本仮屋ユイカ


本仮屋 ユイカ(もとかりや ユイカ、1987年9月8日 - )は、日本の女優、司会者、歌手。本名同じ。東京都目黒区出身。スターダストプロモーション所属。 『わくわくサイエンス』(NHK教育)でテレビ初出演。日本大学芸術学部演劇学科を卒業。 連続ドラマでは2001年『3年B組金八先生』(TBS)第6
38キロバイト (4,840 語) - 2021年12月31日 (金) 04:16



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/17(月) 08:13:22.85

1/17(月) 6:15
東スポWeb

ラジオで〝禁句〟を連発した本仮屋ユイカとジャンポケ斉藤(東スポWeb)

 大学入学共通テスト2日目の16日、女優の本仮屋ユイカ(34)とジャングルポケットの斉藤慎二(39)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「ONE―J」で「滑る」という〝禁句〟が連発され、ラジオ界が仰天した。

「地方創生」をテーマに各自治体を盛り上げる番組。経済産業省から後援されている。16日は全国のスキー場を取り上げた。

「ちょうど共通テスト開始直前の時間帯に、番組内で本仮屋さんと斉藤さんの口から『滑る』『コケる』というワードが連発されました」(ラジオ局関係者)

 番組は午前8〜10時放送で、共通テストは午前9時半から全国一斉に「理科1」が開始。開始直前の時間帯に番組でスキーを取り上げ、「滑る」「コケる」が繰り返されたわけだ。

「地方を応援する番組なので他意はないでしょう。入試直前にラジオを聴く受験生もなかなかいないはず」と前出関係者は語ったが、ツイッターでは番組名のハッシュタグ付きで「『受験生』さんには〝禁句〟なのでは?」「入試会場の外で『滑る滑る』と言う番組をラジオで聴いています」などとツッコミが散見された。

 また、番組では、ミュージシャンの細野晴臣、故忌野清志郎さん、演歌歌手の坂本冬美の3人組ユニット「HIS(ヒズ)」の楽曲「スキー・スキー(スキーなの)」(1991年)が流された。坂本が「直滑降で来て〜」「すべって欲しいの〜」と明るく元気に歌う曲だ。

 前出関係者は「よりによって放送時間が共通テストとかぶる番組で『滑る』『コケる』が連発されるなんて――とラジオ関係者たちは苦笑いしていました。スキーの特集を1週ずらしてもいいのに」と話していた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1b09487c7b374c99d9dba34dddb6068365f38da3


【【ラジオ】本仮屋ユイカ、ジャンポケ斉藤が「滑る」】の続きを読む


本仮屋 ユイカ(もとかりや ユイカ、1987年9月8日 - )は、日本の女優、司会者。本名同じ。東京都目黒区出身。スターダストプロモーション所属。 10歳の時に芸能事務所テアトルアカデミーに所属し[要出典]、『わくわくサイエンス』(NHK教育)でテレビ初出演。日本大学芸術学部演劇学科を卒業。
36キロバイト (4,504 語) - 2021年5月13日 (木) 23:55



(出典 motokari.jp)



1 首都圏の虎 ★ :2021/07/02(金) 22:34:59.90 ID:CAP_USER9.net

女優、本仮屋ユイカ(33)が2日放送のフジテレビ「人志松本の酒のツマミになる話」(金曜後9・58)に出演。本番前に酔って、スタジオで寝てしまうという、チャーミングな姿を見せた。

 「お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK」が番組のテーマ。出演者は楽屋などで、お酒を飲んでから収録へ。ダウンタウン・松本人志(57)に「本仮屋さんがシャレにならないくらい出来上がっちゃって」と暴露されると、本仮屋は爆笑だ。「寝てましたよね、さっき」の指摘には、「寝ていました」と認めた。

 ここで、本番前の映像が。スタジオのセットを前に着席していた本仮屋は、ヘアメークを施されている最中にウトウト。共演者は「ユイカさん寝てる!寝ないで!」と声を張った。

 梅酒お湯割り1杯を飲んでいたそうで、「5年半ぶりに(お酒を飲んだ)」と告白。その際は「舞台の打ち上げ」だったといい、「みんなが飲むってムードで獺祭をペロッと舐めたくらい」と振り返った。

 「可愛らしいですよ」の声を受けた本仮屋は、「本当ですか?」とニッコリ。「皆さんの顔を見たら正気に戻りました」とコメント、ケンドーコバヤシ(48)から「正気を失っていたんですね」とツッコまれていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f5de3e59109ca67b22575bc9b42a1b88ba10e015

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】本仮屋ユイカ、5年半ぶりの飲酒!】の続きを読む

このページのトップヘ