俳優


尾野 真千子(おの まちこ、1981年〈昭和56年〉11月4日 - )は、日本の女優。 奈良県吉野郡西吉野村(現・五條市)出身。身長161cm。TOM company所属。愛称は、オノマチ、マチョス。 1981年11月4日、4人姉妹の末っ子として生まれる。姉3人の名前から1文字ずつ取って「真千子」と命名される。
58キロバイト (7,066 語) - 2021年7月26日 (月) 10:50



1 muffin ★ :2021/07/26(月) 14:13:31.94 ID:CAP_USER9.net

https://hochi.news/articles/20210726-OHT1T51133.html

女優の尾野真千子が、40代の一般男性と再婚していたことが26日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、お相手は沖縄在住のロケ関係者で、仕事を通じて知り合ったという。約1年ほどの交際を実らせてのゴールインとなった。


(出典 hochi.news)


【【芸能】尾野真千子、再婚!お相手は沖縄企業の代表】の続きを読む


片桐 (かたぎり じん、1973年(昭和48年)11月27日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、声優、彫刻家。 埼玉県南埼玉郡宮代町出身。トゥインクル・コーポレーション所属。埼玉県立春日部高等学校、多摩美術大学卒業。身長176cm。血液型B型。 妻は元モデルでタレントの村山ゆき(現・片桐友紀)。
43キロバイト (6,009 語) - 2021年7月26日 (月) 04:02



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/23(金) 10:04:47.72 ID:CAP_USER9.net

7/23(金) 9:48配信
日刊スポーツ

片桐仁(2021年4月撮影)

お笑いタレント片桐仁(47)が出演予定だった23日のイベント「TBSラジオ『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』公式完全読本 発売記念オンラインサイン会」が中止されることが同日、SHIBUYA TSUTAYAの公式ツイッターで発表された。

ツイッターでは【イベント中止のお知らせ】として、「本日7\23(金)18時30分~ TBSラジオ『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』公式完全読本 発売記念オンラインサイン会 今回の報道と現在の状況等を考慮致しまして、中止の判断をさせていただきます」と報告。詳細が書かれた同店のブログのアドレスとともにアップされた。

ブログでは「7月23日(金)18時30分より予定されておりました、「TBSラジオ『JUNKサタデー エレ片のコント太郎』公式完全読本発売記念オンラインサイン会」について、22日の東京五輪開閉会式ディレクター・小林賢太郎氏の解任報道を受け、同日に【報道に関する片桐仁からのコメント】が発表されました。この発表に伴い協議の結果、現在の状況を考慮致しまして、中止の判断をさせていただきます」とし、「サイン本購入者のお客様への今後の対応に関しましては、追ってメールでご案内させていただきますので、そちらをご確認いただきますよう、お願い申し上げます。開催を楽しみにされていた皆様には深くお詫びを申し上げるとともに、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます」としている。

片桐が組んでいたお笑いコンビ、ラーメンズの相方だった小林賢太郎氏(48)は、コンビ時代に過去のホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をネタにしたことを理由に、東京オリンピック(五輪)・パラリンピック開閉会式の制作チームのショーディレクターを22日に解任されていた。

ラーメンズは12年前から活動休止しており、小林氏は昨年、所属事務所を辞め、芸能界から引退している。片桐は現在、主に俳優として活動している。関係者によると、ラーメンズの構成、演出は小林氏が担当していたという。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc62fe257164d661f10e2e1a4fb2cb3518b53308


【【芸能】片桐仁、オンラインサイン会が中止】の続きを読む


黒谷 友香(くろたに ともか、1975年12月11日 - )は、日本の女優、元ファッションモデル。 大阪府堺市北区出身。所属事務所はスペースクラフト。元雑誌『mc Sister』専属モデル。 堺市立金岡小学校、堺市立金岡南中学校、大阪夕陽丘学園高等学校 を経て[要出典]、金蘭短期大学卒業[要出典]。
29キロバイト (3,243 語) - 2021年7月26日 (月) 00:36



1 Ψ :2021/07/22(木) 19:51:52.94 ID:mgo+OrTK.net

女優・黒谷友香が、高島礼子とともに主演を務める映画「祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-」(8月20日順次公開、松村克弥監督)で、昼は保母、夜は詩集を売りながら被ばく当日に自分を*た男に復讐を誓うカトリック教徒を演じている。舞台は、原爆投下から12年後の長崎。生まれたばかりの赤ちゃんと病気の夫を抱え、尋常ではない人生を歩む女性を演じている。この難役にどう挑んだのか。また、黒谷自身の人生観、結婚観も聞いた。(取材・文=中野由喜)

【写真】主演映画「祈り-幻に長崎を想う刻(とき)-」で難役に挑戦した黒谷友香の別カット

「原爆をテーマに扱っている皆さんに見ていただきたい作品です。私にとって本当に大事な作品になりました。難しい役でした。キリスト教、原爆、いろんな資料を調べて勉強し、演じる役は、どういう人物かを自分の中で、こうかな、ああかな、といろいろ考えて、探しながら、演じることができるまで理解に努めました。どんな役も難しいですが、今回はやりがいがありました」

 めったに出会えないような難役に苦労した様子がうかがわれる。

「でも、自分の思ったことは役を通しては伝えられたと思っています。この作品に関わりながら、当時のことを調べ、戦争について勉強し、そうだったんだ、と知ることも多く、日本人として世界にもう一度、今、伝えていかないといけない出来事だと、すごく思いました。たった76年前に実際にあったことです。本当に長崎を最後の被爆地にしないといけない。それを感じてもらいたいと思います」

 劇中では、妻で母を演じたが、実生活では45歳の独身。結婚観も聞いてみた。これまで恋愛話は聞いたことがない。

「(恋愛話)ないですよね(笑)。あまり結婚願望がないんですよ。だから、理想の家庭像とか、男性像を聞かれても、ごめんなさい」

 結婚に魅力を感じていないということだろうか。

「そうですね(笑)。しょうがないですよ。ここまできたら。結婚願望がもともとないですからね、若い頃から。困っちゃいますよ。私の友達には結構、いますよ。類は友を呼ぶといいますから(笑)」


【【芸能】黒谷友香、45歳独身の理由と人生観】の続きを読む


坂上 (さかがみ しのぶ、1967年(昭和42年)6月1日 - )は、日本の俳優、タレント、演出家、映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイスト、元ロック歌手。東京都杉並区西荻窪出身。 4歳上の兄(元子役で現在は映画プロデューサーの坂上也寸志)が劇団に入っていたところ、九州から上京した父方の祖母
105キロバイト (13,894 語) - 2021年6月25日 (金) 23:35



1 Anonymous ★ :2021/07/19(月) 13:31:46.99 ID:CAP_USER9.net

 19日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)では、23日に迫った東京五輪開会式で楽曲を担当するチームの一員に任命されたミュージシャン小山田圭吾が、過去に雑誌などで障害者へのいじめを告白していたとして問題視されていることについて報じた。

 この問題に小山田は16日にSNSで「多くの方々を大変不快なお気持ちにさせることとなり、誠に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。組織委員会の武藤敏郎事務総長は17日の会見で「小山田さんが謝罪されたのを、わたくしどもも理解しました。彼は現時点で十分に謝罪し、反省をしている。我々は当初、そういうことを知らなかったのは事実だが、小山田さんに引き続きこのタイミングでありますので、貢献していただきたいと考えています」と説明した。

 この問題にMCの坂上忍は「一番ダメなのは組織委員会だと思う。何でこんなことすら調べられなかったのか。調べられずに誰の紹介か知らないけど、なあなあの中でキャスティングして、調べてなかったから逆に大ごとになってしまった」と事前の身体検査が甘かったと指摘。

 小山田が謝罪文をツイッターで公開したことにも「謝罪文にもあったけど、基本的全部受け身でやっている。ツイッターの謝罪はダメだと思う。やっぱりツイッターとかYouTubeで済ませるというのは、俺は大反対なので」と否定的な見解を示し、「本当にマズイなと思ったら、やっぱり肉声で自分の顔をさらしてケジメをつけないと納得感は得られない」と会見なりで自分の言葉で話すべきだとした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/991d618fd5dabd22775b5e65026873eb8a4c0de7


【【芸能】坂上忍「一番ダメなのは組織委員会」】の続きを読む


友寄 (ともよせ れん、1995年3月29日 - )は、日本の女優・タレントである。東京都小金井市出身。三枝プランニング所属。 東京都出身。舞台やCMなどで活躍。趣味は神社仏閣巡り。特技は華道。 2010年頃からタレント活動を開始するも、2011年、高校2年生の秋に急性リンパ性白血病に侵され、約1年4カ月にわたる闘病生活を経験。
12キロバイト (1,546 語) - 2021年7月20日 (火) 20:39



1 ニーニーφ ★ :2021/07/20(火) 22:59:26.11 ID:CAP_USER9.net

タレント、友寄蓮(26)が20日、東京小金井市長の西岡真一郎氏(52)との結婚を自身のツイッターで発表した。

直筆の連名で「2021年春 私たちは結婚しました」と報告。「献血活動や地域イベント等を通じて知り合うようになり 世代の差はありますが 互いに尊敬し合える存在となりました」と結婚の経緯をつづった。

続けて、「また私達の間には新しい命も授かりました 来冬には新しい家族が誕生します とても新鮮で嬉しいことです」と妊娠も報告した。

友寄は小金井市出身で、14年に準日テレジェニックに選ばれ、18年には地元で開催された「こがねい浴衣美人コンテスト」でグランプリを受賞。昨年のミスジャパン東京大会ではDリーグ賞に輝いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63d00bf7a3c9f68307deda64db5a31f19b45914d
7/20(火) 21:51 サンケイスポーツ


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)


友寄 蓮(Ren Tomoyose)
https://twitter.com/ren_tomoyose
(deleted an unsolicited ad)


【【芸能】友寄蓮、東京・小金井市長の西岡真一郎と結婚・妊娠を発表】の続きを読む

このページのトップヘ