矢作 兼(やはぎ けん 、1971年〈昭和46年〉9月11日 - )、日本のお笑いタレント、司会者、Youtuber。おぎやはぎのツッコミを担当し、相方小木博明。 プロダクション人力舎所属。身長170cm、体重65kg。 1971年、東京都豊島区出身。靴のサイズ 24.5センチ。
15キロバイト (1,807 語) - 2022年4月11日 (月) 14:52

1 湛然 ★ :2022/04/23(土) 09:40:58.49

おぎやはぎ・矢作 “奇麗すぎて衝撃を受けた”2人の女優 「色々見てきたけど凄いよ」
4/22(金) 14:07 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/0387c9adf993c13907988ae0fb44bbb7614e7b2d


 お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(50)が21日深夜放送のTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1・00)に出演。“奇麗すぎて衝撃を受けた芸能人”を明かした。

 この日、リスナーからの「小学生の時に生で広末涼子さんを見ましたが、その透明感に小学生ながら衝撃を受けました。おぎやはぎさんは、奇麗すぎて衝撃を受けた芸能人の方はいますか?」という質問を紹介。これに矢作は「まさに広末涼子。色々見てきたけど、凄いよ」と回答した。さらに「これ何回か言ったことあると思うけど、生で凄い人は藤原紀香ね。やっぱり凄い」と、2人の名前を上げた。

 相方の小木博明も、藤原については「スタイルもいいし、背も高いからさ」と衝撃的だったという。続けて、小木は米倉涼子の名前も挙げ「すごい奇麗なんだから。1番凄いと思う」と語っていた。

(おわり)


前スレ(★1=2022/04/23(土) 05:27:35.29)
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650659255/


【【ラジオ】おぎやはぎ・矢作、奇麗すぎて衝撃を受けた2人の女優】の続きを読む


土屋 太鳳(つちや たお、1995年2月3日 - )は、日本の女優である。 東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
98キロバイト (13,063 語) - 2022年4月26日 (火) 00:00

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/21(木) 14:33:09.35

4/21(木) 12:50
デイリースポーツ

土屋太鳳、視力低下感じてメガネ店へ 検査の結果「2・0」
 
 女優の土屋太鳳が21日、フジテレビ系「ポップUP!」で、目が見えにくくなったことから、メガネを作りに行ったところ、検査の結果「2・0」と言われたという仰天エピを紹介した。

 番組では土屋をゲストに迎えてトークを展開。その中で、土屋の友人であるモデルの朝比奈彩がVTRで登場し、土屋に頼まれ、一緒にメガネを買いに行った時のエピソードを紹介した。

 朝比奈は「視力検査をやるじゃないですか。結果を見たら2・0。絶対目が悪くないのに、メガネって。本当に目が悪かったのかな?」とコメント。スタジオからも驚きの声が上がった。

 土屋は「最近見えづらいと思って、前に作ったメガネもぼやけるし、新しいのを買おうと本気で計ったら、2・0と言われて自分も本当にびっくりした」と苦笑いで振り返り、アルコ&ピースの平子も「もともと4・5ぐらいあったんですか?」と仰天。

 土屋は「0・7ぐらいなのかと思っていた」「メガネを作ったときより目が良くなってたのかもしれない」と言い、山崎夕貴アナも「そんなことがあるの?」と最後まで驚いていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d779ed4c9355094e87f1e9824654f6fe851af1c


【【芸能】土屋太鳳、視力低下感じてメガネ店へ】の続きを読む


五代目 尾上菊之助(ごだいめ おのえ きくのすけ、1977年〈昭和52年〉8月1日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。歌舞伎名跡「尾上菊之助」の当代。 本名は寺嶋 和康(てらしま かずやす)。青山学院大学中退。公称身長173cm。
19キロバイト (2,349 語) - 2022年3月30日 (水) 03:40

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/26(火) 09:22:38.60

4/26(火) 6:05
女性自身

海老蔵“ライバル”菊之助が共演NG宣言!騒動連発に大物贔屓筋も激怒で深まる孤立

《もう反省です。もちろん違うこともありますが、それをいちいち否定するのも……。今後の生活態度で見極めて頂くしかない》

SNSでのナンパも含め、昨秋から複数の女性との“奔放愛”を何度も報じられていた市川海老蔵(44)が、4月21日に発売された『週刊文春』で沈黙を破った。

トラブルとなっていた義姉・小林麻耶(42)、國光吟氏(38)夫妻とは3月31日夜22時半から朝4時半まで6時間にわたって話し合い、《こちらは謝罪をする立場ですから『ごめんね』と。基本的に麻耶さんと國光さんが話をされ、私が聞いていました》と、直接謝罪したと語っていた。

だが、当の麻耶は4月21日のブログで《腑が煮えくりかえる》と激怒している。

《私たちは、(海老蔵の)おかえり、のブログに関して、直接頭を下げて謝罪してもらっていません》

依然、両者の言い分には大きな食い違いがあるようだ。

海老蔵はまた同誌で、年内にも行われるとみられる第十三代目市川團十郎白猿襲名披露興行に向け、複数の女性との交際について、こう主張していた。

《麻央を忘れたことはありません。今も深く愛しています。ただ……、子供たちや襲名のことを考えると、そろそろ再婚を視野に入れていたことも事実です。現時点で特定のお相手がいるわけではありませんが、決して複数の女性と手当たり次第に交際していたわけではない》

■本命の令嬢を紹介した関西の大物贔屓筋が度重なる報道に激怒

だが、本誌の取材によれば、今回の一連の騒動に大物贔屓筋が激怒しているという。後援会関係者がその内幕を語る。

「昨秋に報じられた交際女性の一人は、関西の贔屓筋から正式に紹介され、海老蔵さんも真剣に再婚を考えていた“本命”でした。ただ、複数女性との交際が発覚して、その女性は『もう海老蔵さんとは連絡を取らない』とキッパリ言い切っているようです。

紹介した贔屓筋も海老蔵さんにご立腹です。実は父・團十郎さんからの付き合いで、関西ではトップクラスの贔屓筋。今後の海老蔵さんの態度いかんでは襲名に協力しない可能性もあると思います」

今回の騒動に憤っているのは麻耶や、代々の贔屓筋だけではない。「團菊」と称され、ともに梨園を背負うライバル・尾上菊之助(44)もまた堪忍袋の緒が切れているという。5月から歌舞伎座の名物「團菊祭」が3年ぶりに開催されるが、2人の共演はないというのだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fffb46be17fbb879ccd78b1e1fa6fce5b98e0abb


【【芸能】ライバル菊之助、海老蔵共演NG宣言!】の続きを読む

このページのトップヘ