ドラマ


阿部 (あべ ひろし、1964年〈昭和39年〉6月22日 - )は、日本の俳優。茂田オフィス所属。 神奈川県横浜市神奈川区出生。3人兄弟の末っ子として生まれる。横浜市立三ツ沢小学校、横浜市立松本中学校、神奈川県立白山高等学校、一浪を経て中央大学理工学部電気工学科(現在の電気電子情報通信工学科)卒業。
66キロバイト (8,605 語) - 2022年1月17日 (月) 03:56



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/17(月) 10:21:28.37

1/17(月) 10:11配信
オリコン

 俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場『DCU』(毎週日曜 後9:00)の第1話が16日に放送され、平均世帯視聴率が16.8%(世帯)、10.3%(個人)だったことがわかった。同枠の前作『日本沈没―希望のひと―』の初回15.8%(世帯)を超える好スタートを切った(数字はビデオリサーチ調べ 関東地区)。

 ドラマの舞台となるのは、海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団「DCU(潜水特殊捜査隊)」。彼らの使命は、従来の海上水域だけでなく警察の捜査では困難な「危険極まりない日本全国の河川や湖」など、あらゆる水中に潜り隠された証拠を探し、“水中未解決事件の解明”をミッションに掲げる。「DCU」の隊長・新名正義を阿部が演じ、新名とバディを組む隊員ダイバー・瀬能陽生(せのう・はるき)を横浜流星が演じる。

 第1話では、2022年、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」通称「DCU」が発足。彼らが発足と同時に捜査へ向かったのは、群馬県のダム湖。数日前に上陸した大型台風によりダム湖内の水流が変わり、ある人物の頭骸骨の破片が発見されたのだ。警察には手が出せない水深100メートルというダム湖の水底を新名たちが潜水捜査すると、そこには思いもよらない景色が広がっていた。

 容疑者として名前が挙がったのは、建設会社の社長で社長就任以前はダム事業を担当していた小山内正一(中村芝翫)、その秘書でどこか陰のある若林朱里(高梨臨)、会社の金を使い込んだことが発覚し、ロシア出張時に失踪して現在も行方不明の野田浩正(宮野真守)。ダム建設に関わっていた疑惑の3人、そして隠された事実とは。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e98d33270a412494b69c6890fa97b69ba9336da8


【【ドラマ】阿部寛主演『DCU』初回視聴率好スタート!】の続きを読む


ミステリと言う勿れ』(ミステリというなか、英文表記: Do not say mystery)は、田村由美による日本のミステリー漫画。 第1話は、田村が『月刊フラワーズ』(小学館)にて連載中だった『7SEEDS』並行し、78ページにわたる比較的長尺の読み切りとして2017年1月号に掲載さた。
46キロバイト (6,894 語) - 2022年1月10日 (月) 23:53



1 ひかり ★ :2022/01/11(火) 00:25:49.88

 俳優の永山瑛太が、菅田将暉が主演するフジテレビ系“月9ドラマ”『ミステリと言う勿(なか)れ』(毎週月曜 後9:00)にセミレギュラーキャストとして出演することが決定した。永山は、バスジャック事件に関わる重要な人物である“金髪の謎の男”熊田翔を演じる。

 原作は、月刊フラワーズ(小学館刊)で2016年に連載をスタートし、累計発行部数が1300万部を突破している、田村由美氏による同名タイトルのコミック。同局の連続ドラマ初主演にして、月9初主演を務める菅田が、天然パーマがトレードマークの主人公・久能整(くのう・ととのう)を演じ、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく“令和版”新感覚ミステリーを届ける。

 永山演じる熊田は、大学の研究室に勤めているという青年。ドラマの第2話以降で巻き起こるバスジャック事件に巻き込まれ、整らと一緒にとある屋敷にとらわれてしまう。バスジャックの被害者としてとらえられたにもかかわらず、なぜか妙に落ち着いており、周りを冷静に観察している様子がどことなく不自然な青年だ。ところが、整とは妙に馬が合うようで、整が呈する素直な疑問や独特の考えに、一つひとつ興味深そうに耳を傾けている様子が印象的となっている。これまでも犬堂愛珠やライカなど、謎の多い役が発表されてきたが、熊田がドラマの中で、バスジャック事件の関係者という以外に、どんな役割を果たすのかも大きな謎に包まれている。

 永山の月9出演は、2012年1月クール『ラッキーセブン』以来ちょうど10年ぶり。今回の出演発表を受けて、コメントを寄せた。

■永山瑛太
『ミステリと言う勿れ』という作品の魅力は、やはり田村(由美)先生の天才的な部分が整君に投影されているところだと思います。原作から感じるうんちくや知識の豊富さは、無限に広がっていると、田村先生に実際に現場でお会いした時にも感じました。
そして、菅田君の芝居へのアプローチは圧巻でした。ですので、一緒に芝居をするとどこか安心感があります。僕より数十倍我慢強く、心の広い方だとも思いました(笑)。あれだけ長いせりふを覚えて芝居も100%に作ってきても、監督の演出に応える柔軟性もあります。歌の表現者でもあるので、声の響きもとても心地良いんです。今の日本を代表する表現者なんだと肌で感じました。原作を読まれていない方も、ストーリー性も面白い作品で、キャストもすごい方々がそろっています。中でも、菅田将暉=天才ということが改めて証明される作品になると思いますので、ぜひご覧ください。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/01e52db61c1dd28a6cc0ad2f7494750eee5c45c1

(出典 pbs.twimg.com)


【【ドラマ】ミステリと言う勿れ、永山瑛太が謎多き青年役で出演】の続きを読む


全員集合』(TBS系)や『ドリフ大爆笑』(フジテレビ系)コントシーンが登場するほか、志村けんを演じる主演山田裕貴を始めするドリフ俳優たちによる「ドリフ大爆笑テーマ」や「ドリフのズンドコ節」再現シーンがある。 志村けん - 山田裕貴 いかりや長介 - 遠藤憲一 加藤茶 - 勝地涼
11キロバイト (930 語) - 2021年12月28日 (火) 01:15



1 ひかり ★ :2021/12/28(火) 11:06:34.31

昨年70歳で亡くなったザ・ドリフターズ志村けんさんを俳優山田裕貴(31)が演じた、フジテレビ系ドラマ「志村けんとドリフの大爆笑物語」が27日放送され、世帯視聴率が10・8%(関東地区、速報値)だったことが28日、ビデオリサーチの調べで分かった。

番組ではほかドリフメンバーとして、いかりや長介さんを遠藤憲一、加藤茶を勝地涼、高木ブーを加治将樹、仲本工事を松本岳、荒井注を金田明夫が演じた。

キャスト発表の段階から山田や遠藤をハマリ役と評価する声が多く、高木ブーもインスタグラムで撮影現場で会った山田について「もう初日から志村に見えて来ました」と絶賛するなど、前評判が高かった同番組。実際に放送が始まった時間帯でも、「山田裕貴が志村けんさんにしか見えない」「本当のドリフみたい」など、番組を評価するツイートが多くみられた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/734d44f3994f6ef3c0285fd70d73c386c86b94f5

(出典 pbs.twimg.com)


【【ドラマ】「志村けんとドリフの大爆笑物語」評価の声多数】の続きを読む


綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年〈昭和60年〉3月24日 - )は、日本の女優。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
84キロバイト (9,253 語) - 2021年12月26日 (日) 01:52



1 湛然 ★ :2021/12/27(月) 05:27:55.15

綾瀬はるか:「義母と娘のブルース」ウエディングドレス姿初公開 新作で家族写真撮影も?
2021年12月27日 MANTANWEB
https://mantan-web.jp/article/20211226dog00m200019000c.html
2022年1月2日放送のドラマ「義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル」で綾瀬はるかさん演じる宮本亜希子のウエディングドレス姿(右)と上白石萌歌さん演じる宮本みゆき (C)TBS

(出典 storage.mantan-web.jp)



 女優の綾瀬はるかさんが主演を務める人気シリーズの新作ドラマ「義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル」(TBS系)で、義母・宮本亜希子(綾瀬さん)のウエディングドレス姿が初公開された。亡き父・宮本良一(竹野内豊さん)の写真を持った娘・宮本みゆき(上白石萌歌さん)も写し出されている。

 「義母と娘のブルース」は、2018年7月期に連続ドラマが放送され、2020年にはその続編としてスペシャルドラマが放送された。連続ドラマの第5話では、良一と家族写真を撮ることがかなわなくなった亜希子とみゆきの姿が描かれたが、今回の新作では家族写真を撮影するシーンが登場するかもしれないという。

 「2022年謹賀新年スペシャル」は、亜希子の手腕により再建に向かっていたゴルディック社が、外資系ファンドのボスの乗っ取りに遭う。亜希子は、そんな憎き相手であるボスに対面するが、言葉を失う。リベンジすべきその男・岩城良治(竹野内さんの一人二役)は、他界した夫・良一と顔がうり二つで……というストーリー。2022年1月2日午後9時~同11時半に放送。

(おわり)


【【ドラマ】綾瀬はるか「義母と娘のブルース」】の続きを読む


松岡 昌宏(まつおか まさひろ、1977年1月11日 - )は、日本の俳優、タレント、ドラマー。バンド形態のアイドルグループ・TOKIOのメンバー(ドラム担当)。北海道札幌市出身。所属芸能事務所は株式会社TOKIO(前所属事務所はジャニーズ事務所)で、同事務所の取締役副社長・広報担当。
39キロバイト (4,871 語) - 2021年12月12日 (日) 00:55



1 ひかり ★ :2021/12/14(火) 06:33:07.21

「松岡さんは先日、来年1月クールのドラマ『逃亡医F』(日本テレビ系)に出演することが発表されました。さらに4月クールで、主演ドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)のシーズン5が内定しているそうです」(映像制作関係者)

連ドラに2クール連続で出演する予定だというTOKIOの松岡昌宏(44)。キャスティングされる一つの要因に彼の“営業力”があるようだ。

「松岡さんは芸能界随一のテレビ人脈を持っています。若いときからテレビ局員らとの食事会に参加して関係を構築しました。仕事の際も頻繁に番組スタッフと雑談。

ある人がゴルフコンペで好成績だったと聞けば、『先日はおめでとうございます』と話しかけるなど、素でやっているのでしょうが、細かい気配りが上手なのです。局側としては意向もくんでくれますし、近しい関係なのでオファーしやすいんです」(芸能関係者)

テレビ朝日広報部に『~ミタゾノ』のシーズン5内定について尋ねたものの回答は得られなかったが、テレビ朝日関係者は同作の人気についてこう明*。

「’16年にスタートした『~ミタゾノ』は、松岡さん扮する女装した“家政夫”の三田園薫が、派遣先の家庭の秘密を暴いていくヒューマンドラマ。’20年のシーズン4では23時台の放送にもかかわらず平均視聴率7.6%を記録し、根強く支持されています」

’19年5月号の『月刊ザテレビジョン』で松岡は『~ミタゾノ』のよさを《ゲストで内容や印象が変わるので、毎回が新作っていうところ》と分析していた。

そんな『~ミタゾノ』にある構想が持ち上がっていると前出・テレビ朝日関係者は続ける。

「長期シリーズ化の話が進んでいるんです。1話完結もので視聴しやすく、内容もコメディやミステリー、アクションなどの要素が入っていて幅広い世代にウケます。

そして作中で紹介される“家事の小ネタ”は『役に立つ』と主婦に人気。局内でも評価されており、21年続いている『相棒』を目指し、ひとまず10年を目標に『~ミタゾノ』を看板番組に育てていこうと話し合っているそうですよ。『相棒』の主演の水谷さんも来年で70歳ですし、『科捜研の女』も打ち切り説が根強いですからね」

『相棒』の後継として局の看板ドラマに指名された『~ミタゾノ』。’19年にシーズン3放送決定の発表時の公式コメントで、《自分の代表作のひとつとして、少しでも長く続けていきたい》と松岡は意気込んでいたが、“テレビ朝日の代表作”となる日も近いのかもしれない――。
「女性自身」2021年12月28日号 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/0fec6cf73aad19beb84e4bcba68abe1baa534e50


【【速報】松岡昌宏、ミタゾノシリーズ5が内定!】の続きを読む

このページのトップヘ