棺に入れていく。極めて簡素で、あまりにも寂しすぎる別れだった。参列した人によると「近親者以外はご遺族がお声がけした方たちだけだったと思います」という。

 棺に横たわる芦名さん。その顔を見て、花を持ったまま肩を震わせる人。こぼれ出る涙を拭おうともせず唇をかむ人もいた。やりきれない思いで最後の別れを終えた人々が見守る中、芦名さんは荼毘(だび)に付され、静かに旅立った。

 葬祭業関係者によると「お花入れの会」は最近増えている様式。「派手な式にはしたくないが、せめて身の回りは華やかにして送ってあげたいという方が選ぶ。このところ新型コロナウイルスの兼ね合いもあり、人数のかからないこの様式が選ばれることも多い」という。

 周囲に気を配り、場を盛り上げる。可憐(かれん)な花のような芦名さんの優しい心遣いは誰からも愛された。親しかった芸能関係者によると芦名さんは「自然の温かな息遣いが感じられるものを好んでいた」という。誕生日に花束を贈られるのが恒例だった時期もあった。関係者は「花束をもらったときの笑顔が非常に印象に残っている。こんな形で送り出すことになるなんて…」と肩を落とした。

 ◆芦名 星(あしな・せい)1983年(昭58)11月22日生まれ、福島県出身。02年に女優デビュー。06年に日本やカナダなど5カ国合作の映画「シルク」(08年日本公開)の日本人ヒロインに抜てきされた。昨年はBSテレ東のドラマ「W県警の悲劇」でゴールデン帯の連続ドラマに初主演した。テレビ朝日「相棒」、TBS「ブラッディ・マンデイ」「テセウスの船」などに出演。最近ではグラビアにも挑戦していた。1メートル65、血液型O。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/b433309ebe0a39eca4d39c3dac750d577bcfaf9b


【【芸能】芦名星、花に囲まれ天国へ】の続きを読む

このページのトップヘ