ドラマ


衝撃…「日本沈没」Xデー巡るシミュレーションにSNS沸く
 7日に放送された小栗旬主演の日曜劇場「日本沈没-希望のひと-」(TBS系、毎週日曜夜9時~)の第4話では、「半年以内に関東圏沈没」をリークする記事…
(出典:シネマトゥデイ)


小栗 (おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は、日本の俳優・映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗。
73キロバイト (9,343 語) - 2021年11月8日 (月) 08:12



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/08(月) 10:26:28.31

11/8(月) 10:21配信
スポーツ報知

小栗旬

 俳優の小栗旬が主演するTBS系日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜・午後9時)第4話が7日放送され、世帯平均視聴率が15・5%だったことが8日、分かった。

 初回は15・8%で発進。第2話と第3話は15・7%。今回は0・2ポイント微減も4話連続で15%台の高水準を推移している。個人視聴率は9・4%だった。

 1973年に刊行された小松左京氏の同名小説を原作に、過去にも映像化されてきた大作。2023年の東京を舞台に、小栗は出世に野心を燃やす環境省の官僚・天海啓示役を演じる。

 共演者も豪華キャストがそろい、経済産業省の官僚役を松山ケンイチ、週刊誌の女性記者役を杏、総理大臣役を仲村トオル、原作屈指の人気キャラクターである田所博士役を香川照之が演じる。主題歌は菅田将暉の「ラストシーン」。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a7a87d15e6e13b3e07b8bcbf0f4ce8904af1f0b


【【ドラマ】小栗旬主演「日本沈没」好調!】の続きを読む


松下 奈緒(まつした なお、1985年2月8日 - )は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。 奈良県生駒市生まれ、兵庫県川西市出身。東京音楽大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。所属事務所はジェイアイプロモーション。所属レーベルはエピックレコードジャパン。 身長174cm。血液型はAB型。
74キロバイト (8,170 語) - 2021年10月20日 (水) 20:52



1 湛然 ★ :2021/10/21(木) 05:28:18.34

2021-10-21 05:00 ORICON NEWS
松下奈緒、『ドクターX』で孤高のスーパー看護師役 米倉涼子と最強フリーランス対決
https://www.oricon.co.jp/news/2210950/full/
ドラマ『ドクターX』第5話に出演する(左から)米倉涼子、松下奈緒(C)テレビ朝日

(出典 contents.oricon.co.jp)


(出典 contents.oricon.co.jp)



 女優の松下奈緒が、米倉涼子主演のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第5話(11日放送/後9:00)にゲスト出演することが発表された。フリーランスのスーパー看護師・那須田灯(なすだ・あかり)役で登場する。

 100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、第7シリーズをお届けしている『ドクターX』。今シリーズでは、内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が《最強の敵》として米倉演じる大門未知子の前に立ちはだかっている。

 松下が演じる灯は、そんな蜂須賀とは異なるタイプの“強者”。オペでも医師の指示を待つことなく常に的確な器械を差し出すなど、看護師としての腕は超一流。約10年前に偶然、彼女と一緒に急患のオペをしたことのある未知子も、その能力には一目置くほどだ。ところが灯ときたら…とにかく愛想が悪く、患者以外の人間に対しては態度も横柄。あの未知子が「人として問題あり」と言ってしまうほどの“大物”ぶり。

 そんな灯が第5話で突如「東帝大学病院」に雇われることに。ところが、いつだって完璧に医師をサポートする彼女がオペ看を務め、アメリカ仕込みのスーパー脳外科医・興梠広(要潤)が執刀したオペで、なぜか手術ミスが発覚し…。しかも、この一件によって誘発された《あまりにも理不尽な事件》をめぐり、未知子と灯が真っ向から激突してしまうことになる。

 孤高のスーパーフリーランス同士でありながらも、医療の世界における立場やバックグラウンドの違いから、異なるポリシーを胸に対立してしまう2人。それぞれの譲れない思い、そして決裂した関係のゆくえは。自らの腕と矜持を武器に、どんなときも力強く生き抜いてきた彼女たちが紡ぐ、波乱万丈かつ胸アツの物語に注目してほしい。

 劇中では対立する米倉と松下だが、現場ではすっかり意気投合。「実は私、このドラマのイメージが強すぎて、颯爽と歩く米倉さんを見ると『あっ、大門先生だ!』と思っちゃうんです。大門先生と最初に会ったときは、本当に感激しました!」という松下は、今回の初共演を通して“素の米倉”にも魅了されたそう。「米倉さんは本当にきれいでカッコよくて、お優しくて…! しかも、すごくチャーミングな方なので、撮影合間のおしゃべりも楽しいです」と、声を弾ませた。

 一方、米倉も「主演が多い松下さんがゲスト出演してくださるなんて、ありがたいです。しかも、すごくキリッとした方だと思っていたら、実際はめちゃくちゃお茶目でかわいらしい! 気さくな方なので、お互いに遠慮なく言いたいことも言えるし、お会いできてよかったです」とニッコリ。さらに、芝居中は「安定の落ち着き加減」にも感銘を受けたようで…。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【ドラマ】松下奈緒『ドクターX』で孤高のスーパー看護師役】の続きを読む


小栗 (おぐり しゅん、1982年12月26日 - )は、日本の俳優、映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗。
72キロバイト (9,343 語) - 2021年10月23日 (土) 02:43



1 jinjin ★ :2021/10/24(日) 23:41:10.32

<日本沈没-希望のひと->“里城副総理”石橋蓮司に視聴者憤慨「ほんまこいつ」「やりやがった」 演技力には「見事な敵役」


俳優の小栗旬さんが主演を務める、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「日本沈没-希望のひと-」第3話が10月24日に放送された。
同話では、里城副総理(石橋蓮司さん)が国家の機密情報を漏らし、インサイダー取引を進める様子が描かれた。視聴者は「副総理ほんまこいつ……」「やりやがった」「何してんねん」と憤慨した。


ドラマは、1973年に刊行された小松左京さんのSF小説「日本沈没」をアレンジし、主人公・天海啓示(小栗さん)らが2023年、一国の海中沈没という未曾有の危機に立ち向かう姿を描く。



以下、ネタバレあり



第3話では、臨海都市計画と築地再開発計画が突然延期に。
参入を表明していた旧財閥系の不動産会社が一様に参入申請を撤回し、天海は国家機密の関東沈没説が外部に漏れているのではと疑う。

調査を進めると、里城が関東沈没説を口外していたことが判明。
里城は「有事に備えての協力を企業の皆さんに要請しただけ」と言うが、その企業は軒並み東京の再開発計画から手を引き、首都圏の不動産を手放して地方の中核都市の不動産を買う動きまで見られていた……という展開だった。


里城を演じる石橋さんに対して、SNSでは「石橋蓮司のこういう悪役の演技うまいな」「はまり役すぎ。さすが」「見事な敵役」と、演技力を絶賛する声も上がっていた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/28cbdeed0342ba2001c636b018bad2fd5f7d2de3


【【ドラマ】小栗旬『日本沈没』作品を薄く広く覆っている】の続きを読む


“竹下景子「実はカキに…」“転生”明かす 朝ドラ「おかえりモネ」語りも”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年5月17日). 2021年5月18日閲覧。 ^ NHK仙台放送局 [@nhk_sendai] (2021年8月20日). "【#おかりモネ】しませんか?" (ツイート).
118キロバイト (17,206 語) - 2021年10月25日 (月) 04:34



1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/22(金) 23:07:26.37

2021年10月22日 17時55分
https://www.cinematoday.jp/news/N0126671

(出典 img.cinematoday.jp)


(出典 img.cinematoday.jp)


 来週、最終回を迎える連続テレビ小説「おかえりモネ」でヒロインを演じる清原果耶と、次回作となる「カムカムエヴリバディ」の初代ヒロイン役を務める上白石萌音が、東京・渋谷のNHK放送センターにて行われたバトンタッチセレモニーに参加した。

 現在放送中の「おかえりモネ」が来週に最終回を迎え、11月1日からは上白石とともに深津絵里、川栄李奈がヒロインを演じる「カムカムエヴリバディ」新たにスタートする。バトンタッチセレモニーでは、清原が上白石にエールを、そして上白石が清原にねぎらいの言葉を送りあい、恒例のプレゼント交換とバトンパスを行った。

 清原は「萌音ちゃんは、私がヒロインに決まったときも連絡をくれたり、撮影期間中も気にかけてくれたりして、ずっと大好きで尊敬している方なので、こうしてバトンを渡せてうれしいです。次の『カムカムエヴリバディ』の放送、楽しみにしています!」とコメント。自身がヒロインを務めあげた「おかえりモネ」も残すところわずかということで「いよいよ最終週です。気仙沼の家族や幼なじみ、気仙沼のひとたちと重ねる尊い奇跡のような日々が繊細に描かれています。愛を込めて作った大切な作品ですので、みなさんの心にぜひ残るものがあればうれしいです。最後までモネたちのことを見届けていただけたらと思います」と語った。

 一方、「カムカムエヴリバディ」で初代ヒロインとなる橘安子を演じる上白石。「同じ時期に“朝ドラ”をそれぞれ頑張っていたことがすごくうれしくて、お互いに優しいことばをかけ合ったり、精がつく食べ物を贈り合ったりしていて本当に心の支えでした。こうして果耶からバトンをもらえてとても幸せです。撮影、本当にお疲れ様でした」と清原をねぎらった。

 また、第1週について「すごく温かい人間の愛やつながりが描かれていますので、少しでも穏やかな気持ちになっていただけたらと思います。そして、ヒロインが3人いるぶん、物語は3倍速で進んで行きます。ぜひ毎日見逃さずに見ていただけるとうれしいです」と呼びかけた。

 その後、ドラマゆかりの品をプレゼント交換することになり、清原からは「手作りのインディゴのストール」が贈られた。これは、気仙沼で女性がいきいきと働ける職場をつくろうと考えた女性たちが、赤ちゃんから大人まで「どんな人にも安心して使ってもらいたい」という思いを込めたもの。受け取った上白石は「すごくきれいな深い青で手触りも柔らかく、『おかえりモネ』のタイトルバックを彷彿とさせる、とてもすてきな生地です。なんだか果耶そのものって感じがします。大事にします。ありがとうございます」と喜び。

 そして、上白石からのは御菓子司「たちばな」の特製紅白まんじゅうがプレゼントされた。甘いあんこの香りが漂う御菓子司「たちばな」で生まれた安子は、激動の人生を歩むことになるものの、その傍らにはいつも大好きな和菓子があり、劇中にある「甘くておいしいお菓子を怖い顔して食べる人はいない。怒っていても、くたびれていても、悩んでいても、自然と明るい顔になる」という言葉通り、和菓子は安子の気持ちを奮い立たせてくれる大切な存在となる。

 清原は「『カムカムエヴリバディ』と『おかえりモネ』のロゴが並ぶととっても可愛いです。とてもすてきなおまんじゅうなので、食べてしまうのがもったいないですが、みんなでおいしく食べたいと思います。ありがとうございます」と語った。(編集部・大内啓輔)


【【ドラマ】おかえりモネ、朝ドラバトンタッチ】の続きを読む


相葉 雅紀(あいば まさき、1982年〈昭和57年〉12月24日 - )は、日本の男性タレント、司会者、俳優、歌手であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。千葉県千葉市出身。ジャニーズ事務所所属。愛称は「相葉くん」「まーくん」「相葉ちゃん」 。 1999年に嵐のメンバーとして、CDデビューを果たした。
50キロバイト (6,682 語) - 2021年10月14日 (木) 10:51



1 湛然 ★ :2021/10/19(火) 05:26:54.49

相葉雅紀:主演ドラマで家事シーンたっぷり アジもさばく「相葉マナブやってきてよかった」
2021年10月19日 MANTANWEB
https://mantan-web.jp/article/20211019dog00m200000000c.html
ドラマ「和田家の男たち」のリモート記者会見に出席した(左から)佐々木蔵之介さん、相葉雅紀さん、段田安則さん=テレビ朝日提供

(出典 storage.mantan-web.jp)



 相葉雅紀さんがこのほど、主演ドラマ「和田家の男たち」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)のリモート記者会見に出席。ドラマには、相葉さんが家事をするシーンがたくさん登場するといい、「(撮影現場で)アジをさばいてくださいって言われることもありまして。(自身の料理番組)『相葉マナブ』をやってきてよかったなと思いました」と話した。

 料理以外の家事のシーンについては、「今回、裁縫も練習しました。やったことがなかったので。おじいさんのボタンが取れているのを直すシーンがあるのですが、その練習とかをしました。いっぱいできるようになってきましたね」と振り返っていた。会見には、共演の佐々木蔵之介さん、段田安則さんも出席した。

 本作は、息子はネットニュース記者、父はテレビ局報道マン、祖父は新聞記者のマスコミ一家「和田家」を描くホームドラマ。「あのときキスしておけば」(同局系)などの大石静さんが脚本を手がけるオリジナル作品。10月22日にスタートする。 

(おわり)


【【ドラマ】相葉雅紀「和田家の男たち」家事シーンたっぷり】の続きを読む

このページのトップヘ