半沢直樹


“脚本・八津弘幸さん:インタビュー|TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』”. TBSテレビ. 2020年7月20日閲覧。 ^ 「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側 TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす(その6) 東洋経済オンライン 2015年11月22日、同24日閲覧。 ^ “なぜ『半沢直樹』は『ミタ』を超えたのか?
165キロバイト (24,473 語) - 2020年7月28日 (火) 03:06



(出典 miniminimiutat.com)



1 Egg ★ :2020/07/26(日) 12:06:55.91

7年ぶりの続編となる日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)が19日よりスタートし、Twitterの世界トレンド1位となる反響を見せた。主人公・半沢直樹を続投する堺雅人は、制作発表会見で「半沢にはまだまだ脈がある。力強く心臓が動いている」と語っていたが、その言葉通り、画面には躍動感溢れる半沢の姿があった。SNS上でも「半沢が戻ってきた!」といった熱いコメントも多数あったが、そんな堺の俳優としての魅力に迫る。


オーバーアクトに徹する「半沢直樹」&「リーガル・ハイ」

 「半沢直樹」では、幼少期に父親が銀行員によって自殺に追い込まれた過去を糧に、どんな困難にも負けない“強い男”を演じている堺。前作では最終回に視聴率42.2%という数字を叩き出し、堺の代表作と呼べるほどの大反響を得た。半沢は「やられたらやり返す、倍返しだ!」をモットーにブレず、常識に縛られることなく能動的に動く主人公だ。

 同じく堺の代表作と言える「リーガル・ハイ」シリーズ(2012・2013)で演じた偏屈で毒舌な弁護士・古美門研介(こみかど・けんすけ)も「正義は金で買える」が口癖で、どんな依頼者や事件も、自分の領域に引っ張ってきて、強引に物事を終息させる強さがある。

 半沢と古美門は、性格やポリシーはまったく違うが、主人公が物語を引っ張っていくという部分では共通しており、キャラクターのインパクトは圧倒的だ。視聴者にも「半沢」や「古美門」と役名で語られることが多い。

こうした役を演じるときの堺はキレキレで、視聴者はある意味で、半沢や古美門の行動を追っていれば、物語に没入できるという安心感がある。主役クレジットではなかったが、映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』(2009年)で演じた救急救命医・速水晃一もこの分類に属するキャラクターだろう。

揺らぎを感じさせる演技

 濃いキャラクターを、視聴者の劇的欲求に応えるように演じることは、俳優にとってリスクも伴うように感じられる。“当たり役”として、その印象が俳優についてまわってしまうからだ。しかし、堺は堂々と濃いキャラクターを大仰に演じる一方で、人物に“揺らぎ”を持たせることができる稀有な存在だ。

7/26(日) 8:04 シネマtoday
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb9d308c2ea4a98fd1c6a9d9d129b874fb0c6136

写真
(出典 amd.c.yimg.jp)


【【ドラマ】堺雅人の芝居にハマるワケ!半沢直樹も絶好調!】の続きを読む


“脚本・八津弘幸さん:インタビュー|TBSテレビ:日曜劇場『半沢直樹』”. TBSテレビ. 2020年7月20日閲覧。 ^ 「下町ロケット」半沢と似て非なる熱狂の裏側 TBS常勝チームのキーマンがすべてを明かす(その6) 東洋経済オンライン 2015年11月22日、同24日閲覧。 ^ “なぜ『半沢直樹』は『ミタ』を超えたのか?
165キロバイト (24,473 語) - 2020年7月28日 (火) 03:06



(出典 dogatch.jp)



1 渡る世間は名無しばかり :2020/07/26(日) 04:18:38.22

21:00~22:09
理不尽な手で仕事を奪った上司に逆襲を誓う半沢(堺雅人)。部下の森山(賀来賢人)と奔走し、
銀行の買収計画の裏にある新たな罠に気がつくが…タイムリミットが迫っていた

堺雅人、上戸彩、及川光博、賀来賢人、今田美桜、池田成志、山崎銀之丞、角田晃広、
今井朋彦、粟島瑞丸、土田英生、小久保寿人、加藤啓、丸一太、持田将史、戸次重幸、
益岡徹、井上芳雄、南野陽子、夏目三久、古田新太、井川遥、尾上松也、市川猿之助、
北大路欣也(特別出演)、香川照之 ほか


【【ドラマ】日曜劇場「半沢直樹」第2話】の続きを読む


四代目 市川 猿之助(よだいめ いちかわ えんのすけ、1975年(昭和50年)11月26日 - )は、東京都出身の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ。歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。
57キロバイト (7,272 語) - 2020年7月26日 (日) 13:33



(出典 www.jukushin.com)



1 Egg ★ :2020/07/27(月) 22:30:17.66

イラスト

(出典 myjitsu.jp)


7月26日、堺雅人主演のドラマ『半沢直樹』(TBS系)の第2話が放送された。世帯平均視聴率は22.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初回に引き続き絶好調なのだが、ネット上では〝ある人〟の演技に賛否両論が巻き起こっている。

『東京中央銀行』のバンカー・半沢直樹(堺)が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作は、その半沢が出向先の『東京セントラル証券』で、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」をしていく。

第2話では、東京中央銀行の伊佐山泰二(市川猿之助)に大型買収案件を横取りされた半沢が、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓う。

すると、子会社である東京セントラル証券の逆襲に伊佐山は激怒。半沢と対面した際には、「詫びろ! 詫びろ、詫びろ、詫びろ、詫びろ、詫びろ! 詫びろ、半沢!!」と、顔芸を交えて強く迫っていた。



「銀行スーパー歌舞伎だと思ったら違和感ない」
第1話から顔芸とオーバーな演技で存在感を放っている猿之助だが、ネット上では彼の演技に対して、

《猿之助の演技、ちょっと過剰だな 前作をデフォルメし過ぎだよやり過ぎ》
《猿之助さんの演技のクセが強過ぎてストーリーがすんなり入ってこない。やり過ぎ~エンタメだけどリアルも欲しいのよ~》
《さすがにやり過ぎ演技だと思うけど、これは銀行スーパー歌舞伎だと思ったら違和感ない》
《うちの奥さんは見ながら笑ってたよ Mの田中みな実レベルだと》

などといった賛否両論が巻き起こっている。中には、

《演技がオーバー過ぎて少し興醒め 香川照之ぐらいがギリギリやったなぁ》
《猿之助は自分でも分かってると思うけど、やり過ぎなんだよなあw それに比べて香川照之の顔芸は熟練の域に達してた》
《市川猿之助はくどいねえ。 香川照之くらいで丁度いいかも》
《香川照之の演技はユニークで面白いのに猿之助は何かただウザい…》

など、香川照之を引き合いに出して厳しい指摘も寄せられていた。

「24日に放送されたTBS系トーク番組『A-Studio+』に猿之助が出演した際、MCの笑福亭鶴瓶からも『やり過ぎやで』とツッコまれていました。しかし猿之助は、香川照之に演技の見本をもらってから演じているようなので、〝やり過ぎ〟なのは香川が原因かもしれません…」(芸能記者)

果たして伊佐山は、第1期の大和田常務(香川)に匹敵する名悪役となるのだろうか。今後も目が離せない。

2020.07.27 17:31 まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/126639


【【ドラマ】半沢直樹、市川猿之助のやり過ぎ演技に賛否両論!】の続きを読む


)では1週間限定の見逃し配信されているのに対し半沢直樹(2020年版)ではダイジェスト版の配信となっている。一部の半沢ファンからは不満の声が聞かれた。TBS宣伝部は「制作と編成の判断です」と答え「現段階で見逃し配信の予定はない」と話した。 『TBSラジオ オリジナルドラマ 半沢直樹 敗れし者の物語 by AudioMovie®』(はんざわなおき
154キロバイト (23,200 語) - 2020年7月22日 (水) 12:12



(出典 www.cinemacafe.net)



1 Egg ★ :2020/07/22(水) 07:06:43.03

俳優・堺雅人(46)主演のTBS日曜劇場『半沢直樹』続編が、7月19日にスタートした。作家・池井戸潤(57)の「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。前作では銀行員だった半沢直樹(堺雅人)が、出向を命じられた子会社「東京セントラル証券」で営業企画部の部長として奮闘する模様が描かれる。

世帯平均視聴率は22.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録し、好発進。13年に放送された、前作の初回視聴率19.4%を上回った。視聴者の期待が数字に現れたかたちとなった。

「ここ数年で初回の視聴率が20%を超えたのは、『Doctor-X 外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)シリーズです。前作は型破りの銀行員・半沢直樹が、行内の不正を次々と暴く逆転劇。決めセリフの『倍返しだ!』は、流行語大賞に選ばれるほど人気を博しました。原作者の池井戸さんは、“経済を使った時代劇”とも評していました。『半沢直樹』の続編は、『Doctor-X』に次ぐ“勧善懲悪ドラマ”として盛り上がりを期待できるでしょう」(テレビ局関係者)

Twitterでも、「半沢直樹」が世界トレンド1位にランクイン。とりわけ注目を集めたのは前作から出演する香川照之(54)、片岡愛之助(48)に加え、尾上松也(35)、市川猿之助(44)といった歌舞伎俳優が増えたことだ。

市川演じる親会社「東京中央銀行」の伊佐山泰二は、新たな悪役として登場した。半沢を逆撫でするような、セリフごとに表情が変化する“顔芸”は初回から大反響。前作で話題となった、香川演じる大和田暁の悪役ぶりを彷彿させたようだ。

《猿之助、なかなかの悪人、そして香川照之に負けない顔芸。こりゃ見てるこっちも歯痒さで顔が歪みそう》
《大和田さんに引き続き市川猿之助さんの顔芸が凄すぎ。こ、こ、こわいwww 悪役ハマってますね》
《半沢直樹って、歌舞伎だなぁ。歌舞伎役者が多く出てるってことだけじゃなくて、勧善懲悪で見得とか決め台詞とかあって、そこで視聴者はワァ! って盛り上がって》

「堺さんの現場での迫力は凄まじいといいます。『倍返しだ!』も、一種の“見得(みえ)”でしょう。福澤克雄監督(56)は前作で、堺さんを『自分よりも役を熟知している』と絶賛。高視聴率を得た要因に、堺さんのキャスティングを挙げていました。

歌舞伎俳優が起用されているのは、堺さんの演技に対抗するためでもあるそうです。前作で香川さんの見せた土下座は、“伝説”と言われるほどドラマの痛快さを盛り立てました。また、片岡さんの女性的な話し方をするキャラも大ウケ。歌舞伎には男性が女形を演じる慣しがあるので、説得力を出すために片岡さんをオファーしたそうです」(前出・テレビ局関係者)

初回から話題の的になった「半沢直樹」。次回以降の展開に期待が寄せられている。

7/21(火) 13:21 女性自身
https://news.yahoo.co.jp/articles/5e3c9408b823e6ac48598ab4064a129017adf806

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【ドラマ】半沢直樹 22%で好発進!歌舞伎俳優が続々起用される訳】の続きを読む


松尾猿之助 → 初代市川猿之助 → 二代目市川段四郎 二代目 市川猿之助 初代の長男、1888–1963。欧米に留学して舞台芸術を学び、生涯新しい形の歌舞伎を模索した風雲児。「猿之助」の名跡に愛着が深く、53年間にわたってこれを使い続けた。 初代市川團子 → 二代目市川猿之助 → 初代市川猿翁(隠居名)
4キロバイト (241 語) - 2015年6月27日 (土) 20:26



(出典 www.kabuki-bito.jp)



1 Egg ★ :2020/07/19(日) 22:35:57.26

俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の7年ぶり続編が19日、25分拡大スペシャルでスタート。新型コロナウイルスの影響による撮影中断を挟み、3カ月遅れで待望の幕開けとなった。新たな敵役を演じる歌舞伎俳優の市川猿之助(44)が“顔芸”をはじめ憎々しい熱演を披露した。

 前作はベストセラー作家・池井戸潤氏(57)の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。2013年7月期に放送され、東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 新シリーズは「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。第1話は、宿敵の常務・大和田(香川照之)の不正を暴き、糾弾したことが原因で、頭取・中野渡(北大路欣也)から子会社・東京セントラル証券への出向を命じられた半沢(堺)。営業企画部長になったものの、親会社の東京中央銀行から“ゴミ案件”を押し付けられる日々。東京セントラル証券内には銀行からの出向組に対する生え抜き社員の反骨心と確執が渦巻いている。大和田は敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身。大和田の忠実な部下、証券営業部長・伊佐山(猿之助)も“半沢潰し”を目論んでいた。そんな中、大手IT企業・電脳雑伎集団から大型買収のアドバイザー依頼が東京セントラル証券に舞い込む…という展開。

 猿之助が演じるのは、東京中央銀行証券営業部長・伊佐山泰二。仕事は切れ者だが、目的のためなら手段を選ばない執念深い性格。新たに半沢の前に立ちはだかる。

 7年ぶり続編のファーストシーンも猿之助。大和田が頭取になれば、愛弟子の自分も役員になれると目論んでいたが、半沢に不正を暴かれた大和田は屈辱の土下座。伊佐山は「アイツのせいで、あの土下座のせいで、何もかもがブチ壊しだ!あの野郎、大和田さんをあんな目に遭わせやがって。組織に楯突いたらどうなるか、思い知らせてやる。(出向で)人事が丸く収まっても、オレは収まらねぇぞ。半沢だけは絶対に許さねぇ。セントラル証券はおろか、世界の果てまで追い落としてやる!」。冒頭、猿之助の迫力満点の怒号が視聴者を一気に「半沢直樹」の世界に引き込んだ。

 その後も「半沢直樹」十八番の顔アップの演出“顔芸”を炸裂し、半沢を挑発。結局、伊佐山は半沢たちから約1500億円以上という大規模買収案件のアドバイザー契約を横取り。半沢に詰め寄られるが、一瞬先回りし、証拠となるメールの受信記録をサーバーから全削除した。

 「こっちは買収情報なんか受け取った覚えはない。そんなメールは端から存在しちゃいねぇってことだ。それこそ、テメエたちが勝手にでっち上げた偽装メールなんじゃねぇか?(プリントアウトされたメールを破りながら)残念だったなぁ、半沢。どんなにイキがろうが、どの道、おまえはセントラルからも追い出される。銀行員は人事には逆らえない。半沢、おまえ、もう、終わりなんだよ」

 この難は逃れたが、半沢の怒りを買い「倍返しだ!」と宣戦布告された。半沢VS伊佐山の火ぶたが切られた。

7/19(日) 22:19 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3960c342bfe498893b71ad68fdd008bf8ac355a

写真

(出典 amd.c.yimg.jp)


【【ドラマ】半沢直樹 市川猿之助 ヒール役熱演!】の続きを読む

このページのトップヘ