タレント


藤田 ニコル(ふじた ニコル、Nicole Fujita、1998年(平成10年)2月20日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、YouTuber。 ニュージーランド出身。オスカープロモーション所属。第13回ニコラモデルオーディショングランプリ。「EMMARY」初代編集長。『ViVi』専属モデル。
33キロバイト (4,175 語) - 2022年2月27日 (日) 23:13

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/07(木) 10:46:27.71

2022.04.07 10:30
まいじつ 

4月6日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、新レギュラーの井桁弘恵が登場した。これにより、とあるレギュラーのクビが迫っているようだ。

水曜レギュラーになった井桁は、170cmという抜群のプロポーションを持つモデルで女優。さらに早稲田大学卒業という、まさに才色兼備な経歴を持つ。

レギュラー決定に関しては《知らされた時は想像以上に号泣してしまいました。その時に感じた喜びと感謝の気持ちを忘れずに、皆さんと楽しみながら、視聴者の方にも楽しんでいただけるように頑張りたいと思います》とコメントを発表するなど、謙虚さも兼ね備えており、パーフェクトな逸材だ。

「『ヒルナンデス!』水曜レギュラーは、『オードリー』『阿佐ヶ谷姉妹』『和牛』が昨年度よりそのまま残留しています。テレビ局が不況で制作費すっからかんの昨今に、誰も卒業させないで新たにレギュラーを加えるとは、ちょっと考えられない手ですね。そのため、近々誰かの卒業があるとウワサされています」(芸能記者)


『ヒルナンデス!』を怖がっている藤田ニコル

水曜レギュラーといえば、『和牛』が圧倒的に力不足でクビのウワサが何度も飛び交っている。しかし、クビになるのはどうやら別のレギュラーだという。

「クビ候補は月曜レギュラーの藤田ニコル。ニコルが出演している日に後釜の井桁をぶつけるのは流石に酷なので、井桁をまず類似タレントのいない水曜レギュラーにして番組に慣れさせ、その後、ニコルの卒業と同時に月曜日に移動してもらうという算段です。ニコルは最近、自身のコーデ企画がネット上で批判されまくったことでブチギレており、もうコーデ企画に乗り気じゃない。一方で、井桁はレギュラーになる前に『ヒルナンデス』に参加した際、『阿佐ヶ谷姉妹』をかわいくコーディネートして称賛を浴びていた。モデルとしての確かなコーディネート力、いつも明るく元気なキャラクター性などは、確かにニコルの後釜として最適でしょう」(テレビ局関係者)

2020年夏には、ラジオ番組で「毎週月曜日は怖いなぁ…」と『ヒルナンデス』恐怖症を明かしていたニコル。番組から去ることは、本人の望みでもあるかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/344533


ハピナンデス@ヒルナンデス!【公式】
@fernandes_4ntv
井桁ナンデス、これからよろしくなんです。ハピナンデスとヒルナンデス同期♪一緒にダンスしたいんです~ハッピー!
https://twitter.com/fernandes_4ntv/status/1511539808459321346?s=21

(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【芸能】藤田ニコル、クビ確定!?危機】の続きを読む


中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント、歌手。東京都中野区出身。本名、中川 しようこ。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「
154キロバイト (16,782 語) - 2022年4月7日 (木) 10:42

1 フォーエバー ★ :2022/04/07(木) 17:37:13.74

6月8日に発売される中川翔子の写真集(タイトル未定)より、新たな先行カットが公開された。

今回公開されたのは、すっぴんの中川が純白のランジェリーを身に着けたカット。中川は「普段は絶対に脱がない鎧」と語るカラーコンタクトを外し、眉も描かずファンデーションも塗らない“ガチすっぴん”を披露している。

中川がカラコンを外した表情を写真に残すのは17年ぶりとのこと。彼女はこのカットについて「肌も眉毛も何もかも完全すっぴんで、私の必須アイテムであるカラコンまで外しての撮影だったのでとても恥ずかしかったです。ですが、今回の写真集では私の“生きた証”を残したかったので、今の私のありのままを、NGなしで撮っていただきました!!」とコメントしている。

中川翔子 コメント
肌も眉毛も何もかも完全すっぴんで 私の必須アイテムであるカラコンまで外しての撮影だったのでとても恥ずかしかったです。
ですが、今回の写真集では私の“生きた証”を残したかったので、今の私のありのままを、NGなしで撮っていただきました!!
デビュー20周年の今だからこそ見せられる私の自然な姿を1人でも多くの方に見ていただきたいです!

2022/04/07 17:00音楽ナタリー
https://news.nicovideo.jp/watch/nw10770103?news_ref=50_50

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】中川翔子、17年ぶりにガチすっぴん公開】の続きを読む


リア・ドナ・ディゾン(英語: Leah Donna Dizon、1986年9月24日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身の外国人タレント、歌手、レースクイーン、モデル(米国在住時)。 2006年に来日し、2007年に歌手デビュー。2006年と2007年に発売した写真集は、2作合わせて30
20キロバイト (1,809 語) - 2022年2月1日 (火) 01:10

1 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です (ワッチョイW 1da2-9q0y) :2022/04/02(土) 15:44:45.80


「テレビに出るのが怖かったです」リア・ディゾン35歳が明*“グラビア界の黒船”時代に見ていた本当の景色
4/2(土) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c1dfb278570d0a9558f708ce631f7f7a5d3b1e9


(出典 bunshun.jp)

現在のリア・ディゾンさん

2006年に来日し、「グラビア界の黒船」として一世を風靡したリア・ディゾンさん(35)。歌手としても注目を集め、2007年には『紅白歌合戦』に出場。
テレビや雑誌、CM出演など、約2年の間に多岐にわたって活躍しました。

リアさんが来日したのは、20歳になる年。それまで、彼女はアメリカでどのような生活を送っていたのか。
そして、日本で多忙な芸能活動を続けながら、一体何を思っていたのか。人気も実力も兼ね備えていた彼女が、当時思っていた本音とは――。

◆ ◆ ◆

――今はカリフォルニアで、娘さんと一緒に暮らしているんですよね。

リア・ディゾン(以下、リア) そうです。歯の矯正を始めたばかりで、かわいいんですよ。今はメタルマウスって呼んでます(笑)。

――出産されたのが2009年なので、今年で13歳になる年ですよね。

リア 最近、日本で活動していた頃のミュージックビデオを見せてって言われたんです。でも「後でね、後でね」と言って、結局彼女には見せていません(笑)。

――(笑)。当時はグラビアだけではなく、歌手としても様々な番組に出演されていましたが、そもそもリアさんが芸能界でのお仕事に興味を持ったきっかけは何だったのでしょうか。

リア 小さい頃から、父がピアノやギターを弾いたりだとか、家族で歌をうたったりだとか、そういう家庭で育ったんです。
その影響もあって、芸能や芸術みたいなものには、自然と興味を持つようになりました。

中学に入る前からダンスを習い始めたり、学校でも演劇や合唱をやったりして。高校もパフォーミングアーツ(舞台芸術)を重視した、芸能系の学校を選んで通っていました。

――その頃にはもう、モデルとして活動されていたんでしょうか?

リア 12歳ぐらいから、モデルやレースクイーンとしての活動を始めていました。

――12歳から! そこからなぜ、日本に拠点を移すことになったんでしょうか?

リア もともと日本には興味があって、ずっと行ってみたいなと思っていたんです。日本の文化とかポップカルチャーもそうなんですが、なかでも私は音楽に一番興味があって。

一番好きだったのは宇多田ヒカルさんで、あとは倉木麻衣さん、SPEEDさんにも惹かれていました。
韓国のS.E.S.というグループも小さい頃から大好きだったんですけど、彼女たちも日本で2枚アルバムを出していたかな。
それで、日本語をちょっと覚えたりして、いつか日本でデビューできたらいいな、と思ってました。

――当時、リアさんの写真がアップされたホームページが爆発的にヒットして、世界中からかなりのアクセスがあったとか。

リア そうですね……。でも、確かにウェブサイトはやっていたんですが、たまに更新する程度で、そんなにうまく活用していたわけではなかったんです。
それよりも、モデルやレースクイーンを紹介するようなウェブサイトがいくつもあって、そうしたところに写真が出ていたので、主にそちらで見ていただいていたんだと思います。

(長いので以下ソース)


【【芸能】リア・ディゾン「グラビア界の黒船」振り返る】の続きを読む


西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。
18キロバイト (2,302 語) - 2022年2月21日 (月) 23:23

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/26(土) 17:35:32.07

3/26(土) 17:14配信
デイリースポーツ

 医師でタレントの西川史子(50)が26日、インスタグラムに投稿。右脳内出血で昨年8月に倒れて緊急手術を受け、同12月16日に退院してリハビリを続ける中、通院した姿を公開した。

 西川は最新の投稿で「聖マリアンナ医科大学病院のリハビリ科に行ってきました」と報告した。その上で「リハ科のマスコットのみらいちゃん」との2ショット写真も公開。「優秀なロボットで、患者さんの癒しになってるそうですが、佐々木教授が1番癒やされてる気がします」とつづった。

 さらに、2枚目の写真では、山積みになった参考書の写真を添付。「リハビリは奥深い学問で、大学のときは全然勉強していなかったので、今必要に迫られて新しく知ることばかりです」と記した。

 マスク越しながら、笑みも見える写真にフォロワーからも「素敵可愛いショット」「先生、お元気そうで嬉しいです」「まつげクルンっ可愛いですね」など、続々と反響の声が寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a281e4a6b517fac61a0b508abd8329fa58b371a1

【写真】メークバッチリで「みらいちゃん」と お元気そうでなにより

(出典 i.daily.jp)


【【芸能】西川史子、通院の「癒やし」紹介】の続きを読む



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/29(火) 23:33:34.30

3/29(火) 22:36
スポニチアネックス

ヒカル、初対面のホリエモンの印象は「俺と似てるなって思いましたね。根っこは間違いなく同じ」

 ユーチューバー・ヒカル(30)が29日、自身のYouTubeチャンネル「ヒカルのYouTubeでは流せない話【公式ツイキャス切り抜き】」を更新し、初対面の実業家・堀江貴文氏(49)の印象について語る場面があった。

 28日から始まったYouTubeの新番組「賛否両論」。ヒカル、実業家・与沢翼氏、実業家・三崎優太氏の3人で世相を斬るという「炎上上等」のトーク番組だ。初回ゲストでは堀江氏が出演した。ヒカルは収録について「理想は、僕ももっと過激な発言をした方がいいなと思ったんですけど、だいぶセーブしていたってのが反省点でしたね」と振り返った。

 また、初対面の堀江氏については「失礼かもしれないですけど、率直に言うと俺と似てるなって思いましたね。境界性知能について、半分“差別発言”もあったんですけど、自分もそういうことを言う側面はあります*。もちろん気を付けてはいるんですけど。でも、根っこはそっち側の人間なんで間違いなく同じで、似てるなって思いましたね」と、語っていた。

 「僕より毒を吐く人って少なくて。堀江さんとひろゆきさん(西村博之氏)くらいなんですよね。大衆の目なんて全く気にしてないから、面白いんですよ。しかも、何言っても炎上しない世界線にいる人たちなんでね。もし自分がそこに行こうとしたら、ファンビジネスを辞めて何でもありっていうところに行かないといけないなと。40後半とか50になったら、あの位置に行きたいと思いますね」と、今後の展望について語っていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2d7311ace346591f9a2dd6e0c28f71668e5566a


【【芸能】ヒカル、初対面のホリエモンの印象「俺と似てる」】の続きを読む

このページのトップヘ