モーニング娘。


後藤 真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本のタレント、歌手、YouTuber。ハロー!プロジェクトの元一員で、『モーニング娘。』の元メンバー(3期)。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称は「ごっちん」、「ごっつぁん」、「ゴマキ」など。 東京都江戸川区出身。血液型O型。身長15
53キロバイト (5,883 語) - 2021年11月13日 (土) 22:28



1 muffin ★ :2021/12/07(火) 18:16:55.88

https://www.oricon.co.jp/news/2216605/full/

元モーニング娘。でタレントの後藤真希(36)の約10年ぶりの写真集『ramus』(講談社)が、11月29日の発売から売れ行き好調で、3度目の重版が決定した。

発売前から写真集掲載カットや関連カットが公開されるたびに話題となり、2度も発売前重版となっていた本作。発売後もSNSで「想像以上の内容! これは買うべき!」「ゴマキ世代にはたまらない」「先行カットを大きく上回る出来栄え」と絶賛が相次いでいた。

2日に行われた出版記念トークショーでは、写真集の内容について後藤自身も「過去イチです!」と熱くコメント。上品で美しい世界観の中で、ヌーディーなカットに挑戦している本作を「女性誌のチームと作ったので、大胆だけどおしゃれに見える。女性にも男性にも楽しんでいただける一冊になっていると思う」と語った。

さらに特典カット付きの電子版も好調で、各電子書店で写真集の売上ランキングトップを快走し、編集を担当した「with」チームが属する講談社第二事業局において、記録を大きく塗り替え歴代トップの販売記録を更新し続けている。

本作では、センセーショナルなデビューを果たしたモーニング娘。の「LOVEマシーン」を想起させる衣装をまとったサプライズカットも収録。会見で「スタッフのみんなと♪Wow Wow言いながら撮影して楽しかった」とのエピソードが披露されていた通り、実際に「LOVEマシーン」が流れる現場では本人が時折歌ったり踊ったりとノリノリの様子で撮影が進行した。メタリックなワンピースに着替えた後藤の首元にチョーカーが付けられると思わずスタッフ間に拍手が発生。オトナの輝きがプラスされたその存在感をあらためて感じる瞬間となっていた。

今月22日発売の女性誌『VOCE』2月号、27日発売の『with』2月号では、写真集の未公開カットを掲載する。


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


【【芸能】後藤真希、写真集ブーム止まらず!】の続きを読む


矢口 真里(やぐち まり、1983年(昭和58年)1月20日 - )は、日本の女性タレント。 元ハロー!プロジェクトメンバーで、元『モーニング娘。』の2期メンバー。『モーニング娘。』の3代目リーダーと『ミニモニ。』の初代リーダーも務めた。『タンポポ』の元メンバーでもある。 神奈川県出身。血液型A型。身長144
50キロバイト (6,519 語) - 2021年10月7日 (木) 10:43



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/10(金) 15:27:25.64

12/10(金) 14:57
スポニチアネックス

矢口真里 コンビニで訪れた大チャンス…突然の思わぬ出費も「これはやるしかないでしょう!!」
矢口真里
 アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーで、タレントの矢口真里(38)が10日までに自身のインスタグラムを更新。突然の思わぬ出費を明かした。

 「震えました。今まで色んな一番くじを何度引いたか分かりませんが、初めてラストワン賞のチャンスが訪れました!!!」とはじめ、「昨日から始まったどうぶつの森の一番くじ。今日コンビニに行くともう後わずか7枚。・・・7枚ですと!?ラストワン賞のチャンス!!しかもA賞も残っている!!めちゃくちゃ大チャーーーーーンス!!!」と狙っていた一番くじが残りがわずかでラストワン賞をゲットできるチャンスが訪れたと説明した。

 「少しの間レジのお姉さんと話しながら(他にお客さんいなかったんで)悩みましたが、これはやるしかないでしょう!!突然の思わぬ出費となりましたが、A賞のたぬきちさんのキッチンタイマーやラストワン賞のジョニーのぬいぐるみやお皿やスプーンもめちゃくちゃ可愛くて大興奮でした」とお目当ての景品をゲットできたことを報告し、ぬいぐるみと寝そべるショットを公開した。

 最後には「皆さんはラストワン賞まで何枚までだったら引きますか?私はギリギリの数字でしたが」とした。

 フォロワーからは「おめでとうございます」「可愛すぎです」「やはり、この女持ってるな」「ラッキー」「めちゃくちゃ悩みますよね」「すげえええ!」「まりっぺ運強すぎ」「引きの強さ持ってますね」という声が寄せられた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/40b488c18739db1fe0e986f0bf68e5e2278a45e2


【【芸能】矢口真里、コンビニで訪れた大チャンス】の続きを読む


希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は日本のタレント、歌手、YouTuber。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ、旧姓:)。愛称はちゃん、ののなど。一人称はのん。 東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属(YU-M エンターテインメントと業務提携)。元ハロー
36キロバイト (4,592 語) - 2021年12月7日 (火) 08:34



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/08(水) 05:23:54.20

12/8(水) 5:15配信
東スポWeb

迅速対応した辻希美(東スポWeb)

 モーニング娘。の元メンバーで、タレントの辻希美(34)が4日に東京・板橋区内で自動車を運転中、女性が乗る自転車と接触事故を起こしていたことが7日、明らかになった。辻、女性ともケガしていない。2018年にはモー娘で同期だった吉澤ひとみさん(36)がひき逃げ事件を起こし、芸能界引退に追い込まれた。二度と同じ轍は踏まない――この苦い経験を教訓とし、辻はドライバーとして適切な事故対応を行った。

 辻は7日、オフィシャルブログで「一部報道にありました通り、先日私が運転していた車で自転車の方との接触事故を起こしてしまいました。幸いお相手の方に怪我はなく大事には至りませんでしたが、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 そのうえで「日頃から常に気を付けて運転しておりましたが、改めて気を引き締め、交通ルールや自分の行動によりいっそう気をつけて参ります。また、お仕事関係者の皆様にもご迷惑をおかけしてしまったこと、深く反省しております。この度は誠に申し訳ありませんでした」とした。

 事故後「相手女性と辻の話し合いもすでに終わっており、穏便に事は済んだようです」(テレビ局関係者)。ママタレの代表格として多くの仕事を抱えているが、芸能活動にはほとんど影響を及ぼさないというのが多くの見方だ。

 辻は事故を起こした当事者として、道路交通法に定められている運転手が果たさなければならない「緊急措置義務」に基づいて、迅速かつ的確な行動を取っていたという。「接触の事実を認識し、自ら警察に連絡し、事故の報告を行っていた。すぐに所属事務所にも連絡し、適切な行動のフォローを受けたと聞きます」(前同)

 モー娘と交通事故と言えば、忘れられないのがあの事件だ。2018年、吉澤さんは飲酒運転した上に2人をはねて逃走。15分後に現場に戻ったが、道路交通法違反と自動車運転処罰法違反の罪で懲役2年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。起訴された直後、芸能界引退を発表した。

 事故の模様をとらえたドライブレコーダーの映像は日本中に衝撃を与えると同時に、モー娘OGたちにも暗い影を落とした。「事務所も『コンプライアンス遵守』の精神を所属タレントたちに強く求めていた。今回はその反省が生かされた」(前同)

 同期の辻は、最も近い距離で吉澤さんの事件を見てきただけに、同じことは繰り返すまいと誓っていたということだ。

 仕事の時はともかく、4人の子どもを持つママとあって、プライベートで運転しないという選択肢は現実的ではないだけに、今後はより一層の注意深さが求められる。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0be70411df24937a319370b381f07ec702437db2


【【芸能】辻希美、接触事故神対応のウラに…】の続きを読む


後藤 真希(ごとう まき、1985年9月23日 - )は、日本のタレント、歌手、YouTuber。ハロー!プロジェクトの元一員で、『モーニング娘。』の元メンバー(3期)。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称は「ごっちん」、「ごっつぁん」、「ゴマキ」など。 東京都江戸川区出身。血液型O型。身長15
53キロバイト (5,883 語) - 2021年11月13日 (土) 22:28



1 muffin ★ :2021/12/07(火) 18:16:55.88

https://www.oricon.co.jp/news/2216605/full/

元モーニング娘。でタレントの後藤真希(36)の約10年ぶりの写真集『ramus』(講談社)が、11月29日の発売から売れ行き好調で、3度目の重版が決定した。

発売前から写真集掲載カットや関連カットが公開されるたびに話題となり、2度も発売前重版となっていた本作。発売後もSNSで「想像以上の内容! これは買うべき!」「ゴマキ世代にはたまらない」「先行カットを大きく上回る出来栄え」と絶賛が相次いでいた。

2日に行われた出版記念トークショーでは、写真集の内容について後藤自身も「過去イチです!」と熱くコメント。上品で美しい世界観の中で、ヌーディーなカットに挑戦している本作を「女性誌のチームと作ったので、大胆だけどおしゃれに見える。女性にも男性にも楽しんでいただける一冊になっていると思う」と語った。

さらに特典カット付きの電子版も好調で、各電子書店で写真集の売上ランキングトップを快走し、編集を担当した「with」チームが属する講談社第二事業局において、記録を大きく塗り替え歴代トップの販売記録を更新し続けている。

本作では、センセーショナルなデビューを果たしたモーニング娘。の「LOVEマシーン」を想起させる衣装をまとったサプライズカットも収録。会見で「スタッフのみんなと♪Wow Wow言いながら撮影して楽しかった」とのエピソードが披露されていた通り、実際に「LOVEマシーン」が流れる現場では本人が時折歌ったり踊ったりとノリノリの様子で撮影が進行した。メタリックなワンピースに着替えた後藤の首元にチョーカーが付けられると思わずスタッフ間に拍手が発生。オトナの輝きがプラスされたその存在感をあらためて感じる瞬間となっていた。

今月22日発売の女性誌『VOCE』2月号、27日発売の『with』2月号では、写真集の未公開カットを掲載する。


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)


【【芸能】後藤真希、写真集ブーム止まらず!】の続きを読む


希美(つじ のぞみ、1987年6月17日 - )は日本のタレント、歌手、YouTuber。本名、杉浦 希美(すぎうら のぞみ、旧姓:)。愛称はちゃん、ののなど。一人称はのん。 東京都板橋区出身。アップフロントクリエイト所属(YU-M エンターテインメントと業務提携)。元ハロー
36キロバイト (4,592 語) - 2021年12月7日 (火) 08:34



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/07(火) 15:06:30.91

12/7(火) 15:03
オリコン

辻希美、接触事故で謝罪「自分の行動によりいっそう気をつけて参ります」
辻希美(C)ORICON NewS inc.
 タレントの辻希美(34)が7日、自身のブログを更新。一部で報じられた接触事故について説明するとともに謝罪した。

 ブログでは「一部報道にありました通り、先日私が運転していた車で自転車の方との接触事故を起こしてしまいました。幸いお相手の方に怪我はなく大事には至りませんでしたが、心よりお詫び申し上げます」と記した。

 「日頃から常に気を付けて運転しておりましたが、改めて気を引き締め、交通ルールや自分の行動によりいっそう気をつけて参ります」とつづり「また、お仕事関係者の皆様にもご迷惑をおかけしてしまったこと、深く反省しております。この度は誠に申し訳ございませんでした」と結んだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c04f284232bc51e53af052bb65bd8420cf17e8e5
関連
辻希美さん運転の車、板橋区で自転車と接触する事故…今月4日 [ひかり★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638843874/


【【芸能】辻希美、接触事故で謝罪】の続きを読む

このページのトップヘ