アンジャッシュ


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。伯父はTBS元常務取締役の
26キロバイト (3,292 語) - 2022年2月5日 (土) 22:14



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/09(水) 14:10:31.28

2/9(水) 6:05
SmartFLASH

渡部建「ローカル局で復帰」のウラにあった焦り…妻・佐々木希に浮上する “レギュラー消滅危機”
休業中は子供の送り迎えや犬の散歩など、主夫業に徹した渡部。仕事は豊洲市場でのバイト程度だった
「『何十年後に振り返って、この騒動があってあなたよかったんじゃないの』と言ってもらえる人生を目指したい」

 謝罪会見で口にした “人生計画” の第一歩を踏み出したということか。

 2月5日、多目的トイレでの不倫騒動で芸能活動を自粛していたアンジャッシュ・渡部建(49)が復帰を発表した。2月15日に放送される千葉テレビの冠番組『白黒アンジャッシュ』で1年8カ月ぶりにテレビ出演する予定だ。

「この番組は、2人にとっては初の冠番組という思い入れがあるもの。渡部さんが自粛してからは、相方の児嶋一哉さん(49)が一人でMCを務めています」(テレビ局関係者)

 そもそも渡部の復帰といえば、2020年11月、大晦日に放送予定の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけないシリーズ」に出演する予定であることを週刊誌にリークされたことで猛バッシングを浴び、出演を取りやめた経緯がある。

「渡部さんも所属事務所も、当時は世間の反応を軽く考えていたのでしょう。リークされた翌月に慌てて謝罪会見を開いたこともあり、渡部さんへの世間の反感は増幅し、復帰をさらに遠のかせる事態になってしまいました」(同前)

 これに引け目を感じた日テレは、その後、何度も渡部の復帰計画を練ったが、そのたびに番組スポンサーの反対に会い、立ち消えになってしまったという。

「松本人志さんも、渡部さんを『救ってやれなかった』という思いがあり、たびたび番組で “イジる” ことで、復帰の後押しをしてきました」(同前)

 ではなぜ、千葉テレビでの復帰がかなったのか。最大の理由は、児嶋の見せた男気だった。

「不倫騒動が発覚した当初は渡部さんのことを『許せない!』と息巻いていましたが、心境が変わったようです。騒動前、“グルメ王” としてピンで活躍していた渡部さんですが、児嶋さんもピンで活動するようになり、ピンなりの大変さを身に染みて感じ、なんとかコンビでやり直したいと考えています。

 児嶋さんと『白黒アンジャッシュ』のプロデューサーは昵懇の仲。ことあるごとに『渡部を出させてくれないか』とお願いし『俺が責任をとる』と男気ある提案までしていたそうです。

 これには制作陣も心を動かされました。さらに、この番組はローカル局制作ゆえに、スポンサーはほとんどが地元企業。大企業ほど影響が少ないので、関係者に理解を得るのも容易です」(同前)

 そしてなにより、今回の復帰は「渡部さんの “焦り” が生んだもの」だと断言するのは、ある広告代理店関係者だ。

「大手キー局の特番で派手に復帰できるならそうしたいというのが渡部さんの本音。でもそうも言っていられなくなり、今回の復帰を選びました」

 その “焦り” は、渡部の休業後、一家の大黒柱として家計を支えてきた妻・佐々木希(33)の抱える、ある事情に由来するという。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/696b046ddad10b14c1a0ea30e05deab031cb8633


【【芸能】渡部建「ローカル局で復帰」のウラにあった焦り】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。伯父はTBS元常務取締役の
26キロバイト (3,206 語) - 2022年2月3日 (木) 23:45



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/02/04(金) 15:18:29.92

2/4(金) 15:02
東スポWeb

アンジャ渡部建の〝復帰報道〟に千葉テレビ「そのような話はありません」

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(49)が15日放送の千葉テレビ「白黒アンジャッシュ」で復帰すると一部で報じられたことについて、同局が否定した。

 渡部は一昨年6月に「週刊文春」で複数の女性との不倫が報じられ活動を休止。同年末に謝罪会見を行ったものの、さなる炎上を招き活動再開は遠ざかった。芸能界追放もささやかれ、豊洲市場でアルバイトする姿が目撃されていた。

 そんななか、4日に一部スポーツ紙が約1年7か月ぶりに復帰すると報道。同局に問い合わせたところ「そのようなお話はありませんのでお答えできません」という回答だった。

 その上で「現時点で話すことができないということか?」と確認したところ「話すことができないのではなくて、そのようなお話がないのでお答えできません」とコメントした。

 渡部をめぐっては、20年に日本テレビ系「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」(日本テレビ)に出演予定だったが、、世間の批判を鑑み、出演シーンがお蔵入りになったと言われている。

 果たして今回は――。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/13b837689d4790737bf568b585bc5eb293018834


【【芸能】アンジャ渡部建、復帰報道に…】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。伯父はTBS元常務取締役の
26キロバイト (3,211 語) - 2022年1月14日 (金) 18:04



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/17(月) 05:48:20.94

1/17(月) 5:15配信
東スポWeb

ユーチューブでの復帰を模索する渡部建(東スポWeb)

 アンジャッシュ・渡部建(49)は今年復帰するのか――。2020年6月の不倫騒動以降、いまだ活動休止中だが、かつて毛嫌いしたユーチューブでの復帰を水面下で模索しているというのだ。背景にあるのは〝低評価の消滅〟と、そして妻・佐々木希(33)が3年半ぶりに主演する連続ドラマだ。

 約1年半もの間、芸能界から姿を消している渡部。レギュラーを務めていた日本テレビ系「行列のできる相談所」や、たびたび渡部の名前を口にして〝援護射撃〟してきた有吉弘行がMCを務める「有吉反省会」(昨年9月終了=日テレ系)での復帰情報が報じられたが、実現には至らなかった。

「本来なら一昨年の大みそか『絶対に笑ってはいけない』で電撃復帰するはずだったが、メディアで事前に報じられ、批判が殺到。急きょ開いた謝罪会見も火に油を注ぐ形になり、結局収録シーンはお蔵入りになってしまった。〝多目的トイレ〟という不倫場所がイメージ的にも悪く、スポンサーとしても起用OKを出しにくい。現在、コロナ禍でテレビ局サイドの懐事情も厳しいので、冒険しにくいということもある」(民放スタッフ)

 それでも有吉ら芸人はテレビやラジオなどで「渡部復帰」を何度もネタにしてきた。昨年11月放送の「痛快!明石家電視台」(大阪・MBS)には、親交がある後輩芸人・いけだてつやが出演。渡部が豊洲市場でのアルバイトを継続していると明かした。明石家さんまも「俺は心配してるの」と気遣っていた。

 やはりカギを握るのは、相方・児嶋一哉だ。バラエティーだけでなく、俳優、CMなどのオファーは絶えず仕事は好調。昨年10月に雑誌で報じられた「本当に性格がいい芸能人ランキング」では1位を獲得し、好感度はうなぎ上りだ。ユーチューブチャンネル「児嶋だよ!」は登録者数が100万人に迫っている。

 渡部の地上波復帰は難しい中、いよいよ現実的になってきたのがユーチューバー〝転身〟。かつて児嶋は自身のチャンネルに、渡部をどう復帰させるか陣内智則と話し合った動画を上げたこともある。ここにゲスト出演という形でもいいし、それこそ渡部自身も登録者数6万人ちょっとながら公式チャンネルを持っている。

「活動休止後、渡部に対して謝罪動画を上げてユーチューバーとして復帰を勧める声もあったが、渡部は難色を示した。騒動前から動画に批判的な声が多く、低評価の嵐。コメント欄は閉鎖できたが、低評価を異様に気にして『ユーチューバーは向いてない』とこぼしていた。しかし、低評価は昨年11月から非表示に。渡部にユーチューブを勧めた関係者らも復活を諦めておらず、本人も前向きになってきている」(芸能プロ関係者)

 一部では、現在は家事をこなし、芸能界復帰に後ろ向きとも伝えられるが、やはり妻や子供のために少しでも稼ぎたい気持ちは強いという。

 さらに、渡部が苦手意識を持つユーチューブへの復帰を後押しするのが妻の佐々木だ。

 くしくも17日から主演ドラマ「ユーチューバーに娘はやらん!」(テレビ東京系、月曜午後11時6分)がスタート。ヒットメーカーの秋元康氏が企画・原作を手掛けるラブコメディーで、連ドラ主演は約3年半ぶりだ。「テレビ局員とユーチューバーという対照的な2人の男性の間で恋に揺れる女性を演じるのですが、ユーチューバーのことを知り、改めてその良さも感じている。夫の選択肢の一つとして、話し合っているとか。もともと渡部は食の知識は豊富です。そこに豊洲バイトで汗を流して得た知識を加えて伝えれば、心に届く視聴者もいるはず」(前同)

 佐々木のユーチューバー題材のドラマ放送中に渡部がユーチューバー復帰…なんてまさかの展開もあるかもしれない。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e042ea7aa49da0b65cd89b1039b2f599ed2dc332


【【芸能】渡部建「ユーチューブで復帰」を後押し】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児
26キロバイト (3,201 語) - 2021年12月7日 (火) 09:39



1 鉄チーズ烏 ★ :2021/12/14(火) 06:56:49.22

週刊女性2022年1月1日号
2021/12/14
https://www.jprime.jp/articles/-/22704?display=b

(出典 Youtube)


《インスタが不正ログイン被害》

 12月7日、そんな見出しで久しぶりにネットニュースをザワつかせたのは、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。自身の公式アカウントが何者かによって“乗っ取られてしまった”というのだ。

「あたかも渡部さん本人が投稿したように装って、カタコトの日本語で仮想通貨への投資に勧誘する不審なメッセージが投稿されたんです。実は渡部さんがアカウントを乗っ取られるのはこれで2度目。

 10月にもやられていて、いずれも海外から不正アクセスされてパスワードを破られてしまったようです。異変に気づいた渡部さんの所属事務所がすぐに対応をして、その日のうちに無事に解決しましたけど、ホントにあの一件以来、弱り目に祟り目というかツキがないというか……」(スポーツ紙記者)

■芸能界からも気持ちが離れて

“あの一件”─前代未聞のスキャンダル“多目的不倫”で日本中から大バッシングを浴びた渡部が表舞台から姿を消したのは、もう1年半も前のことだ。

「発覚から半年たった昨年12月にようやく謝罪会見を開くも、完全に遅きに失しました。“禊”もすませないまま、人気バラエティー番組でしれっと復帰するプランだったということが判明してしまって、逆に世間の怒りに油を注いで大炎上。復帰を画策したテレビ局にまで批判が殺到して、結局、復帰話は飛んでしまいましたから」(同・スポーツ紙記者)

 会見からちょうど1年たつも、いまだに休業中。仕事はおろか、人目につくことも避ける生活を続けている。

「渡部さんの日課は、お子さんの幼稚園への送り迎えくらいで、それ以外はほとんど自宅にこもりっきり。今年の初めには、東京の豊洲市場にある鮮魚仲卸業者でアルバイトをやっていたんですが、それも人目を気にしてか長続きしなかったですし。

 復帰への道筋が見えない中で、芸能界からも気持ちが離れつつあると聞きました。相方の児嶋一哉さんとも、ここ最近はまったく連絡を取っていないそうですよ」(テレビ局関係者)

 そんな夫を、騒動後も変わらず支えているのは妻・佐々木希である。

■「タダ」でお手伝い

「周囲の視線もあったでしょうに、それでも気丈に仕事をこなして。年明けからは、秋元康さん企画、原作の連続ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』に主演することが決まっていて、今は撮影の真っ最中。

 希さんにとってラブ・コメディーはほぼ未経験だったんですが、それでもオファーを受けたんです。一家の大黒柱として“私が働いて稼がなきゃ”という意識がやっぱりあるんでしょうね」(同・テレビ局関係者)

 けなげな妻に、いつまでも“おんぶに抱っこというわけにはいかない”と渡部も思ったのかもしれない。

 長い引きこもり生活に変化があったのは、新型コロナ対策の緊急事態宣言が明けた11月のこと。渡部が豊洲市場でのアルバイトを「こっそり再開している」というのだ。市場関係者が語る。

「2月に勤めていたところと同じ店でやっているよ。あっという間にみんなにバレちゃってから、全然来なくなったので、てっきり辞めたと思っていたんだけど、11月のある朝、急に店にやってきたみたい。従業員も復帰すると聞かされていなかったから“びっくりした”って」

 前回のように、毎週決まった曜日に働きにくる、というわけではないらしい。

「先月は数日、今月は1日だけ働きにきたって。また見にくる人が増えちゃうと店に迷惑をかけるから、あえて不定期にしてるみたい。コロナも収まってきた年の瀬だから、豊洲も忙しくて、どこも人手が欲しい時期。

 知り合いだっていう社長さんが渡部さんに声をかけたんじゃないかなぁ。でも渡部さん、アルバイト代をもらっていないんだって。ホントにタダで“お手伝い”に来ているんだって」(同・市場関係者)


【【芸能】渡部建「豊洲バイト」にこっそり復帰!】の続きを読む


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児
26キロバイト (3,201 語) - 2021年12月7日 (火) 09:39



1 jinjin ★ :2021/12/09(木) 00:28:48.23

アンジャ渡部建 豊洲市場でまだ働いていた! 後輩ハナコが“市場芸人”結成を提唱


2018年にキングオブコントで優勝しブレークしたお笑いトリオ「ハナコ」が、タレントの朝日奈央(27)と7日、都内で行われた「ARUHI presents 本当に住みやすい街大賞2022」に出席。
売れた“秘訣”を自身で分析した。


菊田竜大が挙げたのは、偶然にもかつて今田耕司が住んでいた東京・中野区のマンションの同じ部屋に住んでいたということ。
運よく“出世部屋”に入れたことで、現在のポジションまで来られたというのだ。


一方、秋山寛貴は「僕と岡部は(移転前の)築地市場でアルバイトしてました。そこからお笑いの仕事とアルバイトが合致した感じがありまして。それのおかげで売れた気がするので市場で働くことがジンクスだって言いたいんですけど。そこで一緒に働いてた芸人仲間がまだ全然出てきてません(笑い)。もう少ししたら市場芸人が来るはずです」と断言した。


市場でのアルバイトで思い出すのはアンジャッシュの渡部建だ。
近況について後輩芸人のいけだてつやが「痛快!明石家電視台」に出演した際に、豊洲市場でアルバイトを継続していることを明かしている。

「渡部もアルバイトしながら芸人と絡めるのはうれしいはず。渡部のテレビ復帰は絶望的といわれてますが売れない芸人にとっては渡部から学べるチャンスでもある」(芸能プロ関係者)

ハナコが望む市場芸人ブレークは渡部にかかっているかもしれない?


https://news.yahoo.co.jp/articles/16d3d47d43e1dbbd3f5cbc3247892cd8f2fd915d


【【芸能】渡部建、豊洲市場でまだ働いていた!】の続きを読む

このページのトップヘ