V6


三宅 (みやけ けん、1979年7月2日 - )は、日本のタレント、俳優、歌手、アイドル。男性アイドルグループ・V6、Coming Century(カミセン)の元メンバー。 神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。 1993年に親戚の勧めでジャニーズ事務所へ履歴書を送り、それから2・3日後に社長のジャ
31キロバイト (3,640 語) - 2022年1月8日 (土) 15:14



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/14(金) 05:56:32.25

1/14(金) 4:00配信
デイリースポーツ

 笑顔で質問に答える三宅健

 元V6の俳優・三宅健(42)が13日、都内で行われた主演舞台「陰陽師 生成り姫」(2月22日開幕。東京・新橋演舞場、京都・南座)の製作発表会見に出席した。昨年11月1日のV6解散後、初の公の場。同じ元V6メンバーの坂本昌行(50)が昨年12月30日に元宝塚歌劇団の女優・朝海ひかる(49)と結婚したことを喜んだ。

 “奇跡のアラフォー”の称号どおり若々しい輝きを放ち登場した三宅は、26年間ともに歩んだ元リーダーの吉報に「それはうれしいですよ。自分のグループのメンバーの幸せな報告は、純粋にうれしかったです」と改めて祝福。「良かったね」とお祝いのメッセージを送ったことも明かした。

 坂本の結婚により、V6メンバーの中では唯一の独身となったが、「僕?いろんな意味でひとりになっちゃいましたね。ひとりぼっち」と苦笑。自身の結婚について聞かれると「今のところ予定はないですけど、(坂本の結婚が)とってもうれしい知らせで良かったです」と話した。

 今は来月の開幕に向け、稽古に全力を注ぐ。ソロの俳優となり今作が初めて臨む舞台となるが「解散して、さほど変わりはないですね。たまに解散してたことを忘れちゃうくらい」と自然体。野村萬斎(55)ら名だたる俳優が演じてきた主人公・安倍晴明役に、三宅は「自分がこの役を演じると聞いて、光栄でもありプレッシャーでもありましたが、自分にしか演じられない晴明を演じたい」と強い決意を示していた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/72f5090aca263084421fdd40b11039f45946bffd


【【芸能】三宅健、いろんな意味で独り立ち】の続きを読む


森田 (もりた ごう、1979年2月20日- )は、日本の歌手、俳優、タレント。男性アイドルグループ・V6、Coming Century(カミセン)の元メンバー。MOSS所属。 埼玉県春日部市出身。妻は女優の宮沢りえ。 1993年に14歳でジャニーズ事務所に入所し、同じジャニーズJr.の三宅健と共に「剛健コンビ」と呼ばれ人気を博す。
24キロバイト (2,715 語) - 2021年12月7日 (火) 15:41



1 フォーエバー ★ :2021/12/05(日) 10:10:21.15

 テレビ朝日系の看板番組「相棒」の4代目“相棒”反町隆史(47)が「season20」最終話で卒業すると発表された。自ら卒業を切り出した反町に、水谷豊(69)は「分かった」のひと言だけで、特に慰留交渉のようなものは行われなかったという。

森田剛は宮沢りえと“寸歩不離”…ジャニーズの忖度以上に怖い個人事務所ゆえの「闇」

「反町さんが卒業を決めたのは11月17日放送分の視聴率ではないかといわれています。この日は、2000年から放送されている同シリーズの最低視聴率を記録してしまいました。これで『これはもうダメだ……』と彼自身が判断したのでは。数年前から自らの引き際について度々口にしていたようですから、水谷さんも反町さんの意を十分にくみ取っての対応だと思いますよ」(芸能プロ関係者)

 この発表以降、SNSなどでは「5代目『相棒』はこの人!」と、予想で盛り上がっている。

「一部では“賞味期限切れ”と酷評され続けている『相棒』ですが、マネジメント側は、確実に2桁台の数字が取れ、俳優としての存在感をアピールできる仕事と考えています。大手芸能プロなどが『5代目相棒』のポストを巡って熾烈な争奪戦を繰り広げるのもそのためです」(芸能プロ関係者)

稲垣吾郎、向井理、竹野内豊の名前も

 この関係者が足しげくテレビ朝日に通って得た情報によれば、すでに元SMAP稲垣吾郎(47)、向井理(39)、さらに竹野内豊(50)らの名前が挙がっているという。

「大本命は『相棒』シリーズの方針である“若返り”に逆行しかねませんが稲垣でしょう。何といっても近年、俳優として高評価を得ていますし、やはり数字を持っていますからね」(テレビ関係者)

 ところがここにきて、この「5代目相棒」候補者のひとりに意外な名前が加わった。11月1日にジャニーズ事務所を退所した元「V6」森田剛(42)だ。退所後すぐに妻・宮沢りえ(48)とともに新事務所を立ち上げ、活動は主に舞台や映画が中心になるのではと囁かれていた。宮沢が現在出演中の「真犯人フラグ」(日本テレビ系)の収録にめどがつき次第、森田にとって初仕事となる舞台の打ち合わせに入るといわれている。そんな森田の“売り込み”の動きに戸惑いの声も上がっている。

「今年3月、森田の退所とV6の解散がジャニーズ事務所から正式発表されましたが、これ以降の宮沢の動きはまさに目を見張るものがあります。森田に信頼できる後ろ盾がなくなってしまうこともあり、宮沢本人が営業の最前線に立ち、仕事をまとめるようになったのです。改めて彼女のスケジュールを見ても『真犯人──』をはじめ、4日と5日にテレビ朝日系で放送される2夜連続スペシャルドラマ『女系家族』、12月6日から29日までは東京・渋谷のシアターコクーンの舞台『泥人魚』、そして来年の大河『鎌倉殿の13人』とまさにアイドル並みのスケジュールです。少し前まで業界で『宮沢さんは脚本に納得しなければ出演しない』『仕事のために私生活は犠牲にしない』といわれていたのが嘘のようです」(テレビ関係者)

 これまで受け身だった営業が、百八十度転換したことに驚きを隠せない関係者もいるようだ。この宮沢の急変ぶりは、夫・森田の環境が変わったことも影響を及ぼしているのだろうか。

「『真犯人──』の出演も、彼女なりの計算があってのことでしょう。民放ドラマに久しく出てこなかった宮沢さんが出演を受諾したのは、近い将来の森田のキャスティングを日テレ側に約束させるためではないかといわれています。今回、テレビ朝日の『女系家族』の出演を決めたのも、“夫の森田を『相棒』を含めてどうぞよろしくお願いします”というニュアンスが含まれているとみる制作関係者がいます」(前出の芸能プロ関係者)

 あの“りえママ”の辣腕ぶりを彷彿させる宮沢の営業手腕は、俳優としての森田を上へと押し上げていくのだろうか。

2021年12月5日 9時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.livedoor.com/article/detail/21302824/


【【芸能】森田剛「5代目相棒」候補に急浮上!】の続きを読む


岡田 准一(おかだ じゅんいち、1980年11月18日 - )は、日本の俳優、歌手、タレント。男性アイドルグループ・V6、Coming Century(カミセン)の元メンバーで最年少メンバーだった。 大阪府枚方市出身。ジャニーズ事務所所属。妻は女優の宮﨑あおい。 ひらかたパーク(通称:ひらパー)の第2代ひらパー兄さんにもなっている。
48キロバイト (5,521 語) - 2021年11月29日 (月) 10:38



1 muffin ★ :2021/11/29(月) 16:21:18.02

https://www.oricon.co.jp/news/2215433/full/

人気グループ・嵐の松本潤が主演し、2023年に放送予定の大河ドラマ(第62作)『どうする家康』の追加キャストが29日発表され、織田信長役に岡田准一、家康の正室・瀬名役に有村架純、豊臣秀吉役にムロツヨシ、武田信玄役に阿部寛、今川義元役に野村萬斎が決定した。同日、局内で行われた会見には松本と新たなキャストが集結(野村以外)。松本は「ここに立たせてもらって光栄。このみなさんと1年4ヶ月撮影できるのが楽しみです」とコメントした。

松本が大河ドラマ初出演にして、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる今作。『コンフィデンスマンJP』シリーズ、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどを手掛けた脚本家・古沢良太氏が初めて大河ドラマを担当する。 

国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、*か生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

今回発表されたのは家康に「どうする家康?」と試練を与えたり、岐路に立たせる、まさに“困らせる”人物である5人。信長役の岡田は大河ドラマ出演歴は2回目。第53作『軍師官兵衛』(2014)では主演として黒田官兵衛役を演じた。

また、家康を最も知り尽くした初恋の女性で正室となる瀬名役の有村は大河初出演、戦国乱世を最も楽しんだ役のムロは大河ドラマ出演は第51作『平清盛』(2012)、第56作『おんな城主直虎』(2017)以来3回目。家康を乱世へと導いた男・今川義元役の萬斎は第33作『花の乱』(1994)以来2回目。

そして、戦国時代で“最強”と名高いレジェンド・武田信玄役の阿部は第34作『八代将軍吉宗』(1995)、第38作『元禄繚乱』(1999)、第42作『武蔵MUSASHI』(2003)第44作『義経』(2005)、第48作『天地人』(2009)以来、6回目の出演となる。

【制作統括のことば】磯智明チーフ・プロデューサー
日本エンタメ界を代表するすばらしい俳優の方々に、ご出演して頂けることになりました。戦国時代の「顔」となる有名な役どころを、古沢良太さん執筆するハラハラドキドキの物語の中で、どのように演じて頂くのか、想像と期待が膨らんで参ります。

今や知りたい情報はすぐに検索できる時代。有名人の徳川家康の人生ならば、ほんの数秒で知ることができます。そんなネタバレだらけの家康の物語を「次はどうなる?」「家康はどうする?」と先が気になるストーリーとして描こうとすることは、かなりの挑戦かもしれません。それでも、ワクワク感あふれる家康のドラマをつくりたい!古沢さんの意欲が、『どうする家康』というタイトルには込められています。

今回、発表した役柄は、家康に「どうする!」と無理難題や真剣勝負を突きつける方々です。出演者みなさんのお力を借りながら、新たな戦国・家康の物語をお届けしたいと思います。


(出典 storage.mantan-web.jp)


【【芸能】岡田准一、大河ドラマで織田信長】の続きを読む


三宅 (みやけ けん、1979年7月2日 - )は、日本のタレント、俳優、歌手、アイドル。男性アイドルグループ・V6の元メンバー。 神奈川県出身。ジャニーズ事務所所属。 1993年に親戚の勧めでジャニーズ事務所へ履歴書を送り、それから2・3日後に社長のジャニー喜多川から直接電話を受け、SMAPのコ
30キロバイト (3,553 語) - 2021年11月1日 (月) 15:32



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/02(火) 01:13:23.19

11/2(火) 0:39配信
スポーツ報知
 
 1日にV6の解散ライブを行った三宅健が2日、自身がパーソナリティーを務めるbayfm「三宅健のラヂオ」で「V6は色んな方に見届けていただいて終わりを迎えられたと思っています」と解散を生報告した。

 2005年4月から続く同番組にとって初の生放送。三宅は、千葉市の幕張メッセでグループ最後のコンサート開催直後の生放送冒頭で「23時59分59秒まではV6でしたが、(番組開始の深夜0時)この瞬間から個人の三宅健としてラジオをお送りしております」とあいさつした。

 解散直後ということもあり「そう簡単に切り替えられるわけじゃない」と本音を語りながらも、この日から個人のインスタグラムを開設したことを発表。番組後半には、井ノ原快彦と長野博も出演し、ライブに嵐・松本潤やKinKi Kids、Sexy Zone・佐藤勝利らが訪れたことを明かした。

 1995年11月にデビューしたV6は、この日ラストライブを行い26年間の活動に幕を下ろした。森田剛はジャニーズ事務所を退所し、三宅、長野、井ノ原、坂本昌行、岡田准一の5人は同事務所に在籍し、今後も俳優や司会などの芸能活動を続ける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/05cbdc7b52d88e60e9991a50e440b55446568b27


【【芸能】三宅健、ラジオで解散生報告!】の続きを読む


V6(ブイシックス、ブイろく) V6 (グループ)(ブイシックス) - ジャニーズ事務所所属の6人組アイドルグループ。 何らかの競技やランキングにおいて6回連続優勝を達成すること。『Victory six times』の略。 V型6気筒 - シリンダーをV字型に6本配置したレシプロエンジンのこと。 Version
669バイト (165 語) - 2021年1月30日 (土) 13:19





1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/02(火) 06:44:56.90

11/2(火) 5:15配信
東スポWeb

 ジャニーズの人気グループ「V6」が1日、千葉・幕張メッセで「LIVE TOUR V6 groove」の最終公演を行った。本公演をもって、グループ26年の歴史に幕を下ろした。

 この日は、1995年のデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」や、グループの代表曲とも言える97年の「愛なんだ」など全41曲を披露。終盤に、井ノ原快彦(45)が「26年間、V6を愛してくれて、ついてきてくれて、いつでも笑顔を見せてくれてありがとうございました」とあいさつ。ラストは全員で一列に並び、大きくファンに手を振って会場を後にした。

 この日をもってメンバーの森田剛(42)だけがジャニーズ事務所を退所。今後は舞台を中心に本格的に俳優業に専念する意向だが、実は次に退所すると言われているのが岡田准一(40)と三宅健(42)だ。

 芸能関係者は「岡田はアクションを含め、役者としての評価が高いですし、ゆくゆくは海外進出も視野に入れていると言われていますから、ジャニーズに固執することはない」と話す。

 また、根っからのアイドル気質である三宅も、退所の可能性が指摘されているという。

「三宅は活動の主軸を舞台などに置いていますが、もともとはファンと一緒に歌って踊って、というアイドルらしいことが大好き。ただグループが解散してしまっては、それも難しい。そうなると、ジャニーズにこだわる必要もありません」(同関係者)

 先日は元男闘呼組の岡本健一がジャニーズ事務所と、初のエージェント契約を結んだばかり。昔と違い、いまはいろいろな契約形態が考えられる時代だけに、岡田、三宅の今後の動向が注目されそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2aba2c9c5c17de529887644cd87434489703c99c


【【芸能】V6解散、森田剛がジャニーズ退所】の続きを読む

このページのトップヘ