中村 獅童(なかむら しどう)は、歌舞伎役者の名跡の一つ。初代の屋号は播磨屋、当代は萬屋。初代の定紋は揚羽蝶、当代は桐蝶。 名跡の由来は、初代の父三代目中村時蔵の俳名。 初代 中村獅童 三代目中村時蔵の三男、1929–2008。若くして歌舞伎役者を廃業して映画プロデューサーに転向、弟や息子を支えた。
952バイト (161 語) - 2021年5月27日 (木) 19:00



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/17(金) 16:45:10.98

9/17(金) 15:35

デイリースポーツ
中村獅童 体調不良訴え休演 京都・南座「九月南座超歌舞伎」
 中村獅童
 京都・南座は17日、「九月南座超歌舞伎」に出演中の中村獅童が体調不良を訴えたため、同日の公演を休演することを発表した。

 中村獅童は現在、3日からバーチャルシンガー・初音ミクとコラボする「九月南座超歌舞伎」に出演中、南座は松竹のガイドラインに則り、大事をとって」と伝えた。また、同日の午後3時30分に開演するリミテッドバージョンの「御伽草紙戀姿絵」に関しては、一部演出を変更して上演するという。

 18日以降の公演につきましては、追って松竹公式ホームページ、歌舞伎美人で発表される。南座は「今後とも、ご来場の皆様の安全の確保は勿論のこと、出演者、公演に携わる全ての関係者の安全を確保し感染拡大防止に向け、迅速に対応措置を実施してまいります」とした。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1be44a271e5254e6076d615ccde122a5b11abd47


【【芸能】中村獅童、体調不良訴え休演】の続きを読む