中谷美紀


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
56キロバイト (6,261 語) - 2022年3月12日 (土) 22:28

1 フォーエバー ★ :2022/04/14(木) 17:24:51.98

「下手くそ!」と罵られて

「中谷は同作で、数奇な運命に翻弄される主人公を演じましたが、2015年放送の『A-Studio』で語った撮影現場のエピソードは、映画の内容以上にショッキングなものでした。なんでも撮影中、中島監督から怒鳴られ続けた中谷は、睡眠時間が1日1時間の日が続いたこともあり、『「辞めろ」とか「*てやる」とか毎日言われていたので、途中で本当に嫌になってしまって、涙が止まらなくなって』撮影を放棄したというんです。

 ほかにも、中谷は公開当時から、撮影時のエピソードを各所で披露しており、撮影放棄のきっかけになったのは、監督の『あんたの感情なんてどうでもいいから』という言葉だったこと、また『顔が気持ち悪い』と罵声を浴びせられたことなども、つまびらかに語っていました。それでも中谷はのちに、中島監督に再会した際、同作の撮影期間について『今では豊かな日々だったと思います』と述べ、『思い出深い……何かの折に思い出す作品ですし、一生、私の原点になる作品だと思います』と断言しています」(同・前)

 また『渇き。』で、謎の失踪を遂げた女子高生役を演じ、スクリーンデビューを飾った小松菜奈も、中島監督の現場で涙を流したことを明かしている。

「小松は、ウェブメディア『cakes』のインタビューで、中島監督から何度も『下手くそ!』と叱られていたと語り、『あまりに何度もダメ出しが入ったので、「どうしたら私に加奈子が演じられるんだろう?」っていう感情がガーッとこみ上げてきて、思わず現場で泣いちゃいましたね』と振り返っていました。ただ小松本人は、中島監督のことを『すごく優しい方だった』と受け止めているそうです」(同・前)

 『フラガール』(2006年)、『悪人』(2010年)、『怒り』(2016年)などで知られる李相日監督もまた、俳優への厳しい演出が疑問視されている。『怒り』で、当時未成年の広瀬すずは、沖縄の米兵に乱暴される女子高生という難役に挑んだが、李監督からの言葉に「恐怖」を感じたことを、2021年11月放送の『情熱大陸』(TBS系)で語っていた。

4/14(木) 17:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2a4585abd70f6ff99bc94c29509c642972abfbe?page=2

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】中谷美紀、スパルタ指導】の続きを読む


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
53キロバイト (5,882 語) - 2021年10月5日 (火) 02:08



1 フォーエバー ★ :2021/10/10(日) 12:01:05.78

2021年10月10日 11時40分 TOKYO FM+

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。9月20日(月・祝)の放送は、女優・中谷美紀さんがゲストに登場。ここでは、結婚後のオーストリアでの暮らしについて語りました。


◆オーストリアでの生活を経て日本の美しさを再確認
坂本:美紀ちゃんはオーストリア在住の方(ドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏)と結婚され、いまは日本でお仕事をしながら向こうで生活をされているんですよね。

中谷:そう。

坂本:なんかピッタリだなと思いました!

ちなみに(美紀ちゃんの旦那さまは)“女優さんの夫”という、特殊な環境かなと思うんですけど、美紀ちゃんは旦那さまにサポートしてもらうんですか? お互いクリエイティブな仕事についていて、どうサポートし合っているんですか?

中谷:結婚なんてまるで考えていなかったときから「うまくいくのかな?」って思っていましたね。お互いに自分自身の時間が必要ですし、旅も多い仕事ですし。でも、むしろそれが良かったみたいです。どちらかがどちらかの犠牲になるのではなく、お互い自由に仕事もしつつ、尊重し合っていて。

(例えば)彼が洗濯物を干してくれて、それで私が「ありがとう」って言うと、「何でお礼を言うの?」って。「これは自分の仕事だし、一緒に暮らしているんだから当然でしょ」って言う人だったので、ありがたいことにとても助かっています。

◆オーストリアで苦労することは?

坂本:(美紀ちゃんが書いたエッセイ)「オーストリア滞在記」(幻冬舎文庫)では、向こうでの生活を綴られています。言語やカルチャーの違いもあるなかで、生活は慣れてきましたか?

中谷:最初は本当に戸惑いましたね。ドイツ語圏なので、まず言葉が通じない。英語が通じないのでお肉屋さんでも「鶏のもも肉・骨なしにしてください」って言えなくて(笑)。本当に塊肉ばかりなので。「薄切りにしてください」ってお願いするんですけれど、8ミリぐらいになってしまったり(苦笑)。いまだに薄切り肉は苦戦していますね。

坂本:旦那さんとの会話は何語ですか?

中谷:最初は英語だったんですけれど、いまは必死でドイツ語を勉強しています。

坂本:ドイツ語は英語と全然違うし、ニュアンスが違いますよね。

中谷:そう。まず文法が難しい。男性名詞・女性名詞・中性名詞って、名詞が3種類あるので、それを使い分けるのが難しくて。いっそジェンダーフリーでいいんじゃないか? って勝手に思っているんですけれど(笑)。

坂本:雑誌で見たんですけど、ガーデニングをしているんですよね?

中谷:(住んでいるところが)周りに山と湖しかない田舎なので。40kgの土を担いで歩いて、穴を掘って、草むしりをして……。でも、それが楽しくて。たぶん美雨ちゃんにとってのサバ美ちゃん(愛猫)が、私にとっては植物なんですよ。

◆日本の美しさを再確認

坂本:ちなみに日本に帰ってきたときは、オーストリアとの生活にギャップを感じますか?

中谷:(日本では忙しくて)お友達に会う時間もないんですけれど、日本は日本で美しい文化がたくさんあって。少し前に仕事も兼ねて京都に行ってきたのですが、やっぱり美しいですね。日本は工芸や歴史も含め、何につけても美しいなと思います。両方好き。でも、それは美雨ちゃんもそうでしょう? ニューヨークの暮らしと日本の暮らしで。

坂本:好きですね。たまにニューヨークに帰るとホッとするし、英語をしゃべると、またちょっと違う自分になって。そういえば、美紀ちゃんはInstagram(@mikinakatanioffiziell)も始められたそうですね!

中谷:そうなんです。まだ慣れていないんですけれどね(笑)。

坂本:お花や器などが投稿されていますけど、名前は……ドイツ語ですか?

中谷:そうです。「ドイツ語をちゃんと学ぶぞ!」っていう自分への戒めでドイツ語にしたんです。そうでもしないと、サボってしまって学ばないので(笑)。

映画「総理の夫」は現在公開中です。お近くの上映劇場は、公式Webサイトからご確認ください。


https://news.livedoor.com/article/detail/21004257/


【【芸能】中谷美紀「洗濯物を干してくれた夫にありがとう」】の続きを読む


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
53キロバイト (5,882 語) - 2021年9月24日 (金) 13:30



1 muffin ★ :2021/09/27(月) 14:38:03.80

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ab97d7ede538ae85c80ffb0b8ce1f8e7f06a376
TBS

映画「総理の夫」の初日舞台挨拶が行われ、田中圭さん、中谷美紀さんらが登場しました。映画は、日本初の女性総理とその夫が、政治に翻弄されながらも夫婦一丸となってさまざまな困難を乗り越えていく物語です。

イベントでは“組閣会議”と題し、“おしゃれ大臣”を任命することになり、貫地谷さんは「すごいアピールしてくるんですけどやっぱり中谷さん演じた総理かなと」。工藤さんは「まぁ1人先輩がこちらへアピールされていますけど、中谷さんですかね」。松井さんも「はい・・・そうですね・・・中谷さんです!中谷さんで!」。田中さんが必死にアピールしていましたが、それも虚しく、満場一致で中谷さんが“おしゃれ大臣”に決まりました。貫地谷さんは「大階段を下りてくるシーンがすさまじく美しくて写真を撮らせてもらった」。工藤さんも「大階段から降りられたときに思わず『うわ……』って(声が)もれちゃいましたもん!」と、中谷さんの美しさを大絶賛!その様子に田中さんは「分かってましたから!全然!全然!驚かないです!正直ショックもないです!」と負けを認めました。


(出典 www.musicvoice.jp)


(出典 www.nikkansports.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【【芸能】中谷美紀、すさまじい美しさ】の続きを読む


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
53キロバイト (5,843 語) - 2021年9月17日 (金) 05:01



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 02:07:38.18

9/20(月) 22:52配信
スポニチアネックス

中谷美紀

 女優の中谷美紀(45)が20日放送の日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP」(後9・00)に出演した。中谷は18年11月にドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏(52)と結婚、現在はオーストリア・ザルツブルクと日本を行き来する生活を送っている。

 中谷がオーストリアで始めた習慣として上げたのがロードバイクと自動車の運転。中谷はずっと運転免許を持っていなかったが、夫から「40歳で初めて取らされたと言いますか…。僕は運転手なの?って言われまして。運転もできない自立していない女性と一緒にいられない、って言われまして」と一念発起。「必死になって取りまして、教習所に通ったんですよ」と語った。でも「乗り始めたら楽しいですね。車って」と笑った。

 また、ロードバイクはフェヒナー氏の趣味で、「体力づくりのため」と中谷も乗り始めたという。だが、一緒に走り始めると「1時間で十分かな」という中谷と「7、8時間平気」なフェヒナー氏との間で「ケンカになる」ことから、今では「ヘトヘトに疲れた頃に合流する」と笑っていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b4218e8ad14027ae9bdf0082e0ef9b850de6828


【【芸能】中谷美紀、40歳で自動車の免許を取ったきっかけ】の続きを読む


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
52キロバイト (5,696 語) - 2021年6月21日 (月) 23:44



1 首都圏の虎 ★ :2021/07/09(金) 07:08:06.70 ID:CAP_USER9.net

6月中旬の東京。恵比寿にある商業施設から出てきたのは、鮮やかなピンクのドレスが目をひく中谷美紀(45)。

撮影が終わったあとのようだ。周囲のスタッフと目を合わせて挨拶をする中谷の様子は、遠目に見ても丁寧で感じがいい。現場には、田中圭(36)の姿も。

「中谷さんと田中さんは9月公開の映画『総理の夫』でW主演を務めます。昨秋クランクアップしていますから、その日は宣伝のための撮影でしょう」(芸能関係者)

秋公開作の宣伝活動が始まっているとはやや早い気もするが……。

「中谷さんが日本にいるうちに、ということなのでは。彼女はオーストリアと日本の二重生活中ですからね」(前出・芸能関係者)

’18年11月に8歳年上のドイツ人ヴィオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏との結婚を発表した中谷。

「彼が’16年にコンサートで来日した際に、飲食店でたまたま近くに居合わせたのが、出会いです。一人で食事していた中谷さんの携帯電話が鳴ってしまい、数人で食事していた彼のグループに謝ったことから会話が始まったそうです」(スポーツ紙記者)

映画のような出会いから間もなくして交際を開始し、のち結婚。この4年ほど、中谷は1年の半分ほどをオーストリアで過ごして、仕事があるときには日本に帰る、という生活スタイルをとっている。

ただ、この国際結婚夫婦もコロナ禍に直撃されてーー。

■「夫はツアー中止で失業状態に…」

《夫は予定されていたツアーが次々中止となり、失業状態》(『婦人公論』2月24日号)

そう中谷自身が話している。

「夫のフェヒナー氏は世界三大オーケストラに数えられるウィーンフィルの奏者として世界を飛び回る身。平時は忙しい人です。ただコロナ禍で昨年3月から6月までは公演がすべてストップ。その後も通常どおりには公演できていない状態です」(前出・芸能関係者)

そんな状況を受けてか、中谷には心境の変化があったようでーー。

「今年5月にインスタグラムを始めたんです」(前出・芸能関係者)

公式サイトで中谷は、これまでSNS発信をしなかった理由を次のようにつづっている。

《たったひとりの静かな時間を確保するために、お休みの日を誰かに知られてしまうことを何よりも恐れていました》(6月2日付)

守ってきた“自分ひとりの時間”を捨てSNSを解禁したことを、前出の芸能関係者はこう見る。

「海外生活ということもあり、私生活を見せることに抵抗がなくなっているのかもしれません。2月にはオーストリアでの田舎暮らしをまとめた著作も出版しています。それに夫の仕事が減ったことで、“私が仕事を頑張らなくちゃ”と気を引き締めた部分もあったのでは。中谷家は“夫婦のお財布は別”だそうですが、いざというときは支え合っていくでしょうから」

映画『総理の夫』は中谷演じる史上初の女性総理とその夫の物語。凛として“出稼ぎ”に励む、中谷のたくましさにぴったりだーー。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ca71008fd18af78abb886a3de25a1e417527c9bb

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】中谷美紀、出稼ぎ帰国奮闘に音楽家夫の苦境】の続きを読む

このページのトップヘ