俳優


吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年(昭和20年)3月13日 - )は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)出身。早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業。 1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の
73キロバイト (10,036 語) - 2022年4月7日 (木) 09:28

1 湛然 ★ :2022/04/18(月) 05:16:17.82

吉永小百合、18年間映画館存在しない長崎・五島に感動届けた 主演映画『いのちの停車場』上映「また来ます」
4/18(月) 5:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a60f61924e0736613f5e2681158026eb8301692
女優65周年、歌手60周年の節目の年を迎えた小百合。大きなスクリーンで見る映画の醍醐味を島民と分かち合った=長崎・五島市

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



女優、吉永小百合(77)が17日、長崎・五島市の福江文化会館で行われた主演映画「いのちの停車場」の上映会に出席した。

五島列島に1000万本以上自生する椿を使って地域活性化を目指す「五島の椿プロジェクト」の特別企画で、自身がプロジェクトのサポーターを務める縁で実現。昨年5月に公開された同作は、五島でも問題になっている在宅医療をテーマにした作品で、島民に勇気を与えるために訪れた。

当初は昨秋に来島する予定だったが、コロナ禍で延期になっていただけに喜びもひとしお。2011年の初来島以来、2年ぶり5度目の来島を椿に迎えられた小百合は、「なんとしてでもこの春には実施したかった」と念願達成に感激。五島は2004年に映画館が閉館して以来18年間存在しておらず、小百合からの粋な贈り物に約1500人の島民は笑顔の花を咲かせた。

映画に対する思いを届けた小百合は、「60年以上映画の世界で仕事をしてきましたけれども、映画がとても好きで、これからももう少し映画に出演していきたいと願っております」と〝生涯現役〟を約束。「皆さまに見ていただけるような映画を作って、また五島に来ます」と再訪を誓った。

★「お魚がおいしい」

友人の誘いで11年に五島に初めて訪れた小百合は、「とても素晴らしい場所で、特にお魚がおいしい。ホテルの近くの魚屋さんで尾頭付きのタイが200円で売っていたのはびっくりしました」などと述懐。プロジェクトについては「当時は椿のことはあまり知らなかったのですが、椿の生命力やさまざまな活用法を知って、私も是非応援したいと思いました」と声を弾ませ、今後の構想を問われると「パンが好きなので椿酵母のパンが食べてみたい」と提案し、会場を沸かせた。

(おわり)


【【映画】吉永小百合、映画館存在しない長崎・五島に感動届けたい】の続きを読む


新田 真剣佑(あらた まっけんゆう、Mackenyu, 1996年〈平成8年〉11月16日 - )は、日本とアメリカの俳優。本名は前田 真剣佑(まえだ まっけんゆう)。旧芸名は真剣佑(まっけんゆう)。 父は千葉真一、弟は眞栄田郷敦、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗。
35キロバイト (4,051 語) - 2022年4月10日 (日) 13:27

1 冬月記者 ★ :2022/04/14(木) 00:41:50.04

https://social-fill.com/archives/10906

新田真剣佑「月給50万円」東谷義和暴露で「トップコート安すぎでは」との声も…


俳優の新田真剣佑に関し、実業家の東谷義和氏が「ガーシーch」で暴露動画を出した。

 10日、東谷氏はチャンネル登録者数100万人突破を記念して新田の暴露を実施。彼の女性関係の激しさや横暴さ、港区界隈での評判の悪さ、反社会勢力とのつながり、ステマでの数千万円~億単位の脱税疑惑などを暴露。

 女性関係などはイメージにダメージがあるだけだが、脱税が本当なら税務署が動く可能性もあり、大事になりそうだ。現在米国で活動する新田だが、今後の仕事にも影響がある可能性もゼロではないだろう。

一方で、東谷氏と交流があった当時の新田は、芸能事務所トップコートに所属していた。佐々木希や杏、松坂桃李や菅田将暉など人気芸能人が多数所属している。


当時の月給は「50万円」?

 東谷氏いわく、新田の当時の月給は「50万円」だったようだ。

この金額に「新田真剣佑、給料50万は低過ぎだわな」「まぁ確かに給料安い」との意見もある。今をときめく人気俳優であることを考えると安すぎる印象はあるが、東谷氏の話が本当であれば、当時はまだ売り出し中の時期だったということだろうか。

 いずれにせよ人気イケメンとしては物足りない金額だったのかもしれない。仮に、それがステマやそれに伴う脱税に走らせたとするならばストーリーとしては成り立ってしまうところだが……。

 いずれにせよ新田は千葉真一さんの息子で、とんでもない「ボンボン」ではあった。やはり世間感覚とは違うのかもしれない。


【【芸能】新田真剣佑「トップコート安すぎでは…」】の続きを読む


髙嶋 政宏(たかしま まさひろ、1965年10月29日 - )は、日本の俳優、タレント、司会者。東京都世田谷区出身。成城学園中学校高等学校、成城大学法学部卒業。身長185cm、体重78kg。東宝芸能所属。別名スターレス髙嶋。父は高島忠夫、母は寿美花代、弟は高嶋政伸、妻はシルビア・グラブ。
44キロバイト (5,110 語) - 2022年4月7日 (木) 03:36

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/07(木) 12:41:31.89

4/7(木) 12:15配信
スポーツ報知

 俳優の高嶋政宏が7日、木曜パーソナリティを務めるフジテレビ系新番組「ポップ UP!」(月~金曜・午前11時45分)を欠席した。

 同番組は今月4日にスタート。木曜日はこの日が初回だったが、MCで同局の佐野瑞樹アナウンサーが「曜日パーソナリティの高嶋政宏さんは出演舞台の稽古で静岡にいるため欠席ということになっております」と伝えた。

 代わりにタレントの東野幸治が出演。スタジオに登場した東野は「おかしくないですか?栄えある1発目、高嶋さん、静岡で舞台稽古ってこっちの方が大事じゃないですか」と突っ込んでいた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c185fd1759977c7e07b134dec5edb96b5db9bb5


【【テレビ】高嶋政宏、フジ新番組のレギュラー初回を欠席】の続きを読む


中谷 美紀(なかたに みき、1976年1月12日 - )は、日本の女優、歌手。東京都出身。クリエートジャパンエージェンシーを経てスターダストプロモーションに所属していたが、2015年7月31日に退社し、個人事務所・ジーアールプロモーション所属。夫はドイツ出身のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー。
56キロバイト (6,261 語) - 2022年3月12日 (土) 22:28

1 フォーエバー ★ :2022/04/14(木) 17:24:51.98

「下手くそ!」と罵られて

「中谷は同作で、数奇な運命に翻弄される主人公を演じましたが、2015年放送の『A-Studio』で語った撮影現場のエピソードは、映画の内容以上にショッキングなものでした。なんでも撮影中、中島監督から怒鳴られ続けた中谷は、睡眠時間が1日1時間の日が続いたこともあり、『「辞めろ」とか「*てやる」とか毎日言われていたので、途中で本当に嫌になってしまって、涙が止まらなくなって』撮影を放棄したというんです。

 ほかにも、中谷は公開当時から、撮影時のエピソードを各所で披露しており、撮影放棄のきっかけになったのは、監督の『あんたの感情なんてどうでもいいから』という言葉だったこと、また『顔が気持ち悪い』と罵声を浴びせられたことなども、つまびらかに語っていました。それでも中谷はのちに、中島監督に再会した際、同作の撮影期間について『今では豊かな日々だったと思います』と述べ、『思い出深い……何かの折に思い出す作品ですし、一生、私の原点になる作品だと思います』と断言しています」(同・前)

 また『渇き。』で、謎の失踪を遂げた女子高生役を演じ、スクリーンデビューを飾った小松菜奈も、中島監督の現場で涙を流したことを明かしている。

「小松は、ウェブメディア『cakes』のインタビューで、中島監督から何度も『下手くそ!』と叱られていたと語り、『あまりに何度もダメ出しが入ったので、「どうしたら私に加奈子が演じられるんだろう?」っていう感情がガーッとこみ上げてきて、思わず現場で泣いちゃいましたね』と振り返っていました。ただ小松本人は、中島監督のことを『すごく優しい方だった』と受け止めているそうです」(同・前)

 『フラガール』(2006年)、『悪人』(2010年)、『怒り』(2016年)などで知られる李相日監督もまた、俳優への厳しい演出が疑問視されている。『怒り』で、当時未成年の広瀬すずは、沖縄の米兵に乱暴される女子高生という難役に挑んだが、李監督からの言葉に「恐怖」を感じたことを、2021年11月放送の『情熱大陸』(TBS系)で語っていた。

4/14(木) 17:01配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2a4585abd70f6ff99bc94c29509c642972abfbe?page=2

(出典 i.imgur.com)


【【芸能】中谷美紀、スパルタ指導】の続きを読む


鈴木 砂羽(すずき さわ、1972年9月20日 - )は、日本の女優。静岡県浜松市中区出身。ホリプロ(2021年7月まで)を経て、T-artist所属(2021年10月から)。 女子美術大学短期大学部中退後、文学座の研究生となる。 研究所卒業後の1994年に、映画『愛の新世界』で主演デビューを果た
26キロバイト (2,998 語) - 2022年3月3日 (木) 15:54

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/14(木) 11:55:04.75

4/14(木) 11:40
デイリースポーツ

鈴木砂羽、映画監督と会食で罵倒受けた過去告白 業界の改善願う
 
 女優の鈴木砂羽が12日にウェブサイト「note」に文章を掲載し、過去に映画監督から罵倒された経験を明かした。

 鈴木は「無性に書きたくなって。」と題して文章を掲載。自身を次回作の主演に指名していた監督の作品の試写会を訪れ、その後に監督と関係者をまじえて会食した際の出来事を伝えた。

 監督は鈴木が思ったような感想を語らなかったことで機嫌を損ね、次第に鈴木の過去の作品やその作品の監督を罵倒し始めた。となりに居たプロデューサーも監督と一緒になって怒りをあらわにしていた。さらに、監督は過去に交際していた女優の名前を出し、自身の功績で売れるようになったとも語った。

 途中でかかってきた電話に鈴木が思わず出てしまったため、監督の怒りはピークに。鈴木のマネジャーは謝罪したが、鈴木自身は当然のようにその監督の作品に出演する気はうせており、その場を去ったという。

 鈴木は記述について「あくまでワタシ側の主観」と説明。監督の名前を見ても「もう自分には関係のない人物だと処理してきた」とした。

 当時、表沙汰にしなかったのは「この世界、沈黙は身を守る事だ。事を荒立てたくなかったら沈黙。」と教えられていたから。しかし、「でもこれからは違う。泣き寝入りしてはいけない。事務所も見て見ないふりはしてはいけない。長いモノに巻かれてやり過ごす時代は終わった。」と流れが変わったことを強調した。

 弱い立場の人々を「現場で立ち向かう勇気を持って欲しいと願う。」と激励。「敢えてそういう『枕営業』する女性もいることは事実」と認めた上で「あなたに対して真剣な人の顔を思い浮かべてみて欲しい。」と呼びかけた。

 性加害報道については「あんな性の悪鬼みたいな人たちだけがこの業界を作っているわけではないのだ。自分たちが変わると決めて、映画業界がまた新しい息を吹き返すことを願い、これから自分たち世代もまだまだ映画を諦めず、俳優、スタッフ互いの尊重と尊敬、感謝を忘れずに盛り上げていきたい。」と改善のきっかけになることを期待した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ad455023ac1198cdc925a0606b6e206c01867d3


【【芸能】鈴木砂羽、映画監督と会食で罵倒受けた過去告白】の続きを読む

このページのトップヘ