訃報


片岡 愛之助(かたおか あいのすけ)は、歌舞伎役者の名跡。当代の屋号は松嶋屋、定紋は追っかけ五枚銀杏。 初代 片岡愛之助 七代目片岡仁左衛門の子、生没年調査中。早世。 三代目片岡長太夫 → 初代片岡愛之助 二代目 片岡愛之助 八代目片岡仁左衛門の門人、生没年調査中。 初代市川万五郎 → 二代目片岡愛之助
2キロバイト (202 語) - 2016年3月31日 (木) 20:44



(出典 img.sirabee.com)



1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です :2021/05/27(木) 11:20:28.66 ID:rT0T7ZJGM.net BE:931948549-DIA(101002)


(出典 img.5ch.net)

片岡秀太郎さん死去 息子の片岡愛之助「一層、秀太郎イズムを踏襲したい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/962837736e10df96d1efe38b35d6d4770b74dbc6

(出典 i.imgur.com)


【【訃報】歌舞伎俳優の片岡愛之助さんの養父死去】の続きを読む


片岡 秀太郎(かたおか ひでたろう)は、歌舞伎役者の名跡。屋号は松嶋屋。定紋は七つ割丸に二引、替紋は追っかけ五枚銀杏。 初 代 片岡秀太郎 八代目片岡仁左衛門の四男、1858–1934。松嶋屋のお家芸「片岡十二集」の撰者。 初代片岡秀太郎 → 三代目片岡我當 → 十一代目片岡仁左衛門 二代目片岡秀太郎
1キロバイト (81 語) - 2021年5月27日 (木) 03:02



(出典 prt.iza.ne.jp)



1 香味焙煎 ★ :2021/05/27(木) 11:11:05.09 ID:OJK3M8a+9.net

上方歌舞伎を代表する女形として活躍した歌舞伎俳優で人間国宝の片岡秀太郎さんが23日午後0時55分、慢性閉塞性肺疾患のため大阪府吹田市の自宅で死去した。79歳。大阪府出身。

共同通信
https://this.kiji.is/770468070630014976?c=39550187727945729


【【訃報】歌舞伎俳優の片岡秀太郎、死去…人間国宝】の続きを読む


辻イト子(つじ いとこ、1947年12月3日 - 2021年5月24日)は、日本の女優、漫才師、講師である。本業はみかん農家の主婦。 大阪府岸和田市阿間河滝町出身。1971年に伯母を通して知り合ったマガルと結婚し、2女を儲ける。長女は軽度の知的発達障害があり、中学校から養護学校に編入学したという。
4キロバイト (517 語) - 2021年5月26日 (水) 10:26



(出典 trend1128.com)



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/26(水) 15:07:27.53 ID:CAP_USER9.net

5/26(水) 15:04
オリコン

辻イト子さん、すい臓がんで死去 73歳 ユニクロなど30本以上のCM出演
辻イト子さんが死去
 女優で漫才師の辻イト子さんが24日、すい臓がんのため大阪府内の病院で亡くなった。73歳。葬儀はすでに家族葬にて執り行われた。

辻イト子さんのプロフィール

 辻さんは1947年大阪生まれ。百貨店勤務を歴て71年に結婚し、主婦として子育てとみかん農業に勤しんだ。94年、子育てを終えたのを機に46歳で芸能界入り。ユニクロのCM『オバハン下着編』への出演などで話題を呼び、30本以上のCMに出演。テレビドラマや映画でも活躍した。

 夫と漫才コンビ「辻イト子・辻まがる」も結成し、近年は講演などで活動していたが、昨年10月に癌が見つかり、闘病生活を送っていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/015b76c87d687bad558ede30193d7b188e2fd972


【【訃報】辻イト子さん、すい臓がんで死去】の続きを読む


富永 一朗(とみなが いちろう、1925年4月25日 - 2021年5月5日)は、日本の漫画家。勲等は勲四等。称号は岡山県高梁市(旧:川上町)名誉市民。 京都府京都市生まれ。父は大分県佐伯市出身、母は福島県南会津郡田島町(現・南会津町)静川出身。父は京都の大丸デパートに勤務していた。
18キロバイト (2,485 語) - 2021年5月23日 (日) 13:33



(出典 www.sanspo.com)



1 孤高の旅人 ★ :2021/05/22(土) 10:31:58.56 ID:1tln5FZu9.net

「お笑いマンガ道場」出演、漫画家の富永一朗さん死去…96歳
5/22(土) 9:35配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c19332b6a476c2a30a2227c2858e0399d78caba5

 「*ロ姐(ねえ)ちゃん」「ポンコツおやじ」など、とぼけた作風で知られた漫画家の富永一朗(とみなが・いちろう)さんが5日、老衰のため死去した。96歳だった。

 1970年代に始まったテレビの長寿番組「お笑いマンガ道場」にレギュラー出演して人気を集めた。


【【訃報】富永一朗「お笑いマンガ道場」出演96歳死去】の続きを読む


伊藤 アキラ(いとう アキラ、本名:伊藤 皓〈いとう あきら〉、1940年(昭和15年)8月12日 - 2021年(令和3年)5月15日)は、日本の作詞家。千葉県出身。 「オー・モーレツ!」(丸善石油)をはじめ、歌謡曲やアニメソング、コミックソング、CMソングなどの作詞を幅広く手がけ、その作品数は1
23キロバイト (2,486 語) - 2021年5月23日 (日) 03:28



(出典 www.yomiuri.co.jp)



1 湛然 ★ :2021/05/23(日) 05:54:32.88 ID:CAP_USER9.net

小林亜星氏「気が合うのか合わないのか、不思議な関係」伊藤アキラさん悼む
[2021年5月22日19時50分]日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105220001262.html
小林亜星氏(2018年5月撮影)

(出典 www.nikkansports.com)



15日に急性腎不全のため亡くなった作詞家の伊藤アキラ(いとう・あきら)さん(本名伊藤晧=いとう・あきら)と「日立の樹」などのCMソングでタッグを組んだ作曲家・小林亜星氏が22日、報道各社に追悼コメントを出した。

「この木なんの木」など親しみやすいフレーズのCMソングや歌謡曲、アニメソングを数多く手がけた伊藤さんについて「突然の訃報にただ驚いております。彼とは様々なコマーシャルソングでご一緒させて頂きました。『日立の樹』など、数えればキリがありません」と率直に思いをつづった。

伊藤さんとの関係性について「プライベートではお酒も呑まず、大変真面目な方でしたので、私のような飲兵衛とはほとんど接点はなかったのですが、仕事ではいつも彼の歌詞が回ってくると、スムーズにメロディをつけれるという、気が合うのか合わないのか、そんな不思議な関係でした」と振り返った。

「2014年に北海道・六花亭製菓のコマーシャルソング『花咲く六花亭』で共作したのが最後の作品となりました」と思い返し「『はな(花)、はな、はな~』と歌詞のほとんどが『はな』しか言っておらず、最初にそれを見た時はすごくビックリしましたがそれもこれも良い思い出です」。

「お疲れ様でした。謹んでご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

(おわり)


【【訃報】伊藤アキラ、小林亜星「不思議な関係」悼む】の続きを読む

このページのトップヘ