歌手


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GACK
71キロバイト (5,875 語) - 2021年10月10日 (日) 18:29



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/11(月) 07:18:30.60

10/11(月) 5:30
スポニチアネックス

GACKT 海外で発声障害の治療開始、活動休止中 体調に問題なし

 重度の発声障害のため無期限活動休止中の歌手GACKT(48)が、日本を出国し、海外にいる主治医の下で治療を始めていることが10日、分かった。関係者によると、発声に難はあるものの体調に問題はないという。

 GACKTは8月6日にキプロスから帰国後、体調不良を訴え、その後容体が急変。幼少のころからの持病である神経系疾患がきっかけで、一時は命に関わる状態となり体重が約10キロ減った。そこに発声障害を併発し、声を出すことも困難になったため9月5日、治療に専念するため無期限の活動休止を発表。8月下旬にクランクインし、GACKTも9月10日から参加する予定だった主演映画「翔んで埼玉」の続編(22年公開)は撮影を中断しており、代役を立てずに復帰を待っている状態だ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7e4d06e60aeaf114b43381508ec1cec46644663


【【芸能】GACKT、海外で発声障害の治療開始】の続きを読む


鬼龍院 (きりゅういん しょう、1984年6月20日 - )は日本のミュージシャン、作詞家、作曲家。ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのVo-karu。バンド外でも作曲や楽曲提供を行う。2014年に第56回日本レコード大賞の作曲賞を受賞。 ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバ
49キロバイト (4,481 語) - 2021年9月19日 (日) 13:49



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/01(金) 21:32:59.41

10/1(金) 20:43
東スポWeb

金爆・鬼龍院翔がブログ更新 “大事な人”と別れ決意「自分が決める自分を貫く」
ブログを更新した鬼龍院
 ゴールデンボンバー(金爆)の鬼龍院翔(37)が9月30日、ブログを更新。心機一転活動していくことを誓った。

 鬼龍院は青空の写真を添付し、「普通の何気ない事も更新して行こうかなと 140文字に収まらなくて取り留めのないこととか」と切り出す。ツイッターの文字制限140字に書き切れないことを今後、ブログに記していくようだ。

 続けて「大好きなお友達に(年上で先輩ではあるけどとっても仲良くしてくれて僕は友達だと思っています)お別れしてきたんだけど、最後の最後までかっこいい人だったなあ」と実名を挙げなかったものの、友人が亡くなったことを示唆。友人について「自分の好きな、ファッションとロックを貫いてて すごくかっこいい人だった 『自分』を持ってた」と触れた。

 親交があった友人との別れを経験し、「他人が決める自分じゃなく、自分が決める自分を貫く なんだかそんなことを考えます 迷う僕はまだ未熟、貫いた友人をずっと尊敬して生きていきます」と誓いを新たにした。

 鬼龍院は9月に結婚したものの、3月まで別の女性と10年間付き合っていたと報じられ、ブログで謝罪。以来、更新がストップしていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8735ec2394431bdead10dfecbb05308f93823362


【【芸能】金爆・鬼龍院翔「自分が決める自分を貫く」】の続きを読む


松田 聖子(まつだ せいこ、1962年3月10日 - )は、日本のアイドル・歌手・シンガーソングライター・女優。1980年にデビューした日本を代表する歌手・アイドルである。女優の神田沙也加は元夫である俳優・神田正輝との娘。福岡県久留米市荒木町出身。所属事務所はfelicia
167キロバイト (17,919 語) - 2021年10月1日 (金) 02:37



1 湛然 ★ :2021/10/07(木) 05:35:31.92

松田聖子、「瞳はダイアモンド」初となるミュージックビデオを公開
04:00
http://spice.eplus.jp/articles/293610
松田聖子

(出典 spice.eplus.jp)



昨年デビュー40周年を迎え、「松田聖子の”これまで(過去)”と“これから(未来)”が楽しめるアルバム」というコンセプトで、新曲と名曲セルフカバーをレコードのA面B面のように5曲ずつ収録したアルバムの最新作、続~40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2021」(10月20日発売)に収録されるセルフカバー楽曲「瞳はダイアモンド~Diamond Eyes~」の初となるミュージックビデオ映像が公開となった。

セピア色の世界に、深紅のリップで*ドレスに身を包んだ松田聖子。雨の降る窓辺に佇み、切なくも美しい同曲の世界観が表現されている。主演に加えて、自ら監督を務めており、男女の別れを象徴するインサート映像は、出演者に楽曲心情や映像イメージを丁寧に伝えながら演技指導し、細部までこだわりのディレクションを施した。

そして何よりの見所は、松田聖子の瞳から溢れる一筋の“涙”。楽曲タイトルを象徴するシーンとなっている。本人も、「切ないですけど、決して後ろ向きではなく、前向きな素敵な楽曲です。」と語る同曲。初となるMUSIC VIDEOは、大人の女性となった”今の松田聖子だからこそ”表現できる哀愁と、前を向こうとする女性の美しさを、見事に映し出した映像に仕上がっている。「青い珊瑚礁~Blue Lagoon~」「時間の国のアリス~Alice in the world of time~」MVで魅せたアクティブな姿と今作を見比べながら、彼女の“表現力の幅”を楽しんでみてほしい。

「瞳はダイアモンド~Diamond Eyes~」ミュージックビデオ

(出典 Youtube)



リリース情報
続~40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2021」
10月20日(水)発売
-収録曲-
01 青い珊瑚礁~Blue Lagoon~
02 時間の国のアリス~Alice in the world of time~
03 瞳はダイアモンド~Diamond Eyes~
04 チェリーブラッサム2021
05 時間旅行~I still miss you~
06 Rendezvous
07 My shining days
08 You’re the one!!
09あの日の夜の冷たい雨
10 私の愛
デビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020 Deluxe Edition」
【収録曲】
01.瑠璃色の地球 2020
02.セイシェルの夕陽~40th Anniversary~
03.赤いスイートピー English Version
04.SWEET MEMORIES~甘い記憶~ (マクドナルド「ごはんチキンタツタ」CMソング ※2020)
05.いちご畑でFUN×4
06.風に向かう一輪の花
07.La La!! 明日に向かって (テレビ東京系「ワールドビジネスサテライト」エンディングテーマ曲 ※2020)
08.40th Party
09.そよ風吹いたら~I can hear the sound of the waves~
10.赤いバラ手に抱え
11.蒼いフォトグラフ~Photograph of yesterdays~ ※新録収録


SPICER
SPICE編集部


【【芸能】松田聖子「瞳はダイアモンド」公開】の続きを読む


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
81キロバイト (8,915 語) - 2021年9月19日 (日) 05:01



1 ごーまる(東京都) [CN] :2021/10/09(土) 00:34:04.20


歌手の華原朋美さんが2021年10月7日放送の「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」(TBS系)で披露した歌声が感動的だったと、インターネット上で話題を集めた。

華原さんは番組の企画で、日帰り温泉の仲居さんに変装し、施設内のステージに上がった歌手が体調不良になったとして、代役で来場客の前に登場する形で歌声を披露。その姿に視聴者が魅了されたのだった。

「華原朋美の歌で何故か感動して涙出るんだけど」

1組目の来場客は全員が一般人で、変装した華原さんは気さくな仲居さんを演じるべく、客にフランクに話しかけるなどしつつ配膳係として行動したのち登壇。globeの「Feel Like dance」を披露するや、その歌唱力で来場客を魅了したのだった。


番組内容に対し、ツイッター上には来場客同様に感動のツイートが続々。「モニタリングの華原朋美の歌で何故か感動して涙出るんだけど」という投稿のほか、「今の朋ちゃんに重ねて色んなことを乗り越えてきたことを振り返って、なみだ。自分の苦難は朋ちゃんより全然おこがましいかもだけど」と、華原さんの波乱万丈の人生に思いを馳せたとするツイートもあった。さらには、


「華原朋美の何がすごいかって当時の歌唱力ほぼ変わらずに原曲キーで歌い上げてる所だと思う」


と、ヒットを連発した約四半世紀前とおよそ変わらない美声に驚く声も上がっている。




(出典 Youtube)


【【芸能】華原朋美、バラエティ番組で歌声披露!】の続きを読む


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
81キロバイト (8,915 語) - 2021年9月19日 (日) 05:01



1 湛然 ★ :2021/10/08(金) 05:01:12.62

2021.10.08 デイリースポーツ
華原朋美 本気歌唱「CAN YOU CELEBRATE?」ネット騒然「涙出た」「やばい」
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/08/0014742420.shtml
華原朋美

(出典 i.daily.jp)



 歌手・華原朋美が7日放送のTBS「ニンゲン観察バラエティ『モニタリング』」に出演。変装した歌手が一般人の前で本気歌唱する人気企画に挑戦した。

 横浜・みなとみらいの「万葉倶楽部」の屋上テラスのステージに、メガネ姿の頼りない仲居さんに変装して登場。ステージで腹痛になってしまったミュージシャンの代役でマイクを握ることになり、突然、globeの「Feel Like dance」を熱唱。ネットが大いにザワついたが、お客さんを入れ替えて行った2本目では、安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」を本気歌唱した。

 朋ちゃんらしい綺麗な歌声を響かせ、会場が驚きでフリーズし、仕掛け人の女性も手で口を覆い、感動して涙を流す人も。

 ネット上には「もらい泣きした」「目頭熱くなった」「朋ちゃんの『CAN YOU CELEBRATE』聞いたら涙が出てきた」「昔を思い出す」「マジで泣ける」「聴くのはいろいろ複雑だけどレア」「めっちゃ泣ける」「朋ちゃんのCAN YOU CELEBRATEはやばい」「聞いたら涙が出てきた」との声が相次いだ。

 歌唱を終えた華原は「ついつい、本気出して歌っちゃった」と笑わせていた。

(おわり)


【【芸能】華原朋美、本気歌唱「涙出た」】の続きを読む

このページのトップヘ