タレント


スマイリーキクチ(1972年1月16日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優。本名は菊池 聡(きくち さとし)。東京都足立区北千住出身。太田プロダクション所属。 元々は芸能活動に関心がなかったが、体育専門学校時代在籍時に友人と行ったパフォーマンスが評価される中で芸人になるように薦められたことがきっか
12キロバイト (1,184 語) - 2020年3月7日 (土) 10:19



(出典 www.adachi-asahi.jp)



1 鉄チーズ烏 ★ :2020/08/26(水) 19:46:05 ID:CAP_USER9.net

2020年08月26日 16時44分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2112981/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


 タレントのスマイリーキクチ(48)が26日、ツイッターを更新。SNSの利用方法について注意を促した。

 スマイリーは過去に、殺人事件の実行犯というデマが流れたことが原因で、ネット上で誹謗中傷などを長年受け続けた経験を持つ。

 スマイリーはSNSの利用について「日常で感じたことを投稿したり、ビジネスに活用したり、利用法は人それぞれです」としたうえで「このツールは情報を発信する場所であって、ストレスを発散する場所ではないですよね」と指摘。

 続けて「匿名で利用していても身元はバレますから。イライラした時はインターネットから離れましょう。それが安全な使い方ですね」と呼びかけた。

 スマイリーは25日にも俳優の石田純一(66)を巡る報道に対し「コロナ禍のストレスの吐口なのか、投下燃料のような扱いをされて今は不憫に思う。相手に非があれば好きなだけ叩いてもいいという風潮に違和感を覚えます。度を越せばいじめと変わらない」と投稿していた。


【【芸能】スマイリーキクチ、「SNSはストレスを発散する場所ではない」】の続きを読む


すみれ、スミレ スミレ属の植物の一種、スミレ(菫)。スミレの花弁(花びら)の色は菫色(すみれいろ)またはバイオレットを参照。 すみれ (モデル) - 日本の女優・歌手で、父石田純一、母松原千明の娘。 SUMIRE - 日本の女優・モデル。父浅野忠信、母CHARAの娘。 純恋(すみれ) - 小悪魔agehaの元モデル。
2キロバイト (223 語) - 2020年8月11日 (火) 13:54



(出典 amd.c.yimg.jp)



1 湛然 ★ :2020/08/24(月) 05:46:30 ID:CAP_USER9.net

すみれ×華厳の滝に「自然が似合う」「健康美」と反響 迫力ある大自然写真を投稿
8/23(日) 13:22 ENCOUNT
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9ad646b948b82c21e45d314c8cdd5041b74c81a

sumire808
https://www.instagram.com/p/CENs7d1s267/

h
(出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)



上下カーキのラフなコーデで華厳の滝を前に撮影

 女優で歌手のすみれが23日、自身のインスタグラムを更新。ど迫力の華厳の滝をバックに自然を堪能する姿を公開した。

 すみれは「気持ちいい~」と記し、写真を投稿。栃木県日光市の観光名所でもある華厳の滝を訪れたようで、滝の迫力が伝わる1枚を公開した。大自然を堪能する姿が収められている。

 上下カーキ色のラフな姿のすみれ。上はブラトップで夏を感じさせる涼しげなコーディネートだ。

 この投稿には「あー涼しげ」「マイナスイオンたっぷり浴びて~」「本当に気持ち良さそう」「見てる私も癒されます」「滝とマッチングしてるょ~!!」

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】すみれ「自然が似合う」「健康美」と反響】の続きを読む


小島 瑠璃子(こじま るりこ、1993年12月23日 - )は、日本のバラエティタレント、司会者、グラビアモデル、スポーツキャスター。 千葉県市原市出身。ホリプロ所属。 2009年、第34回ホリプロタレントスカウトキャラバンで3万3910人の中からグランプリ受賞。同年10月25日、ホリプロの大先輩・
39キロバイト (5,206 語) - 2020年8月13日 (木) 12:44



(出典 cdn.asagei.com)



1 muffin ★ :2020/08/24(月) 20:36:11.51 ID:CAP_USER9.net

「あの大ヒット漫画の原作者である45歳の“大先生”が、19歳下で26歳の女性タレントと人目を気にせずイチャイチャしている姿には驚きました。お相手が“あざといキャラ”と言われる“こじるり”だったので、きっと先生が“オトされたんだろう”と漫画ファンだけでなく、ネットでも大騒ぎになっています」(ワイドショースタッフ)

 8月3日発売の『週刊ポスト』が報じた、大人気漫画『キングダム』の“生みの親”原泰久氏と小島瑠璃子の熱愛スクープ。原氏が住む福岡の街中で腕を絡ませながら密着するお泊まりデートを楽しんでいたふたり。8日には小島がラジオ番組で、ノロケながらも交際を認める熱愛宣言をしてみせた。しかし─。

「原先生には奥さんと3人の子どもがいます。『キングダム』単行本の“あとがき”でも、奥さんの出産に立ち会ったり、お子さんの成長を喜んだり、何度も家族のエピソードを書いていた*。人気漫画家で忙しいんだろうけど、きっといい夫で、いいパパなんだろうと思っていました」(出版業界関係者)

 ただ、前述の記事には《今は原さんは独身で、最近になって小島さんがアタックして、交際に発展した》という関係者の声が載っている。離婚時期や理由は、いっさい書かれていないのだが……。

「だから、若くてカワイイ女性芸能人を前にして、いとも簡単に大事な家族を見捨てたのでは、なんていう声もあります」(前出・スタッフ)

 人気漫画『キングダム』は、累計発行部数が6600万部を突破。'11年にアニメ化、昨年には実写映画化され、興行収入57億円を超える大ヒットを記録した。

「コミックの印税だけでも、単純計算で35億円以上。関連収入を加えれば、これまでの収入は50億円を超えるでしょう」(前出・出版業界関係者)

 そんな原氏は、27歳で脱サラして漫画家に。'16年放送の『情熱大陸』に登場した際、彼を長年支えていた妻は、こう語っていた。

「サラリーマンでも十分だったんですけど、やりたいことをするっていうのはいいなと。長い付き合いなので信じるしかないっていうか……」

 そんな幸せな家庭に“熱烈ファン”として割り込んできたのが小島だった。

 '19年1月放送の『世界ふしぎ発見!』(TBS系)で、小島は念願の初対面を果たす。原氏の仕事場を訪れ、感動の涙を流す場面も。

「この共演をした場面では、原先生は左手薬指に結婚指輪をしていました。

 2年ほど前に福岡県の久留米市に大豪邸を建てており、奥さんと3人の子どもたちは今もそこに住んでいるようです。一方、現在の原先生は福岡市内のマンションに引っ越しています」(前出・出版業界関係者)

 小島が浮かれる熱愛は、原氏の元妻からの“略奪”だったのか。

 真相を確かめるべく、原氏の実家・佐賀県に住む母親に話を聞いた。

「私も(交際報道に)ビックリしています。(小島を)特に紹介されてもないし、お会いしたこともないので」

─不倫からの離婚と、小島による略奪愛ではない?

「それは違うとハッキリしています。離婚の相談は、息子からありましたから。息子が連れてくるので、孫とはちょくちょく会っています」

 原氏の実兄が母親の話を引き取り、こう続ける。

「弟が離婚したのは昨年の冬です。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話であり、離婚とは全然関係ないと、弟から聞いています」

 最後に、久留米市に住む別れた元妻からも話を聞いた。

「私は一般人なので、何もお答えすることはありません」

 小島の所属事務所は週刊女性に「プライベートなことは本人に任せております」とのこと。

 こじるりのキャラが純愛を“こじらせた”のかも?

週刊女性

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200824-00018663-jprime-ent

★1:2020/08/24(月) 12:37:49.75
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598251733/


【【芸能】小島瑠璃子、略奪愛疑惑『キングダム』作者の実母が否定!】の続きを読む


山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレント、女優。アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
21キロバイト (2,776 語) - 2020年7月29日 (水) 10:51



(出典 bunshun.ismcdn.jp)



1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2020/08/22(土) 10:49:19 ID:CAP_USER9.net

女優の山口真帆が、9月5日に開幕する内博貴主演の「浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~」で舞台に初挑戦する。今年1月期に放送された日本テレビ系ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で女優デビューを果たし、次なる挑戦として舞台に立つ。

本作は、小説家・太宰治の人生を題材とし、太宰が愛した女性たちとの浪漫と波乱に満ちた日々を赤裸々に描く物語。山口は、太宰の愛人の一人であり、太宰とともに入水し自ら命を絶った山崎富栄を演じる。難しい役どころとなるが、本作への思いや役作りについて話を聞いた。
ビジュアル撮影の日に、役衣装で取材に応じた山口。「富栄は、私とは反対というか、自分が歩んだことのない人生だからこそ、この人生を生きてみたいなと率直に思いました」と出演を決意した思いを明かした。

2020/08/22 08:00
https://news.mynavi.jp/article/20200822-yamaguchimaho/


【【芸能】山口真帆、初舞台で愛のために死ぬ愛人役】の続きを読む


佐々木 (ささき のぞみ、1988年〈昭和63年〉2月8日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。旧姓同じ。本名は渡部 (わたべ のぞみ)。 秋田県秋田市出身。トップコート所属。夫はアンジャッシュの渡部建。 2005年、秋田フォーラス(現:秋田オーパ)に出店していたショップ「流行屋」の店員と
52キロバイト (6,429 語) - 2020年8月3日 (月) 13:25



(出典 static.chunichi.co.jp)



1 湛然 ★ :2020/08/24(月) 05:21:41 ID:CAP_USER9.net

佐々木希「仕事も家族も愛を持って」…『anan』で語り尽くす 大人女性の“完璧ボディ”披露
8/24(月) 5:00 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/1966923b2db10369702e519393c10f127f17c2bd


 モデル・女優の佐々木希が、9月2日発売の女性グラビア誌『anan』(マガジンハウス)表紙に3年ぶりに登場。中面でも12ページのグラビアを飾り、2日間で計4時間、1万字にも及ぶロングインタビューでは今の心境を余すことなく語り尽くした。

 撮影当日はリラックスした表情で、ふわりと舞う裾が優美な透け感ドレス、ポップなブラトップ&ショートパンツのヘルシーなスタイル、肩から腰にかけての柔らかなボディラインに沿う艶やかなミニドレスなど、テイストの異なる5つのコーディネートを見事に着こなし、大人の女性の持つ多面体の魅力を見事に表現。

 「雑誌の撮影は本当に久しぶり。だから密かに、結構気合を入れて体を整えてきました(笑)」という言葉どおり、すらりと伸びた脚、すべやかな背中、薄く割れた腹筋など、身につけた衣装からのぞかせるその体は、女性らしい柔らかさと、そぎ落とされたしなやかを併せ持つ美しさが際立っていた。

 撮影後に行われたインタビューでは特集テーマ「心とカラダの整え方」に沿って、コロナ禍の中、食事、運動、服選びなど、生活リズムを整えるために心がけていることからスタート。
心の整え方についての話の中では、デビュー当時、次から次へと舞い込んでくる仕事に対して前向きになれなかったこと、そこから考えを改めるようになれたきっかけ、さらには、話題は普段は語ることがないという佐々木さんのプライベートにまで及ぶ。

 インタビュー時間は都合4時間。「仕事も家族も、愛を持って接するからこそ、いいものが生まれると信じています」。「今回のことがあって、周りのみなさんに私はどれだけ愛されているのかが、本当によくわかった」。
「経験は、糧にしないともったいない。その一つとして、今回私が注いでもらったような愛情を、これから先、いろいろな人に返していきたいと思っています」など、
にこやかに、けれど、ひとつひとつ、丁寧に言葉を選びながら語った内容は、仕事仲間やスタッフ、家族、そして自分自身への惜しむことのない愛情にあふれており、インタビューチームも思わず感涙してしまったという。

(おわり)

佐々木希が表紙を飾った9月2日発売の『anan』2215号(マガジンハウス)

(出典 amd.c.yimg.jp)

誌面に掲載される佐々木希のカット

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【芸能】佐々木希、完璧ボディ披露「仕事も家族も愛を持って」】の続きを読む

このページのトップヘ