お笑い


小籔 千豊(こやぶ かずとよ、1973年9月11日 - )は、日本のお笑いタレント、喜劇俳優、司会者、ドラマー。吉本新喜劇の座長。バンド・吉本新喜劇ィズ、ジェニーハイのメンバー(また過去にはチャットモンチー大阪支部)。吉本興業(東京吉本)所属。大阪府大阪市住吉区(現・住之江区)出身。大阪市在住。
71キロバイト (9,378 語) - 2021年9月20日 (月) 09:05



1 muffin ★ :2021/09/21(火) 23:48:02.97

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/21/kiji/20210921s00041000626000c.html

 お笑いタレント、小籔千豊(48)が21日、ABEMA「ABEMAPrime」(月~金曜後9・00)に生出演し、著名人の「政治的な発言」について持論を述べた。

 番組では韓国の人気グループ「BTS」が20日、米ニューヨークの国連本部で行われた持続可能な開発目標(SDGs)への取り組みを加速させるためのイベントで、スピーチしたことを伝えた。共演者が「日本からは政治的なメッセージだったり人権とかを発信するアーティスト、芸能人がなぜでてこないだろう」とコメントすると、小籔は「それ、よう言いはるんですよ。でも政治的なツイッターをしている芸能人、結構出てきますよ」と指摘。「実は言うているんですよ。でもBTSほど売れていないから」と語った。

 続けて自らの経験を紹介。2011年の大阪市長選の際、「選挙に行きましょう」とツイートしたところ、「今から行ってきます」など好意的な意見のほか、「お前みたいな、しょーもない芸人が投票行けって言ったら、お前のファンのアホも投票行くやろ、政治メチャクチャになったらどうするんだ」のコメントも寄せられたという。「誰に入れろって言ったわけではないのに、投票行けって言っただけ。(著名人の政治的発言を)抹*ていく人もおるのは事実です、僕らが言わないというより」と話した。

 小籔の発信に対して異なる見解を持った人々が“アンチ”になることもあるそうで、「ほかの仕事の時に『あいつはスベっている、おもろない』ってずっと粘着のように来ますね」と告白。「それは言えへんようになるやろ」と、自らの意見を述べることの難しさを訴えた。

 さらに芸能人の好感度ランキングは「政治的な発言するなって言うているようなもんですから」とも。極端な例として「うどん好きって言うた時点で、そば屋さんが怒ってくる。僕らは二択のうち、どっちかを“応援”した時点で逆目がメチャクチャ怒ってくる」。当たり障りのない発言が同ランキングにおいても重要ではないかとし、「ということは政治のことなんていうのは…。はっきり言ってこの番組(政治のことも取り上げるABEMAPrime)をやらせてもらってあれですけど、マイナスでしかない」と私見を述べた。

 政治のことを勉強してコメントしても「芸人として賢いなって思われたらマイナス」とする一方、識者と違う意見を展開すると「『コイツ何言うてんねんアホやな、勉強もせんと適当なこと発言しやがって、アイツ嫌い』ってなる」と紹介。「政治の発言って、どっち言うても芸人にとってはマイナスでしかないですね」とボヤいた。


【【芸能】小籔千豊「芸人にとってはマイナスでしかない」】の続きを読む


黒沢 かずこ(くろさわ かずこ、1978年(昭和53年)10月17日 - )は、日本のお笑いタレント、女優であり、女性お笑いトリオ・森三中のボケ担当。本名、黒沢 宗子(読み同じ)。 茨城県ひたちなか市(旧・勝田市)出身。吉本興業所属。ひたちなか市立勝田第三中学校卒業、水戸短期大学附属高等学校(現・水
24キロバイト (3,021 語) - 2021年9月18日 (土) 06:45



1 muffin ★ :2021/09/21(火) 18:29:36.15

https://hochi.news/articles/20210921-OHT1T51143.html

お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこが21日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・午後5時)に生出演。大みそか恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ」の放送が今年は休止されることについてコメントした。

この日の番組で今回の休止の話題が取り上げられ、MCの垣花正から「黒沢さんは何回も出演してますもんね」と聞かれた黒沢は「最近は呼んでいただけてないんですけど…」と苦笑しながらポツリ。

「これはだいぶ早い月に(収録を)やりますよね。10月か11月かに。あっ、言っていいのかな」と続けると、「一応、仮とかで(出演者に)入ったりもするんですけど、(今年は)仮もなくて」と話した。

その上で「俳優さんとか最近はアーティストさんが出たりとか、お笑いもゲームコーナーとかに出る機会があって。やっぱり、お笑いだったら、ここに出たいって、笑ってもらいたいってのがあるんですけど」と本音を明かし、「(現場は)不思議な雰囲気ですよね。俳優やアーティストさんがされるがままにメイクや衣装着て、でも、いつもの空気感で(出番を)待っていたりするのが、クソ面白くって。ウワー、そこはキャラ変えないんだって。むちゃくちゃ、それが笑ってはいけないんじゃないかってくらい、ニヤニヤしちゃいますね」と話した。


(出典 hochi.news)


【【芸能】黒沢かずこ「笑ってはいけない」放送休止に…】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。 お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。左利き。
52キロバイト (6,803 語) - 2021年9月19日 (日) 19:17



1 オムビタスビル(大阪府) [KR] :2021/09/21(火) 14:22:26.32


お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(58)が21日、自身のツイッターを更新。毎年年末恒例で放送
していた日本テレビ「笑ってはいけない」シリーズ休止にコメントした。

松本は「コロナ禍において【笑ってはいけない】の収録は難しいと去年つよく感じました」と同シリーズに
ついて言及。「クオリティーを下げてまで番組を続けるのは楽しみにしてくれている方々に対して尻より
心が痛いです」と思いを記した。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/21/kiji/20210921s00041000334000c.html


【【芸能】松本人志「尻より心が痛い」】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児
26キロバイト (3,144 語) - 2021年9月13日 (月) 12:05



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/19(日) 07:01:34.75

9/19(日) 6:00配信
SmartFLASH

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

「渡部さんの不倫が報じられたのは昨年6月。報道後、渡部さんはすべてのレギュラー番組10本を降板。芸能活動を自粛しました。スポンサーなどへの違約金は1億円超えと言われていましたが、その支払いも自腹で済ませたそうです」(芸能関係者)

2020年大晦日の特番『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)での復帰が報じられたものの、頓挫した渡部建(48)。その後も“1年間仕事ゼロ”のままで、禊の主夫生活を送っている。

「『ガキ使』の報道には《禊は済んでいないはず》と非難の声が殺到しました。そこからマイナスイメージを払拭できておらず、いまだに何をやっても叩かれてしまう図式が続いているのです。日テレ上層部もすっかりおよび腰で、渡部さんの復帰に手を差し伸べることに消極的になっているそうです」(前出・芸能関係者)

 渡部の復帰が難しい理由には、もう一つあるようだ。

「もともと渡部さんは、『人によって態度を変える人だ』という評価も上がっていました。そのため、彼に拒否反応を示す人がいたのです。実際に『1年もたったし、そろそろ復帰させてあげたい』という声が出てきてもおかしくなさそうなものですが、今もプロデューサーやディレクターなどの現場スタッフのなかで『渡部さんのために一肌*』『渡部さんと一緒に仕事をしたい』という人は少ないようです」(前出・芸能関係者)
 
 いっぽうで騒動後、仕事のない渡部に代わって家計を支えているのは妻の佐々木希(33)だ。今年3月には、約4億円のマンションを現金で一括購入したことが報じられている。仕事を選ぶことなく、バラエティ番組にも積極的に出演。6年ぶりの舞台『酔いどれ天使』にも挑戦している。

 そんな佐々木に対して今、映像・舞台関係者から「作品に起用してあげたい」と応援の声が続出しているという。

「佐々木さんは子育てをしながら、仕事のない渡部さんに代わって一家の大黒柱としても奮闘しています。たしかに特別、演技が上手というわけではないかもしれません。バラエティも不慣れで、コメントも今ひとつかもしれません。それでも健気に頑張る姿に、胸を打たれる人が増えているのです。関係者からも『やっぱり美人だし、話題性もある。どこかで使ってあげられないか』と、起用に前向きな声が出ていると聞きました」(スポーツ紙記者)

 渡部と佐々木、現場からは“正反対”の評価が下されているようだ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ff20569791217168cfecb65f80f8d2b0288f8d5


【【芸能】渡部建、1年仕事ゼロ根強い拒否反応】の続きを読む


楽しんご(たのしんご、1979年3月15日 - )は、日本のお笑い芸人、整体師、実業家。 神奈川県横浜市保土ケ谷区に生まれる[要出典]。 中学時代に、なよなよした立ち居振る舞いが原因で不良グループに目を付けられいじめにあってしまう。その内容は、金銭を要求されて、それが出来なければカッターで唇を切られ
31キロバイト (3,746 語) - 2021年9月19日 (日) 06:20



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/19(日) 21:05:55.16

9/19(日) 20:48
東スポWeb

楽しんご 素人格闘技戦で…相方を股間に埋める妙技「ペチン責め」で勝利
相方・渋谷りゅうき(下)を攻撃する楽しんご
 タレントの楽しんご(42)が19日、バトゥール東京(歌舞伎町)で行われた素人異業種格闘技戦「hatashiai」に出場し、お笑いコンビ「おいなり」の相方である渋谷りゅうき(37)と対戦した。キックボクシング戦のハズが、なぜか最後はプロレスルールになってしまい…。

 この試合に向け、体重98キロから85キロまで落としたという楽しんごだが、身長186センチの長身とあって、グローブを付けた姿は迫力満点で、プロの格闘家と見間違うほどだ。一方、対戦相手のミスターXは相方の渋谷とあって、〝身内〟とのムードもあったが、入場時にコーナーポストからバク転でリングインし、その運動神経の高さに観衆も目を見開いた。

 期待に応えるように楽しんごは、序盤からミドルキックや渋谷のストマックに容赦なく膝蹴りを見舞い、さらにハイキック、バックブローの鮮やかなラッシュを見せた。好マッチだったのが一変したのは2Rからだ。ともにグローブを脱ぎ去り、拳でのケンカマッチの様相かと思いきや、なぜかプロレスルールに変更された。

 楽しんごが豪快な柔道技を繰り出せば、一斗缶を持ち出し、渋谷の頭部をポカリ。一方、渋谷はコーナーポストから豪快なスプラッシュを見舞い、KOを予感させたが、これは空振り。最後は楽しんごがもつれ合いから渋谷の顔面を股間で覆う〝ペチン責め〟なる妙技で、ギブアップを奪った。

 楽しんごは「ガチで1か月練習してきたが、感動しました。描いていたことができた。今年一番の思い出になった」とニンマリ。〝ペチン責め〟の命名については「ぺちん、ぺちんに押さえつけるという意味です」と解説した。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/197d7b19c980838e415c1298f70f57b448dc2140


【【芸能】楽しんご「ペチン責め」で勝利】の続きを読む

このページのトップヘ