吉永小百合


吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年(昭和20年)3月13日 - )は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)出身。早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業。 1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の
73キロバイト (10,036 語) - 2022年4月7日 (木) 09:28

1 湛然 ★ :2022/04/18(月) 05:16:17.82

吉永小百合、18年間映画館存在しない長崎・五島に感動届けた 主演映画『いのちの停車場』上映「また来ます」
4/18(月) 5:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a60f61924e0736613f5e2681158026eb8301692
女優65周年、歌手60周年の節目の年を迎えた小百合。大きなスクリーンで見る映画の醍醐味を島民と分かち合った=長崎・五島市

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



女優、吉永小百合(77)が17日、長崎・五島市の福江文化会館で行われた主演映画「いのちの停車場」の上映会に出席した。

五島列島に1000万本以上自生する椿を使って地域活性化を目指す「五島の椿プロジェクト」の特別企画で、自身がプロジェクトのサポーターを務める縁で実現。昨年5月に公開された同作は、五島でも問題になっている在宅医療をテーマにした作品で、島民に勇気を与えるために訪れた。

当初は昨秋に来島する予定だったが、コロナ禍で延期になっていただけに喜びもひとしお。2011年の初来島以来、2年ぶり5度目の来島を椿に迎えられた小百合は、「なんとしてでもこの春には実施したかった」と念願達成に感激。五島は2004年に映画館が閉館して以来18年間存在しておらず、小百合からの粋な贈り物に約1500人の島民は笑顔の花を咲かせた。

映画に対する思いを届けた小百合は、「60年以上映画の世界で仕事をしてきましたけれども、映画がとても好きで、これからももう少し映画に出演していきたいと願っております」と〝生涯現役〟を約束。「皆さまに見ていただけるような映画を作って、また五島に来ます」と再訪を誓った。

★「お魚がおいしい」

友人の誘いで11年に五島に初めて訪れた小百合は、「とても素晴らしい場所で、特にお魚がおいしい。ホテルの近くの魚屋さんで尾頭付きのタイが200円で売っていたのはびっくりしました」などと述懐。プロジェクトについては「当時は椿のことはあまり知らなかったのですが、椿の生命力やさまざまな活用法を知って、私も是非応援したいと思いました」と声を弾ませ、今後の構想を問われると「パンが好きなので椿酵母のパンが食べてみたい」と提案し、会場を沸かせた。

(おわり)


【【映画】吉永小百合、映画館存在しない長崎・五島に感動届けたい】の続きを読む


吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年(昭和20年)3月13日 - )は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)出身。 1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の映画に出演。吉田正(作曲家)の門下生と
68キロバイト (9,458 語) - 2021年6月1日 (火) 09:06



(出典 storage.mainichikirei.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/02(水) 08:05:44.66 ID:CAP_USER9.net

女優の吉永小百合(76)が1日、東京・丸の内TOEIで主演映画「いのちの停車場」(成島出監督)の全国公開記念舞台あいさつに広瀬すず(22)、田中泯(76)らと出席した。

 今月20日まで緊急事態宣言が延長されたが、映画館への休業要請が緩和されたことで、この日から東京、大阪での上映が始まった。5月21日の封切り後、初めて観客の前に立った吉永は晴れやかな表情で「東京の初日に来てくださいまして、本当にありがとうございます」と感謝し「スクリーンから飛まつは飛びません」と劇場内の安全性もアピール。これまでの日々を振り返り、感極まった様子で涙ぐむ場面もあった。

 最初の週末2日間(5月22~23日)の全国映画動員ランキングで1位を獲得するなど好スタートを切った。吉永の耳にもこれまでにない反応が届いているという。「家族の中にご病気の方がいらしたり、つらいことがあったけど、映画を見て元気になりましたと手紙をもらっています。こういう時期ですから、命のこと、生きることを考えてくださっているのかなと思います」と明かした。

 映画は吉永が医師役に初挑戦し、患者やその家族に寄り添う物語。映画館の再開を喜ぶ一方で「飲食関係とか、まだまだ苦しい思いをしていらっしゃる方がたくさんいると思います。私が映画の中ですずちゃんを思いっきりハグしたように、抱き合ったり、握手したり、そういうことができますように願っています」と思いを込めた。

 東京、大阪の映画館が営業再開したことで、公開館数は5月31日の323館から375館に拡大された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/37fdce73f9176da6c525ad398a3dc8004f78a702
6/2(水) 6:00配信


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】吉永小百合「スクリーンから飛沫は飛びません」】の続きを読む


吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年(昭和20年)3月13日 - )は、日本の女性俳優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。旧姓、吉永。東京都渋谷区代々木西原町(現・西原)出身。 1960年代を代表する人気映画女優。10年間で、70本以上の映画に出演。吉田正(作曲家)の門下生と
68キロバイト (9,419 語) - 2021年5月16日 (日) 08:24



(出典 img.sirabee.com)



1 朝一から閉店までφ ★ :2021/05/20(木) 16:46:14.61 ID:CAP_USER9.net

2021年05月20日

 女優の吉永小百合さんが、5月21日午後1時から放送される黒柳徹子さんの長寿トーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演する。自身122本目となる映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)で初の医師役を演じた吉永さん。夫に患者役をしてもらい鍛練を積んだという役作りについてや、亡き両親との思い出などを語る。
 映画は「終末期医療」もテーマとなっており、演じた役には父の治療に悩むシーンがある。実は吉永さんの父も、食事で喉を詰まらせ意識を失い脳死状態に。3カ月間、家族で介護を続け、吉永さんもできる限り付き添っていたが、海外ロケ中に79歳で亡くなってしまった。番組では、吉永さんが、当時つづっていた看護日誌を持参する。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://mantan-web.jp/article/20210519dog00m200020000c.html


【【芸能】吉永小百合、亡き両親の思い出語る】の続きを読む

このページのトップヘ