孤独のグルメ


松重 (まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本の俳優。ザズウ所属。 西南学院高等学校、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。 かつては東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに参加していた。 中学生の時、友達が持っていたセックス・ピストルズのレコードを聴き、パンクロックなどの激しい
82キロバイト (10,979 語) - 2021年9月29日 (水) 20:23



【【ドラマ】松重豊「チキンのシャリピアン!」】の続きを読む


松重 (まつしげ ゆたか、1963年1月19日 - )は、日本の俳優。ザズウ所属。 西南学院高等学校、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。 かつては東京サンシャインボーイズ、蜷川スタジオに参加していた。 中学生の時、友達が持っていたセックス・ピストルズのレコードを聴き、パンクロックなどの激しい
82キロバイト (10,979 語) - 2021年9月29日 (水) 20:23



1 muffin ★ :2021/09/25(土) 18:16:30.22

https://dogatch.jp/news/tx/103577/detail/

松重豊が主演を務める『孤独のグルメSeason9』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の最終話が、9月24日に放送。松重演じる井之頭五郎が注文した洋食メニューに、ネット上では「間違いない」「王道中の王道」などの声が上がっていた(以下、ネタバレが含まれます)。

作・久住昌之、画・谷口ジローによる同名漫画が原作の本作は、主人公の五郎が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマ。

商談のため、神奈川県の伊勢佐木長者町にあるお米屋さんを訪れた五郎。店主である伊藤良介(ずん・飯尾和樹)との話もそっちのけで、その店で売られている「にんにくおむすび」が気になってしまう。しかし、商談が終わる頃には、全て完売。五郎は空腹を抱えたまま、店を探すことに。

五郎が見つけたのは、雰囲気のある昔ながらの洋食レストラン。「そうだよ、横浜といえば洋食もありだ。ファミレス普及以前のファミリーレストランに違いない」と店内に入った五郎は、さっそく牛ヒレの生姜焼きと、ハンバーグステーキのランチセットを注文する。デミグラスソースがかかった“ド直球”のハンバーグと、“大当たり”の生姜焼きを食べた五郎は「子供の頃、家族で行ったデパートの大食堂を思い出す」としみじみ。

そして、「まだ全然入るぞ」とナポリタンスパゲッティと、チキンのシャリアピンを追加で注文する。昭和の懐かしいケチャップ味のナポリタンには、粉チーズとタバスコをたっぷり。「ナポリタンは俺の胃袋の初恋相手だ」と微笑む五郎は、さらに「にんにくおむすびのリベンジだ」と、にんにく味の玉ねぎソースがかかったチキンのシャリアピンを食べ進む。

全て完食した五郎は、食後のコーヒーを飲みながら、「おいしく食べさせてくれた」とアットホームな雰囲気のレストランに感謝。店を出て、「さて、明日は浅草か。何を食おうかな」と、翌日の食事に思いを馳せるのだった。五郎の頼んだメニューに、ネット上では「ラストにしてど直球」「メニューの時点で間違いない」「王道中の王道だ」「美味くないわけがない」「ほのぼのと完全勝利」「最後もうまそうの連発だった」などのコメントが寄せられ、同時に最終話を迎えた本作についても、「楽しみが1つ減ってしまった」「寂しい」「来週からないの辛い」「今からseason10が楽しみ」「次シーズンにも期待」などの声が上がっていた。


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)


(出典 www.tv-tokyo.co.jp)


【【ドラマ】孤独のグルメ、松重豊が最終話に食べた洋食メニュー】の続きを読む


孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。 扶桑社『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載された。その後、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載されていた。食品会社とコラボ
174キロバイト (8,641 語) - 2021年6月7日 (月) 01:44



(出典 eiga.k-img.com)



1 鉄チーズ烏 ★ :2021/06/07(月) 07:08:22.16 ID:CAP_USER9.net

2021年6月7日 6時00分
https://www.cinematoday.jp/news/N0123915

(出典 img.cinematoday.jp)


 松重豊主演の人気ドラマ第9弾「孤独のグルメ Season9」が、7月からテレビ東京金曜深夜の放送枠「ドラマ24」で放送されることが決定した。2019年10月期に放送された「Season8」から約2年ぶりの連続ドラマとなり、「Season9」決定を聞いた時の心境について松重は、「この1年以上、まともに外食していません。収録とはいえ、堂々と外で食べられるということに喜びました」と語っている。

 「孤独のグルメ」は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる同名人気コミックを基にドラマ化したもの。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重)が、営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描く人気シリーズ。2017年から2020年と4年連続で大晦日の夜にスペシャルドラマが放送されてきたが、待望の最新シーズンがついに始動となった。

 「Season9」では、家族経営などの小さなお店をメインに、コロナ禍で再注目&再評価される“独り飯”をさらに掘り下げ、お腹も心も満たしてくれる飲食店と主人公の物語で構成される。選りすぐりの店と共に、かつて訪れた懐かしの店も再訪するという。

 松重は、シリーズ開始から9年経ち、五郎を演じる上での変化を「老けました。もう痛々しいから辞めろという声が聞こえてきたら、辞める覚悟はできています」と明かしている。また、「『孤独のグルメ』は、飲食店の方々と共にあります。事態がひっ迫すれば最終回まで完食できません。皆様の感染対策に支えられています。後半過去の再放送でお茶を濁すことが無いよう完走を目指します」と意気込んでいる。

 テレビ東京の小松幸敏プロデューサーは、「9年も続けることができたのは主役、松重豊さんの超人的な胃袋と徹底した体調管理、その胃袋を満たしてくれた延べ150件以上の飲食店の方々のご協力、そして番組の続編を願ってくれる視聴者の皆様のおかげです。生活様式が大きく変わり世間や飲食店が大変な状況にある今。少しでも撮影で訪れた街やお店に恩返しができるよう、料理と真剣に向き合い、久しぶりの真夏のシリーズを番組スタッフ一丸となり井之頭五郎の胃袋を最高の形で満たします! 皆様の食欲をそそる絶品メニューの数々ぜひ、放送まで楽しみに待っていてください」とアピールしていた。(編集部・梅山富美子)

ドラマ24「孤独のグルメ Season9」はテレビ東京ほかにて7月クール毎週金曜深夜0時12分~0時52分放送 ※テレビ大阪のみ翌週月曜深夜0時~放送


【【ドラマ】松重豊「孤独のグルメ」シーズン9が7月放送!】の続きを読む

このページのトップヘ