前山田健一 (ヒャダインからのリダイレクト)
、作詞家、作曲家、編曲家、動画投稿者。血液型O型。 大阪府大阪市住吉区出身。歌手やタレントとして活動する際はヒャダイン名義を用いている。作曲家としてはファイブエイス所属。タレント「ヒャダイン」としてはスターダストプロモーション所属。 父親は沖縄県石垣島出身のカメラマン。3歳の頃からピアノを始め、中
83キロバイト (8,048 語) - 2021年7月19日 (月) 05:46



1 シャチ ★ :2021/07/19(月) 23:19:07.92 ID:CAP_USER9.net

“風評被害”も良いところだ。東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲担当を19日、辞任した小山田圭吾(52)の過去のいじめ問題を受けて、思わぬ人物がとばっちりを受けてしまっている。

 被害に遭ったのは音楽プロデューサーのヒャダインこと前山田健一(41)。“いじめ自慢”をした小山田とは苗字が1字違いで、人違いをした一部ネットユーザーから「ヒャダインの音楽もう聞かない」など見当はずれなコメントが見られた。

 あらぬ疑いをかけられてしまったヒャダインはツイッターで「風評被害を本気で避けたいので、勘違いされている方々に声掛けしたいと思っています。。」と注意喚起。「私は前山田です。オリパラとは関係ございません! よろしくお願いします」と釈明に追われる事態となってしまった。

 開会式の楽曲が白紙になってしまったことで、ネット上では新しい楽曲候補が大喜利のように挙げられているが、ヒャダインは「マツケンサンバⅡ」を推しているそう。「マツケンサンバⅡが演舞される五輪OPは観たい!!」と暗いムードを払拭させそうな同曲に期待を寄せた。

7/19(月) 22:56配信 東スポWeb
https://news.yahoo.co.jp/articles/019bdb52343f02b07927127ad90b204a2d9ef476
前山田健一氏

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】ヒャダイン「私は前山田です。」】の続きを読む