お笑い


(2020年12月16日 - 2021年3月、TBS) - 水・木曜コメンテーター ノンスタ井上の大冒険〜不思議のおみやげランドマーク〜(2021年4月29日 - 、BS12 トゥエルビ) NON STYLE井上のバズらせJAPAN(2021年12月6日 - 、全国23局ネット) - MC
27キロバイト (2,753 語) - 2022年4月18日 (月) 02:17

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/27(水) 16:01:52.10

4/27(水) 14:32
スポニチアネックス

ノンスタ井上が告白 一般女性の彼女と同棲中 結婚示唆「コロナ落ち着いたらしたいよねって」

 お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(42)が26日深夜放送のテレビ朝日「マッドマックスTV論破王」(水曜深夜0・20)に出演。交際中の女性との結婚を示唆した。

 2ちゃんねる創設者で実業家の西村博之(ひろゆき)氏(とディベート対決する企画の中で「いまだにフリーじゃないですか」と指摘された井上は「俺、年内に結婚のニュース出てますねん。(お相手は)ふつうの一般の方」と一般女性と付き合っていると明かした。

 出会いの場所はコンビニエンスストア。「たまたま立ち寄ったコンビ二の女性の方で、連絡先を聞くとかもなかった。けど、いろんな仕事を経て、その方が番組に参加することがあった。久々にお会いしてご飯も行くようになってお付き合いするようになって」と説明。「一緒に暮らしてます。コロナ落ち着いたら(結婚)したいよねって話はしてます」と赤裸々に語った。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b316b901fd19410e93711c8fa9394e13751c9747


【【芸能】ノンスタ井上、一般女性の彼女と同棲中】の続きを読む


田中 卓志(たなか たくし、1976年(昭和51年)2月8日 - )は、日本のお笑いタレント、お笑いコンビ アンガールズのツッコミ(まれにボケ)担当。広島県甲奴郡上下町(現・府中市)出身。ワタナベエンターテインメント所属。身長188cm、体重62kg、血液型はB型。
52キロバイト (7,079 語) - 2022年4月24日 (日) 16:53

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/01(金) 12:06:01.10

4/1(金) 12:00
日刊スポーツ

アンガールズ田中卓志“キモカワキャラ”のイメージを180度覆す最強にカッコいいポスター公開
カッコ良すぎる仕上がりとなったフジテレビ系「呼び出し先生タナカ」のポスター(C)フジテレビ
24日スタートのアンガールズ田中卓志(46)がMCを務めるフジテレビ系「呼び出し先生タナカ」(日曜午後9時、初回は午後7時から3時間スペシャル)のポスターが1日、公開された。

俳優やアーティスト、アスリート、アイドル、文化人、芸人などのゲストが生徒としてタナカ先生に呼び出され、学校にまつわる一斉テストに挑戦させられる。担任・タナカ先生が振るう愛のムチが生徒たちを爆笑の渦に巻き込む。

ポスターの田中は、従来の“キモカワキャラ”のイメージを180度覆す、最強にカッコいいビジュアル。*スーツに身を包み、ロックグラスを片手に凜々(りり)しい表情でソファに座っている。逆の手に止まっているタカにも物おじもせず余裕の表情を見せる田中の姿は、まさに新たなお笑い界の王者の風格を漂わせる“アンガールズ田中史上、最もカッコ良すぎる”仕上がりとなった。また、コピーも「そろそろ、教えなければならない時がきたか。」とクールに決まっている。

担任・タナカ先生のサポート役の副担任・ハセガワ先生としてお笑いコンビ、シソンヌの長谷川忍(43)がレギュラー出演。長谷川は「純粋にうれしい。日曜日の21時という貴重な時間を、田中さんのサポート役(副担任)をやらせていただけると言うことで非常に楽しみです。タナカ先生が時々、怒りに任せて興奮すると思いますので、その時は手綱を引きつつも、生徒たちの面白い部分を引き出していければと思います」と話している。

総合演出のフジテレビ第二制作部・日置祐貴ディレクターは「1年後には全国民の皆さんが、田中さんのイメージは、このポスターのようにカッコいいと思ってもらえることを目指して、頑張りたいと思います。そして、田中さんが見せてくれる担任・タナカ先生は、当意即妙に生徒に話を振ったり、注意したり、いじったりするだけでなく、時には自分から体を張って恥ずかしい姿をさらけ出して笑いを取りに行く新しいタイプの先生(MC)になってくれると思います。ぜひ、楽しみにしていただけたらと思います」と話している。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/978301096183a2980798f5dde32a364381990eb6


【【芸能】アンガールズ田中卓志、キモカワキャラのイメージ】の続きを読む


入江 慎也(いりえ しんや、1977年4月8日 - )は日本の元お笑いタレント、実業家。 お笑いコンビカラテカのツッコミ担当だった。 株式会社イリエコネクション及びピカピカ代表取締役。過去には吉本興業→よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していた。 1977年4月8日生まれ、東京都小平市出身。
16キロバイト (2,097 語) - 2022年4月25日 (月) 00:57

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/25(月) 09:12:11.91

4/25(月) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL

カラテカ入江慎也さん(45歳)

「ヤミ営業騒動」で2019年に吉本興業を解雇され、早々に芸能界を離れたカラテカ・入江。その後、雨上がり決死隊・宮迫の退社へと波紋が広がった。騒動の渦中は一歩も外を出歩けない状態だったというが、その後清掃会社でアルバイトを始め、翌年には清掃会社「ピカピカ」を起業。今では都内を起点に、全国5店舗を展開。騒動から3年、今どうしているのか。

 ◇  ◇  ◇

「解雇されてから2カ月はずっとひきこもり状態でした。それで家の掃除を始めて、芸人時代の小道具とか衣装とか断捨離を始めました。コンビで舞台に立っていた時のフリップネタの画用紙を処分するときは『これですごくウケたんだよな……』とか思い出してツラかったですね。身の回りを整理することで気持ちがスッキリする、それで清掃の仕事をやってみようと思ったんです」

 再始動はネット検索、時給1100円、42歳のリスタートだった。

「ご迷惑をおかけしたので、誰かに頼るのは避けようと『目黒区』『清掃』で検索して、ヒットしたのがおそうじ本舗でした。面接に行くと『あの入江さんなんですね! ビックリしました』って言われました。時給1100円から始まり、3カ月で1300円、4カ月目に日当1万円になりました。1万円を稼ぐことの大変さを改めて実感したと同時に、こんな僕でも掃除して奇麗になると感謝されることにやりがいを感じました」

 20年7月に「ピカピカ」を起業。清掃にビジネスチャンスを感じたという。

「掃除ってどんな時代もなくならない仕事だと。特に業務用のエアコンはプロでないと掃除できないので専門性もあります。飲食店も考えましたが、やったことがなかったし、清掃業は初期費用が安い。軽バンと掃除道具さえあればできるのもポイントでした。起業は気合ですね、動かないと変わらないですから」

 今はどんな仕事を?

「業務用エアコンの掃除から、家庭のエアコンやお風呂などなんでも。今田耕司さんや極楽とんぼの山本さんら芸人の方々も仕事を依頼してくださって応援していただいてます」

 東京、大阪、名古屋など全国5店舗と経営は順調そうだ。

「支店は独立した後輩たちのフランチャイズ店です。今は入社した人が働ける場をつくる事業拡大の段階に入りつつあります」


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/92e012bb64735a5c315610d1f989baea2541948a


【【芸能】カラテカ入江慎也「ヤミ営業」問題で芸能界引退】の続きを読む


松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。兵庫県尼崎市出身。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ、ネタ作り担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん(まっちゃん)。妻は元タレントの伊原凛。吉本興業東京本部所属。(ペンや箸を持つ時は)左利き。
58キロバイト (7,508 語) - 2022年4月21日 (木) 15:22

1 湛然 ★ :2022/04/25(月) 05:20:48.15

松本人志、日本人初『LEON』表紙 エンポリオ アルマーニを纏いモデルに挑戦
2022/04/25 04:00 マイナビ
https://news.mynavi.jp/article/20220425-2328718/

(出典 news.mynavi.jp)



お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、4月25日発売のラグジュアリー・ライフスタイル誌『LEON』6月号で、日本人初となる同誌の表紙モデルを務めた。

昨年ブランド誕生40周年を迎えた「エンポリオ アルマーニ」と、今年デビュー40周年を迎える松本が「40周年のバトンタッチを行う」というスペシャル企画が、創刊21年目に突入した『LEON』で実現。松本が「エンポリオアルマーニ」のスーツを纏い、日本人初となる『LEON』表紙モデルを務めた。また、同号の中ページでは、6ページに及ぶファッション撮影を展開している。

これまで月刊誌『LEON』の表紙は看板モデルのパンツェッタ・ジローラモが20年間連続で務め続けており、ひとりの男性モデルが同一月刊誌の表紙モデルで出演し続けるギネス記録を現在も更新中。また、過去に『LEON』の表紙に、日本人男性が登場したことはなかった。そんな中、松本がその歴史を動*大役を務めた。

誌面では「40周年を迎え、レジェンドと言われる域にまで達しながらも、いまだ進化を続ける」というエンポリオ アルマーニと松本との共通点をLEONらしい迫力あるビジュアルにより表現した。1時間で3度の着替えというタイトなスケジュールにもかかわらず、ファッションモデル顔負けのパーフェクトなファッション撮影を敢行した松本。表紙のほか、中面6ページ、表紙のサイドストーリーとなる特別ムービーでは、シガー片手に外国人モデルの女性を口説こうとしているお茶目な姿も見ることができる。

同誌内でのインタビューでは“モテるオヤジ”、“お金とセンス”などにも言及し、この先叶えたいことは? という質問に「“松本”という名前を省いて、お笑い論を語るのが難しい存在になりたい」と答えるなど、ここでしか聞けない話も掲載されている。

今回の出演について『LEON』編集長の石井洋氏は「松本さんが日頃から愛用しているというエンポリオ アルマーニが昨年40周年を迎えました。そして、松本さんは今年デビュー40周年。進化し続けるブランドと、進化しつづけるお笑い界のレジェンドに起こった偶然の周年被りを、我々の使命でもある“面白きことを軽やかに!”という信条のもと、これまでにない新しいトライで形にすることはできないかと考えました。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】松本人志、日本人初『LEON』表紙】の続きを読む


有吉 弘行さんを起用】”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年1月18日閲覧。 有吉弘行 『お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」』 双葉社、2012年。  - 加筆・訂正の
75キロバイト (11,218 語) - 2022年4月18日 (月) 03:04

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/17(日) 22:27:00.64

4/17(日) 20:34
スポニチアネックス

有吉弘行 佐々木朗の8回“完全”は「伝説」、プロ野球選手は「語り草になるようなことが1番大事」

 お笑いタレントの有吉弘行(47)が17日放送のJFN「有吉弘行のSUNDAY NIGHTDREAMER」(日曜後8・00)に生出演。プロ野球ロッテ佐々木朗希投手(20)の8回“完全”投球についてコメントした。

 10日のオリックス戦でプロ野球28年ぶりの完全試合を達成した佐々木朗は、17日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に登板。8回まで走者を1人も許さず、14三振を奪うパーフェクトピッチングを見せた。井口資仁監督の采配で8回を終えて降板、その後はベンチから戦況を見守ったが、試合は0-1で敗れた。

 有吉はこの日の試合を「ロケの合間に見ていた」と明かし、「携帯で見ていたら7回までパーフェクトって書いてあったから、エーって思って。みんなでチラチラ見ていたら8回でパーフェクトのまま投手交代。残念ながらパーフェクトならず」と驚きの口調。井口監督の決断は「難しかっただろうね、8回で選手を下げるっていうのは。0―0できていたからね、難しかっただろうけど」とした上で、「まぁでもいいんじゃない」と理解を示した。

 「どっちみち、パーフェクトしても伝説だし、8回で下げられたっていうのも伝説だから」と分析した有吉。佐々木朗が今回の登板でまたしても強烈なインパクトを残したことに、「プロ野球選手にとってはそういうのが1番ね、語り草になるようなことが1番大事だから。佐々木朗希選手にとっては生涯ついて回る話でしょうから、伝説として。良かったんじゃないですか」と語った。

 一方で「ないよ我々、そういう伝説みたいなものは」と語る場面も。自身が若手時代に挑んだ企画に触れ、「私なんかヒッチハイクで飛行機に乗って日本中が『ヤラセじゃないか!』と騒いだというね。そういう世間をにぎわしたのがついて回りますけどね。いまだにヤラセと戦っていますよ、私は」と、こぼしていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/916f629404b282f4462375c57601e16d5173e79d


【【芸能】有吉弘行、佐々木朗の8回完全は「伝説」】の続きを読む

このページのトップヘ