離婚


市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本の俳優、声優。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。埼玉県川越市出身。 父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいた。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、
50キロバイト (3,499 語) - 2021年7月30日 (金) 08:51



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/26(月) 06:04:14.96

7/26(月) 5:15配信
東スポWeb

市村正親(左)と篠原涼子

 俳優・市村正親(72)と篠原涼子(47)夫妻が24日に離婚を発表したが、それに続く芸能人はいったい誰か――。業界関係者の間で、そんな話が持ちきりだという。

「市村と篠原が離婚を発表した24日は、絶妙のタイミング。何といっても東京五輪の開会式が行われた23日の翌日でしたからね。『無事に開会できた余韻に包まれた』『開会式の演出はどうだったか』に焦点が集まり、離婚の話題はかき消された印象です」とはテレビ関係者だ。

 芸能事務所は、所属タレントのネガティブな話題をできるだけ抑えたいもの。そういう意味では小山田圭吾、絵本作家のぶみ氏、小林賢太郎氏が開会式直前で大炎上したのは、2人にとって好都合だったに違いない。

 前週の16日に離婚を発表した石橋貴明と鈴木保奈美も同様だ。その時の話題は小山田と、学校関係者のコロナ感染により不戦敗となった米子松蔭高校(後に出場が認められた)にネット上の話題は集中。その結果、離婚の話題を最小限に抑えられた。

 同関係者が続ける。

「石橋も市村も、ワイドショーの放送が少ない週末での発表となったのも共通点がありますね。ということは、五輪開催中に離婚発表が続く可能性はあるでしょう。業界では『次は誰か』とささやかれています」

 くしくも25日は、日本の金メダルラッシュとなった。競泳の大橋悠依が先陣を切ると、スケートボードの堀米雄斗が続き、さらには柔道の阿部一二三と妹・詩が〝きょうだいV〟。世間は五輪に沸いている。

「柔道、バドミントン、体操、競泳など金メダルが狙える競技はまだ残っています。一方でコロナ第5波も深刻になりつつある。菅政権への批判も相変わらずで、よっぽどのことじゃないかぎり、芸能ネタどころではありません」(同関係者)

 離婚問題を抱えた芸能人は「今が狙い目!」と判断するかもしれない!?


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/575cb35ac80c913bff93086e83e5744c5f942da5


【【芸能】市村正親と篠原涼子、離婚は絶妙のタイミング】の続きを読む


有村 (ありむら こん、1976年7月2日 - )は、マレーシア生まれの日本のラジオパーソナリティ、映画コメンテーター。本名は藤村 (ふじむら こん)。ホリプロスポーツ文化部所属。愛称は「アリコン」。 1976年(昭和51年)、マレーシア・クアラルンプールで生まれる。6歳の時に日本へ帰国。東京都杉並区で育つ。
23キロバイト (2,575 語) - 2021年7月30日 (金) 05:53



1 ピューマ(茸) [BR] :2021/07/29(木) 16:24:14.64


有村昆と丸岡いずみ 協議離婚成立「別々の道を歩むこととなりました」

 映画コメンテーター・有村昆(45)とフリーキャスター・丸岡いずみ(49)の協議離婚が成立したことが分かった。29日、所属事務所を通じて発表した。この日、都内の区役所に離婚届を提出した。

 2人は連名でコメントを発表。「この度、有村昆と丸岡いずみは、協議離婚したことをここにご報告させて頂きます」と報告し、「互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」と説明。「私たち二人にとって子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存です」としている。

 2人は13年8月に結婚。18年には代理母による出産で第1子をもうけている。同年の「ベストカップルアワード」を受賞するなど、夫婦仲の良さは世間にも知られていた。13年の結婚披露宴の際に有村は「人生という名の2人だけの映画を作っていきたいです」と語っていたほど。

 有村は今年5月、一部週刊誌で美女とのホテル密会が報じられ、活動を自粛。レギュラー番組などを降板した。それまでおしどり夫婦として知られて、夫婦での仕事も多かったため、丸岡も大きなダメージを受けていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd046229e1d6900ec5957204a8e63e1ec3f55b4c


【【芸能】有村昆と丸岡いずみの離婚が成立】の続きを読む


篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 1989年、雑誌『月刊デ・ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速戦隊ターボレンジャー
66キロバイト (6,884 語) - 2021年7月25日 (日) 16:01



1 陽気な名無しさん :2021/07/24(土) 14:42:13.35 ID:VWnk1Xf60.net

 俳優の市村正親(72)と女優の篠原涼子(47)と離婚したと24日、双方の所属事務所を通じて発表した。
長男と次男の親権は市村が持つ。慰謝料、財産分与はないという

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e31cdab6858f69cf8a2d7fead88b1e269a30e03


【【芸能】市村正親・篠原涼子夫妻、離婚 親権は夫に】の続きを読む


市村 正親(いちむら まさちか、1949年1月28日 - )は、日本の俳優、声優。身長170cm、体重60kg。所属事務所はホリプロ。埼玉県川越市出身。 父親は川越のローカル月刊紙「武州新報」を立ち上げた新聞記者で、母親は飲食店を営んでいた。子供の頃は母親にカネを貰い定食屋に行き一人で夕食を食べ、
50キロバイト (3,499 語) - 2021年7月27日 (火) 18:30



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/26(月) 06:04:14.96 ID:CAP_USER9.net

7/26(月) 5:15配信
東スポWeb

市村正親(左)と篠原涼子

 俳優・市村正親(72)と篠原涼子(47)夫妻が24日に離婚を発表したが、それに続く芸能人はいったい誰か――。業界関係者の間で、そんな話が持ちきりだという。

「市村と篠原が離婚を発表した24日は、絶妙のタイミング。何といっても東京五輪の開会式が行われた23日の翌日でしたからね。『無事に開会できた余韻に包まれた』『開会式の演出はどうだったか』に焦点が集まり、離婚の話題はかき消された印象です」とはテレビ関係者だ。

 芸能事務所は、所属タレントのネガティブな話題をできるだけ抑えたいもの。そういう意味では小山田圭吾、絵本作家のぶみ氏、小林賢太郎氏が開会式直前で大炎上したのは、2人にとって好都合だったに違いない。

 前週の16日に離婚を発表した石橋貴明と鈴木保奈美も同様だ。その時の話題は小山田と、学校関係者のコロナ感染により不戦敗となった米子松蔭高校(後に出場が認められた)にネット上の話題は集中。その結果、離婚の話題を最小限に抑えられた。

 同関係者が続ける。

「石橋も市村も、ワイドショーの放送が少ない週末での発表となったのも共通点がありますね。ということは、五輪開催中に離婚発表が続く可能性はあるでしょう。業界では『次は誰か』とささやかれています」

 くしくも25日は、日本の金メダルラッシュとなった。競泳の大橋悠依が先陣を切ると、スケートボードの堀米雄斗が続き、さらには柔道の阿部一二三と妹・詩が〝きょうだいV〟。世間は五輪に沸いている。

「柔道、バドミントン、体操、競泳など金メダルが狙える競技はまだ残っています。一方でコロナ第5波も深刻になりつつある。菅政権への批判も相変わらずで、よっぽどのことじゃないかぎり、芸能ネタどころではありません」(同関係者)

 離婚問題を抱えた芸能人は「今が狙い目!」と判断するかもしれない!?


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/575cb35ac80c913bff93086e83e5744c5f942da5


【【芸能】市村正親と篠原涼子、離婚!絶妙のタイミング】の続きを読む


篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 1989年、雑誌『月刊デ・ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速戦隊ターボレンジャー
66キロバイト (6,884 語) - 2021年7月25日 (日) 16:01



1 muffin ★ :2021/07/24(土) 22:53:49.80 ID:CAP_USER9.net

7/24(土) 14:08
オリコン

市村正親と篠原涼子が離婚「新たなカタチのパートナー」 長男・次男の親権は市村【コメント全文】
(左から)市村正親、篠原涼子
 俳優の市村正親(72)と女優の篠原涼子(47)と離婚したと24日、双方の所属事務所を通じて発表した。長男と次男の親権は市村が持つ。慰謝料、財産分与はないという。

■市村正親、篠原涼子コメント全文

・市村正親
夫婦となり15年、子宝にも恵まれ、子どもの成長を見ながら、これ以上ない生き甲斐を感じて、楽しく、充実した日々を家族四人と過ごしてまいりました。

又お互いに役者として、それぞれの活動を尊重し支え合い歩んできました。

涼子は出産のため一時活動を休止しておりましたが、子育ての傍ら皆様のご支援により活動再開しまして、徐々に出演作も増え活発になっていきました。

そんな中、昨年のコロナによって撮影中は家庭内感染を防ぐ事からも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。
しかし作品が続いたことで別居が基本のスタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました。

私と涼子は言うまでもなく父として、母として可愛い子どもたちとつながっています。

そして同業だからこそ理解し合えること、また何より私も女優篠原涼子の一ファンとして、彼女がより一層女優として輝き、母としても生きていく道を歩ませたいという思いに至りました。

涼子との出会いは私の人生最大の喜びです。
そして可愛い子どもたちと出会わせてくれたことを心から感謝しています。

尚、人生の先輩である私の強い希望で、親権は私が持つことを受け入れてくれました。
これからはそれぞれ役者として、親として、新たなカタチのパートナーとなり、子どもを支えていきたいと思います。

今後とも篠原涼子、私と変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

・篠原涼子
舞台俳優の市村さんからは結婚する前も、してからも学ぶことばかりで尊敬の念にたえません
この姿勢は今もこれからも変わる事はありません。
未熟な私を常に導いて気遣ってくれる大切な存在です。
今の私があるのも市村さんの大きな力のお陰だと思い感謝しております。
なのにこのような状況になった事、なかなか理解しにくいかと思いますが、私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました。
親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子供たちとも話をしまして決定致しました。
私も、これまで以上に母として子供たちとふれあい、話し合い力強く支えていきたいと思います。

最後に、これまでそれぞれの活動をご支援頂きました関係者の皆様、家族を暖かく見守ってきて頂きました皆様には、残念なご報告となり誠に申し訳なく思いますが、今後とも、市村正親ならびに篠原涼子を変わらぬご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e31cdab6858f69cf8a2d7fead88b1e269a30e03
★1が立った時間 2021/07/24(土) 14:10:08.09
前スレ
【芸能】市村正親と篠原涼子が離婚「新たなカタチのパートナー」 長男・次男の親権は市村【コメント全文】★2 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627105737/


【【芸能】市村正親と篠原涼子が離婚「新たなカタチのパートナー」】の続きを読む

このページのトップヘ