ドラマ


深津 絵里(ふかつ えり、1973年1月11日 ‐ )は、日本の女優。大分県大分市出身。本名同じ。アミューズ所属。母は書家の深津諭美子。愛称は「ふかっちゃん」。 1986年(昭和61年)、東京・原宿で行われていたミス原宿グランプリ(コンテスト)に参加し優勝をしたのをきっかけに13歳で芸能界デビュー。
35キロバイト (4,473 語) - 2021年12月4日 (土) 06:08



1 愛の戦士 ★ :2021/11/29(月) 18:04:30.99

文春オンライン 2021年11月29日

「これは、すべての『私』の物語。」

 NHK「連続テレビ小説」第105作目『カムカムエヴリバディ』の公式サイトのトップの画像には、その言葉が添えられていた。コピーの「私」が、制作統括の堀之内礼二郎氏が「朝ドラ史上初の挑戦」と語るトリプルヒロイン、昭和・平成・令和の時代をまたぐ3人のヒロインを暗に指していることは想像に難くない。

「私たちすべての物語」ではない。「私」と別の「私」の価値観の違いを「私たち」という言葉で簡単にまとめられないからこそ、「すべての『私』の物語」という単数形を束ねるような特殊な表現がそこで選ばれているのだろう。

異色の「三人交代制」、その意外な利点
 もともと『カムカムエヴリバディ』以前から、朝の連続テレビ小説はマルチヒロイン的な構造を強めていた。宮藤官九郎の『あまちゃん』の主演は公式には「のん」こと能年玲奈ただ1人だが、ドラマの中では橋本愛が演じる足立ユイが天野アキのオルタナティブのように寄り添い、2人1組のヒロインのように視聴者に愛された。

 以降も多くの朝ドラで「準ヒロイン」的なキャラクターが人気を集める傾向は続く。多様化する視聴者の価値観に合わせるように複数のヒロインが輝く構成は時代の要請とも言える。

 だが今回の『カムカムエヴリバディ』の特異な点は、同時代の中の横軸の多様性ではなく、100年という時間の中でヒロインが完全にバトンタッチする縦軸の多様性であることだ。

「3人交代制」の想像しうるメリットとしては、1人1人の俳優の負担と拘束時間を軽減できるという現実的な側面がある。体力的な過酷さもさることながら、1年近いとも言われる撮影期間の間、スケジュールのほとんどを拘束される番組の構造は、降るほどにオファーの舞い込むトップ俳優であるほど出演の決断に悩むことになる。

 一つの例をあげれば、最初の世代、昭和ヒロイン安子を演じる上白石萌音は、来年2022年に宮崎駿の名作を舞台化した『千と千尋の神隠し』を橋本環奈とのWキャストで演じることが決まっている。

 世界的にも評価の高い作品で、舞台経験も多い上白石萌音にとってはまさに檜舞台である。だがその舞台は、2月28日に初日の幕が上がるのだ。

 11月1日に初回が放送された『カムカムエヴリバディ』は全130回が予定されているが、昨年同時期に放送された『おちょやん』(11月30日-5月14日)と同じ期間を当てはめれば、おそらく『カムカムエヴリバディ』の最終回は4月。2月28日の舞台初日には到底間に合わない。舞台の稽古期間を考えれば、涙をのんでどちらかを断念するしかないスケジュールだ。

※続きはリンク先で
https://bunshun.jp/articles/-/50282?page=1

(出典 i.imgur.com)


【【ドラマ】深津絵里、朝ドラヒロイン3人交代制】の続きを読む


米倉 涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。神奈川県横浜市出身。27年間所属したオスカープロモーションを退社し、2020年4月から個人事務所「Desafio」に所属。松田秀知の作品に携わることが多かった。 横浜市立南希望が丘中学校を経て、神奈川県立旭高等学校卒業。
41キロバイト (4,965 語) - 2021年12月15日 (水) 21:01



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/17(金) 09:05:00.54

12/17(金) 9:01配信
スポニチアネックス

米倉涼子

 女優の米倉涼子(46)が主演するテレビ朝日ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)の最終話(第10話)が16日に放送され、平均世帯視聴率が17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

 10月14日に放送された初回は平均世帯視聴率19・0%を記録。今年放送された民放の連続ドラマでこれまで最高だったTBS「天国と地獄」(1月期)の初回16・8%を上回る、今年最高のロケットスタート。第2話は15・9%、第3話は16・6%、第4話は15・2%、第5話は16・7%、第6話は15・7%を推移。第7話で全シリーズで初の15%以下となる14・7%を記録したものの、第8話では15・5%で再び15%を回復。第9話は前回から1・3ポイント上昇し、16・8%で初回と並ぶ今期2番目の好視聴率をマークしていた。

 大ヒットドラマシリーズの第7弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは期間平均視聴率20%以上を叩き出し、19年に放送した前作、第6シリーズも初回世帯視聴率20・3%とロケットスタートを切り、期間平均18・5%と好調に推移。第1シリーズから6シリーズを合わせた平均視聴率は20%を超えている。

 シリーズ誕生から今年10年の節目。今作では新型コロナ禍の医療現場をモデルに、前作から引き続き日本最高峰の東帝大学病院が舞台。

 第10話は「感染症から“未来の命”を救いたい」と純粋かつ崇高な理念を貫き通し、ついに念願の「感染研究センター」を「東帝大学病院」内に設立することになった蜂須賀隆太郎(野村萬斎)。ところが、これからという時に、蜂須賀は人知れず、自らが推進していたケミカルサージェリーも功を奏しなかったほど重度のがんを患っていた。しかもその病状は、天才外科医である大門未知子(米倉涼子)ですら“厳しい手術”になると予感するほど。だが、すぐにオペをしなければ命が危ない。蜂須賀から執刀を頼まれた未知子は、100%の成功を誓う…という展開だった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/70da2fae0b5e4f806a2b092c6a363209779b1df5


【【ドラマ】米倉涼子主演「ドクターX」最終回17%超え】の続きを読む


日本沈没 > 日本沈没-希望のひと- 『日本沈没-希望のひと-』(にほんちんぼつ きぼうのひと)は、2021年10月10日から12月12日までTBS系列「日曜劇場」枠で放送された、小松左京のSF小説『日本沈没』を原作とするテレビドラマ。全9話。主演は小栗旬。 2023年の東京を舞台に、日本沈没
43キロバイト (5,138 語) - 2021年12月16日 (木) 00:44



1 ひかり ★ :2021/12/13(月) 00:22:46.93

TBSで最終回の放送を迎えた日曜劇場『日本沈没ー希望のひとー』。動画配信サービス「Paravi」で独占配信中のParaviオリジナルストーリー「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」の最終話に小栗旬、松山ケンイチ、杏がゲスト出演することが決定した。
本作は、日本に迫る未曾有の危機の中で運命的に出会い、恋に落ちた1組の男女が、日本沈没までの限られた時間の中で起こるあらゆる困難に立ち向かい、愛を貫く究極のラ*トーリー。

1日1日を懸命に生きる市井の人たちに、スポットライトをあてた物語だ。運命の出会いを果たす2人・山田愛と蒔田奇跡を、乃木坂46の与田祐希と板垣瑞生がW主演で演じている。

このたび、12月12日(日)の午後11時3分から配信開始した最終話に、『日本沈没ー希望のひとー』で主人公・天海啓示を演じる小栗旬と、常盤紘一を演じる松山ケンイチ、椎名実梨を演じる杏の3人のゲスト出演が発表された。

Paraviオリジナルストーリー「最愛のひと~The other side of 日本沈没~」最終話では、本編ドラマ最終話の3年後の日本が描かれる。その後の日本は、そして天海、常盤、椎名はどうなっているのか。愛と3人の意外な関係も明らかになる。ここでしか見ることのできない3人の姿に注目だ。

最終話には、ニュースキャスター役でフリーアナウンサー・神田愛花もゲスト出演する。NHKアナウンサーからフリー転向後はキャスターやMCだけでなく数多くのバラエティ番組にも出演し、昨年には映画「望み」にアナウンサー役で出演。配信ドラマは、今回が初出演となる。

さらに、スカートが手掛けた本作のイメージソングの歌詞と楽曲タイトルが、最終話で初公開された。楽曲タイトルは「背を撃つ風」。タイトルバックでは「ラララ~」で歌われているが、ドラマの内容とリンクした歌詞にも注目だ。

<プロデュース・東仲恵吾 コメント>
3年後の主人公・天海たちの姿を今回、垣間見ることができます。ものすごい困難に立ち向かい、これからの日本を守り抜く決意をした3人が、その後どういう3年間を過ごしたのか。今思うこととは。そんな思いを受け取っていただけたらと思います。そして、愛たちも3年を経て、成長しています。最後に待ち受ける“愛の奇跡”をぜひお楽しみください。

<プロデュース・武田梓 コメント>
「最愛のひと」ラストは、『日本沈没』本編の最終話の、更にその先が舞台になっています。激動の時代を駆け抜けた天海、常盤、椎名の3人が未来の「日本」にどのように関わっているのか、その姿を見ていただき、希望を感じていただければと思います。愛と奇跡の未来も、ぜひ楽しみに見ていただければと思います。
TV LIFE web

https://news.yahoo.co.jp/articles/febeb23e858ab60000b7421f6b7a867a5fac7793


【【ドラマ】日本沈没、最終話の3年後が描かれる】の続きを読む


馬淵 優佳(まぶち ゆか、1995年2月5日 - )は、日本の飛込競技選手(栃木ダイビングクラブ所属)、スポーツコメンテーター。立命館大学スポーツ健康科学部卒業。imo(株式会社 Indigo Magic Orchestra)所属。 兵庫県宝塚市出身。父は中国出身の飛込競技指導者の馬淵崇英。
8キロバイト (1,036 語) - 2021年12月12日 (日) 00:18



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/05(日) 12:21:06.55

12/5(日) 12:00
配信
スポニチアネックス
「日本沈没」馬淵優佳さん ドラマ初出演「天地がひっくり返るような衝撃 人生を変える経験」中国人通訳役
日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」第8話にゲスト出演する元飛び込み日本代表の馬淵優佳さん(C)TBS
 元飛び込み日本代表で現在はスポーツコメンテーターとして活動する馬淵優佳さん(26)が5日に放送されるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)第8話にゲスト出演することが発表された。今年2月にオンライン生配信された即興演劇「マーダーミステリー 演技の代償」に出演したことはあるが、ドラマ出演は今回が初。自身のルーツと関係のある中国人通訳を演じる。馬淵さんは「率直にドラマの撮影ってこんなに大変なんだ!と天地がひっくり返るような衝撃を受けました」と初体験に驚きながらも「中国人の役で、私のルーツである中国と関係しているので、とても感慨深いです。私の人生を変える大切な大切な経験になりました」と振り返った。

 馬淵さんは東京五輪競泳日本代表・瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)の妻。2017年5月に結婚し、現在は2児のママ。大阪・MBSテレビの情報番組「よんチャンTV」(月〜金曜後3・40)に木曜レギュラーとして出演している。

 今年2月22日には、同名の人気体験型推理ゲームをリアル体験型ステージにした「マーダーミステリー 演技の代償」オンライン生配信(夜公演)に出演。キャストが役になり切りながら制限時間内に事件を推理し、全編アドリブによる一発本番の即興演劇として話題を集め、馬淵さんは脚本家・辻岡恭子役を演じた。

 「日本沈没」は俳優の小栗旬(38)が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだそうとひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 第8話は、アメリカの会見を受け、中国は日本政府との移民交渉を完全に遮断。世界各国も中国の動きに同調し、もはや世界との移民交渉の窓口は閉じられた。“日本沈没”という情報も全世界に知れ渡り、日本国内も政府や東山総理(仲村トオル)への怒りが日増しに高まり、デモが広がっていた。再度、中国と交渉した日本政府は、到底不可能な条件を突きつけられる。天海(小栗)と常盤(松山ケンイチ)は八方塞がりの中、田所博士(香川照之)からは日本沈没はいつ起きてもおかしくないとを聞かされる。追い込まれた天海は、唯一の打開策を思いつく。里城副総理(石橋蓮司)の協力も得て、中国に対してのイチかバチかの危険な賭けに出る天海だったが、衝撃的な出来事が待ち受けていた…という展開。

 ドラマ初出演の馬淵さんが演じるのは、移民交渉をめぐって日本政府に相対する中国要人の通訳秘書役。父は中国出身の飛び込み競技指導者・崇英さん。馬淵さんは凛々しい演技を披露したといい、新たな一面が注目される。

 ▼馬淵優佳さん 初めてドラマの撮影現場を経験させていただきましたが、率直にドラマの撮影ってこんなに大変なんだ!と天地がひっくり返るような衝撃を受けました。監督さんの合図で一瞬にしてドラマの世界に引き込まれる役者さんの緊張感。そして、ワンシーンを作り上げるのにたくさんのスタッフさんが携わり、何時間も撮影することに驚きました。今回、中国人の役で私のルーツである中国と関係しているので、とても感慨深いです。第1話から毎週楽しみに放送をテレビで見ておりますが、今回この歴史ある日曜劇場に関わらせていただけたことを大変うれしく思います。私の人生を変える大切な大切な経験になりました。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/62e7d17ab08dfc34131a9c8003c77c98c5f3d8f0


【【ドラマ】日本沈没、馬淵優佳ドラマ初出演!】の続きを読む


田中 みな実(たなか みなみ、1986年11月23日 - )は日本のフリーアナウンサー、タレント、女優。フラーム所属。元TBSアナウンサー 。 1986年11月23日に、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市にて出生、出身は埼玉県朝霞市。 アメリカ合衆国にて出生したのでミドルネームを付けても付
40キロバイト (5,409 語) - 2021年12月1日 (水) 04:36



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/30(火) 10:19:18.93

2021.11.30 07:31
まいじつ 

11月26日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第7話が放送された。この回で田中みな実が衝撃的な死に方をしたのだが、その様子が「グロい」と話題になっている。

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラ*トーリーだ。田中が演じているのは、フリーランスのノンフィクションライター・橘しおり。元大手新聞社の記者であり、記者クラブ賞を受賞したことがあるほどの実力の持ち主で、『真田グループ』の闇を追っている。

第7話では、橘と梨央の関係性が明らかに。実は橘、15年前に大学の陸上部のマネージャーとして、梨央や大輝らもいた合同合宿に参加しており、その時に大学院生の康介(朝井大智)に薬を盛られて乱暴されていたというのだ。

田中みな実がいきなり死亡

事件後から人生が変わってしまった橘は、同じ場所にいた梨央が実業家として大成功を収めていることを逆恨みのように妬んでいたのだ。梨央は橘の境遇を知ると、彼女からのインタビューに応じることになる。しかし後日、橘はとある駐車場で頭から血を流して死亡した状態で発見される。ビルから転落したようで、足はあらぬ方向にぐにゃりと曲がっていた。

フィクションであるものの、グロテスクな遺体が映されたことに視聴者は騒然。ネット上では

《橘しおりの左足えげつない折れ方してたぞ…。やばすぎでしょ》
《足の角度、えっぐ》
《最後の最後で橘しおりかわいそうだったな。それにしても落とされた姿の足の曲がり方怖すぎ》
《最後のしおりの足の向きが怖すぎる そんな所にリアルさ出さんといて ゾワっとした》
《最愛、足の角度にこだわりありすぎでしょ》
など、恐怖する声があがっている。

一体、誰が橘を手にかけたのだろうか…。

https://myjitsu.jp/archives/318702


【【ドラマ】田中みな実、最愛の過激描写に騒然…】の続きを読む

このページのトップヘ