斉藤由貴


斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 - )は、日本の女優、歌手、作詞家、ナレーター。本名:小井 由貴(いさらい ゆき)。旧姓:斉藤。 神奈川県横浜市南区出身。東宝芸能所属。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。 斉藤由貴は、1966年9月10日に横浜市神奈川区白楽の産院で生ま
90キロバイト (11,662 語) - 2022年4月11日 (月) 08:45
水嶋 (みずしま りん、1999年11月18日 - )は、日本の女優。 東京都出身。東宝芸能所属。斉藤由貴を母親に、芹澤優を従姉に持つ。 デビュー前の2018年5月に『1周回って知らない話』(日本テレビ系)にVTRでテレビ出演していた。顔にはモザイクがかけられていたが、番組内では「若かりし頃の斉藤
2キロバイト (231 語) - 2022年4月13日 (水) 00:13

1 湛然 ★ :2022/04/13(水) 05:07:54.75

斉藤由貴の長女・水嶋凜 本格女優デビュー!朝ドラ出演&舞台主演 続く母の道「自分の可能性見つけたい」
4/13(水) 4:00 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/db112b621dda656b0bc60a454e91fc047116d317
人生初のインタビューで笑顔を見せる水嶋凜(撮影・白鳥 佳樹)

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 斉藤由貴(55)の長女が、女優として本格始動する。昨年デビューした水嶋凜(22)で、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」への出演と、今秋上演のミュージカル「シンデレラストーリー」に主演することが決定。人生初のインタビューに応じ、「自分の可能性を見つけたい」と抱負を語った。

 斉藤にそっくりの目。透明感のある声も母似だ。「母の影響を受けているとすればボヤッとしてるところですかね」とはにかんだ。

 5月4日から「ちむどんどん」に出演。料理人を目指すヒロイン(黒島結菜)が、高校時代に料理大会で競う生徒役。既に撮影を終え「緊張感のある現場で、良い経験になりました」と振り返った。

 “朝ドラ”では母が1986年の「はね駒」に主演しており「同じ場所に一瞬でも立てたのは凄いこと」と笑顔を見せた。

 一方、「シンデレラ…」は初舞台で初主演。重圧は感じるが「歌のレッスンで自分が伸びていくのが分かるので楽しい」と充実の表情。同作は2003年に初上演。劇中歌の詞を斉藤が担当しており、母の詞を歌うことになる。「母に出演を伝えると“そうなの?”と驚いてました」。斉藤はスタッフからオーディションの映像を見せられ、涙を流して成長を喜んだという。

 女優を志したのは20歳の頃。母の影響ではなく、自らの意思だ。大学で映像を専攻し、作品を製作する中で「出るのも面白そう」と感じた。また、19年の映画「記憶にございません!」の舞台あいさつを生で見て「こんなふうになりたい」と思ったこともきっかけだ。

 母にも「やりたいようにやったら」と背中を押されて、20年12月に母と同じ東宝芸能に所属。昨年1月のテレビ東京ドラマ「直ちゃんは小学三年生」で女優デビューした。

 斉藤が主演した「スケバン刑事」のビデオなどで幼い頃から女優としての母を見てきた。だが、目標ではない。「お母さんはお母さんにしか見えない」というのは正直な気持ち。家での斉藤は「結構、適当です」。料理を教わろうとしても「目分量だから分からない」、芝居の助言を求めても「お母さん、そのままやってるだけだから」と返されたと笑った。

 自らつけた芸名の通り、凜(りん)とした雰囲気を持っている。まだ駆け出しだが「女優に限らず、いろんなことをやってみて、自分の可能性を見つけたい」と力強く語った。

 ◇水嶋 凜(みずしま・りん)本名非公表。1999年(平11)11月18日生まれ、東京都出身の22歳。芸名の「水嶋」は祖母の旧姓、「凜」は好きな漢字で、映画「千と千尋の神隠し」の登場人物のリンが好きだったことから。趣味は映画観賞、歌うこと、和風建築を見ること。1メートル62。

(おわり)


【【芸能】斉藤由貴の長女・水嶋凜、本格女優デビュー!】の続きを読む


斉藤 由貴(さいとう ゆき、1966年9月10日 - )は、日本の女優、歌手、作詞家、ナレーター。本名:小井 由貴(いさらい ゆき)。旧姓:斉藤。 神奈川県横浜市南区出身。東宝芸能所属。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。 斉藤由貴は、1966年9月10日に横浜市神奈川区白楽の産院で生ま
90キロバイト (11,617 語) - 2022年3月22日 (火) 09:26

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/23(水) 09:14:39.70

https://www.news-postseven.com/archives/20220322_1737540.html?DETAIL

女優・斉藤由貴(55)の長女が女優デビューしていることが分かった。水嶋凜という芸名で、昨年には地上波でドラマ出演を果たし、女優としてのスタートを切っている。

斉藤は1985年に『卒業』で歌手デビュー。さらに同年、初代『スケバン刑事』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演ながらトップアイドルに上り詰めた。私生活では1994年に一般男性と結婚し、3人の子供に恵まれている。昨年にはデビュー35周年を迎え今も精力的に活動している。

水嶋は1999年11月18日生まれの22歳。大学在学中の2021年1月、『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系)のゲスト出演で女優デビューしている。所属事務所関係者によると、「演技力などこれから学んでいくことも多いが、本人の意欲も高い。すでに舞台などの仕事も決まっている」と、順調な滑り出しのようだ。

水嶋はデビュー前の2018年5月に『一周回って知らない話』(日本テレビ系)にVTRでテレビに出演している。顔にはモザイクがかけられていたが、番組内では「若かりし頃の斉藤由貴」にそっくりと紹介されている。水嶋自身も高校の友達に「スケバン刑事の女優さんに似てるよね?」と言われたことがあるといい、「あんまり嬉しくない」と笑いながら率直な気持ちを明かしていた。

さらに、斉藤から「普通のお母さんがいいよね? ママみたいなお母さん大変じゃない?」と聞かれたことも明かし、「普通のお母さんよりスリリングなお母さんが好きだよ」「ドギマギした状態が平凡より楽しいな」と、親子仲の良好さも窺わせている

いやがうえにも期待が高まるのが親子共演だ。所属事務所に聞くと、水嶋が斉藤の長女であることを認めたうえで、こう回答した。

「ご指摘の通り、今後は親子一緒に共演という可能性もありますので、その際はまたお伝えしていく予定です」(広報部)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)



(出典 www.news-postseven.com)


前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1647937929/


【【芸能】斉藤由貴、22歳長女が女優デビューしていた】の続きを読む

このページのトップヘ