バケモノの子』(バケモノのこ)は、2015年に公開されたスタジオ地図制作日本アニメーション映画。 『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこども雨と雪』に続く細田守監督による長編オリジナル作品第4作である。細田は前作に続き、自ら脚本も手がける。本作では、バケモノたち
36キロバイト (5,678 語) - 2021年6月8日 (火) 09:21



(出典 rrryoko.com)



1 muffin ★ :2021/06/08(火) 15:26:05.88 ID:CAP_USER9.net

https://hochi.news/articles/20210607-OHT1T51189.html

劇団四季が2022年4月から東京・港区のJR東日本四季劇場(秋)にて、細田守監督の長編アニメーション映画「バケモノの子」(2015年公開)を原作とした新作オリジナルミュージカルを上演すると8日、発表した。

映画「バケモノの子」は2016年の第39回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど高い評価を得た作品。細田氏は「劇団四季の皆さんによってミュージカル化されることになり、大変光栄に思っています」とコメントした。

劇団四季の吉田智誉樹社長は「本作が伝えるのは、大切な人と共に強く生きていくことの素晴らしさです。これは、創立以来四季作品に受け継がれる『人生の感動』『生きる喜び』というテーマにも通じると言えます」とコメント。四季では近年、オリジナル作品創作に力を入れているとし「今回は国産ミュージカルとして最大級の長期公演に挑みます。四季の創作活動においてひとつの到達点とも言える作品になることでしょう。どうぞご期待ください」とした。8月下旬には主人公・蓮(九太)などの子役オーディションを行う予定だ。


(出典 hochi.news)


【【芸能】劇団四季、細田守監督「バケモノの子」をミュージカル化】の続きを読む