歌手


絢香(あやか、1987年12月18日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。大阪府出身。所属事務所・レーベルはエイベックスエンタテインメント株式会社エージェントユニット内・A stAtion。かつては研音(所属事務所)・ワーナーミュージック・ジャパン(レコード会社)に所属していた。血液型はO型。身長157cm。夫は俳優の水嶋ヒロ。
42キロバイト (3,535 語) - 2021年11月4日 (木) 05:53



1 湛然 ★ :2021/11/23(火) 22:42:47.56

絢香、3年3ヶ月ぶりのオリジナルアルバム『LOVE CYCLE』発売決定
2021.11.23 21:24 BARKS
https://www.barks.jp/news/?id=1000211337

(出典 img.barks.jp)


●絢香 / キンモクセイ Music Video Teaser(2.1発売アルバム「LOVE CYCLE」収録)

(出典 Youtube)



絢香が、約3年3ヶ月ぶりとなる通算6枚目のオリジナルアルバム『LOVE CYCLE』を2022年2月1日に発売することを発表した。

この情報は、現在開催中の全国ツアー<絢香 15th Anniversary Tour 2021 ~もっといい日に~>の東京・国立代々木競技場 第一体育館でのセミファイナル公演のMCにて絢香より発表された。アルバムの発売日の2月1日は自身のデビュー日だ。

本作は、さまざまな愛で彩られた作品となっているとのこと。今作は制作陣に「にじいろ」「Blue Moon」など数々の絢香のサウンドプロデュースを手掛ける河野圭氏や、さらに「Xmas Santa」「Tender Love」などを手掛けるUTA氏も参加。

販売形態はファンクラブ限定盤を含む全3形態で、全形態共通のDisc1には新曲を含む全11曲収録、DVD付商品にはミュージックビデオやメイキング映像の収録はもちろん、Disc2(CD)として現在YouTubeにて公開中のデビュー15周年記念・新セッション企画“Room session”の厳選音源が収録予定。いずれも本日から予約受付が開始となる。さらなる詳細は後日発表予定とのこと。

また、明日11月24日0時からは、同アルバムのリード曲「キンモクセイ」が各音楽配信サービスにて配信開始となる。本楽曲は河野圭氏がアレンジを手掛け、レコーディングには新井和輝(King Gnu)、石若駿、真壁陽平が参加している。同曲のミュージックビデオは来週11月30日に絢香のYouTubeチャンネルにて公開されることも決定した。現在、ティザー映像も公開中だ。

(※中略)

なお、本日行われたライブの模様は11月25日からdTVで観ることができる。

dTV「絢香 15th Anniversary Tour 2021 ~もっといい日に~」
2021年11月25日(木)12時~ 12月1日(水)23時59分まで
https://bit.ly/3wmdc75

『LOVE CYCLE』
2022年2月1日(火)発売

■2CD+DVD:AKCO-90079~80/B ¥4,500(税抜)
予約:https://ayaka.lnk.to/uIgZlt

■CD only:AKCO-90081 ¥3,000(税抜)
予約:https://ayaka.lnk.to/sUInBW

■【Room Ayaka限定盤】2CD+DVD+goods
AKC1-90082~3/B ¥5,200(税抜)
オリジナルグッズ:ノート付/三方背スリーブ仕様
予約:https://ayaka.fc.avex.jp/mm/?url=avx/sv/list1?jsiteid=AYKS&categ_id=8002242

[CD]
Disc1 ※全形態共通
配信限定でのリリース作品「もっといい日に」「Xmas Santa」や、中外製薬タイアップソング「Tender Love」・「テイルズオブアライズ」グランドテーマとして書き下ろした「Blue Moon」、リード曲「キンモクセイ」などを含む全11曲収録。

Disc2 ※AKCO-90079~80/B、AKC1-90082~3/Bのみ
YouTubeチャンネルにて公開中の15周年記念・新セッション企画"Room session"シリーズより厳選音源を収録予定。

[DVD]  ※AKCO-90079~80/B、AKC1-90082~3/Bのみ
「キンモクセイ」ミュージックビデオ他、リリックビデオ、メイキング映像など収録

■リード曲/先行配信
絢香「キンモクセイ」
2021年11月24日(水)0時~各音楽配信サービスにて配信開始
https://AYAKA.lnk.to/kinmokusei

「キンモクセイ」ハッシュタグキャンペーン詳細
https://vt.tiktok.com/ZSeBoB8U4/


【【芸能】絢香、3年ぶりアルバム『LOVE CYCLE』】の続きを読む


PES(ペス、1976年12月27日 - )は、東京都出身。既婚。FUNKY GRAMMAR UNITの一員。別名PESSY(ペスィー)、PSY(ピーエスワイ)。下の本名は昌嗣(まさつぐ)である。RIP SLYMEでの活動のほかに、MELLOW YELLOWのKINらと共にブランドOptimyst
12キロバイト (1,298 語) - 2021年11月23日 (火) 05:03


PES:少年時代 - YouTube

(出典 Youtube)



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/24(水) 06:40:38.63

11/24(水) 5:15配信
東スポWeb

PESの訴えから始まった(東スポWeb)

 人気ヒップホップグループ「RIP SLYME」のRYO―Z(47)らが22日、メンバーだったPES(44)に対するいじめ報道を否定した。一連の騒動はいまだに尾を引いているが、PESはメンバーと不仲だったことをにじませた過去のツイートを削除していたことが分かった。

 RIPは22日、ユーチューブチャンネルで一連の騒動を釈明した。

 RYO―Zはまずファンに陳謝。「彼(PES)がSNSで〝僕の名前を呼んでくれるな〟ということなので、あえて元メンバー」とPESの名前に触れないとしたうえで、PESをいじめていたとする一部報道を否定した。

「報道などで言われるようないじめがあったとか、そういった事実は一切ございません。報道で言われるような事実はなかったと僕たちは思っております」

 ILMARI(46)、DJ FUMIYA(42)はうなずきながらRYO―Zの説明を聞いていた。

 これに対してSNS上では「でも、それは受けた側(今回ならPESさん)が判断すること」「イジメた側はしてないって小学生でも言うわな」などと、RYO―Zらに対して厳しい意見が目立つ。

 一連の騒動のきっかけは、PESが今月1日に発表した声明だった。PESは2017年にグループを脱退しており、RYO―Zら3人と不仲だったと示唆。突然の告白は波紋を呼んでいた。

 RYO―Zら3人がPESをいじめていたかは当人たちのみぞ知るで、真相は不明だ。

 一方、PES側にも動きがあった。

「PESさんが過去のツイートの一部を削除しました。削除した日は不明ですが、今月中なのは間違いない。削除したツイートの中には、メンバーと不仲だったことをにじませたツイートもあったんです」(音楽関係者)

 PESのツイッターは12年に開設されたが、一番古いツイートは19年5月になっている(23日時点)。PESは19年3月、フォロワーの質問に答える形で「どうしてもみんなリップやらせたいみたいですけど、完全に永遠に無理でしょう」「20年間、足を引っ張るなと言われ続けて来た」などと3人と不仲だったことを示唆。これらのツイートが削除された。

 もう記憶から消したい、ということなのか…。

 PESは23日、新たにツイッターを更新。「なんか私、めちゃくちゃイジメられてた人みたいになっていて恥ずかしいんですがあの流れだと仕方ないのかなと思います」と振り返った上で「話したかった本筋とだいぶ違う形になってしまいましたが、私は5人揃って皆さんの前で『ありがとうございました!』と頭を下げて、笑顔で終わりたかったです」と後悔をにじませたような文言をつづった。

 いずれにせよ、ファンはこのような結末を望まなかっただろう。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8beff47bed228a7309ef65ea9c4892c0a9d4b966


【【芸能】PES「足引っ張るな」ツイートを削除】の続きを読む


IZAM(イザム、1972年(1976年)4月23日 - )は、日本のミュージシャン、タレント、俳優。本名は日根 良和(ひね よしかず)。 東京都府中市出身。身長180cm。血液型はO型。東京都立松が谷高等学校卒業。ベニバラ兎団主宰。日本芸術専門学校特別講師。妻は女優の吉岡美穂。父は元プロ野球選手の日根紘三。
20キロバイト (2,714 語) - 2021年11月18日 (木) 12:12



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/18(木) 20:59:31.70

11/18(木) 18:41
デイリースポーツ

3児の父IZAM 長女は「少しだけ体を弱くして生まれた」「妻は本当に苦労し頑張った」
IZAMと吉岡美穂(2011年撮影)
 歌手・IZAMが18日、ブログを更新。今月7日に13歳の誕生日を迎えた長女について、思いをつづった。IZAMは06年11月17日に女優・吉岡美穂と結婚(再婚)。07年4月に長男(14)、08年11月に長女、10年11月25日に次男(10)が誕生している。

 長女の好物のメロンを使ったバースデーケーキなどの写真を投稿。「実は、、、娘は少しだけ、身体を弱くして産まれ」(※原文ママ)たことを明かした。

 「妻が幼い頃から娘の食べ物や、肌に良いものを沢山研究し、毎日 本当に苦労しながらも頑張っていた。彼女は殆ど他言しないが、子供の身体を丈夫にしたり肌のトラブルがあったりして悩んでいた時にもの凄く勉強していた」と妻・吉岡の苦労と努力に言及し、「お悩みの方は是非、妻に聞いてみて欲しい」とも記した。

 そして「実際に妻の努力、、、その甲斐があって、娘は育つにつれ、身体も元気になっていき、今では運動会でリレー選手になったり、生徒の代表になるような活動をしたりと、本当に良かったと、この誕生日を迎えられた事を、心から神様と妻に感謝しました」と成長するにつれ、元気になってきたことに感謝。大好きな絵にまつわる仕事につきたいという夢を持つ長女を「微力ながら応援したいと思う」「これからは夢に向かって頑張って欲しい」とつづった。

 吉岡は長女の誕生日の2日前の今月5日、長女が好きだというエビのバター醤油炒めを入れた弁当の写真をインスタグラムに投稿している。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/560471ffdc25821cb92165ecb4e2ee1063bfe6d9


【【芸能】IZAM「少しだけ体を弱くして生まれた」】の続きを読む




(出典:)


DISH//(ディッシュ)は、日本のダンスロックバンド。スターダストプロモーションに所属する北村匠海(Vo/G)、矢部昌暉(Cho/G)、橘柊生(DJ/Key)、泉大智(Dr)の4人で構成される。所属レコード会社はソニー・ミュージックレコーズ。ファンの呼称はスラッシャー(//er)。
59キロバイト (6,425 語) - 2021年11月11日 (木) 03:05



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/19(金) 04:57:50.61


11/19(金) 4:00
スポニチアネックス

「ニコ動」歌い手・まふまふ初紅白 YouTubeチャンネル登録者数322万人 DISH//も初出場
6月にイベントに出演した際のまふまふ
 大みそかの「第72回NHK紅白歌合戦」(後7・30)の出場歌手が、19日に発表される。白組では、ネット上を中心に活動するクリエーター、まふまふ(年齢非公表)が初出場する。

 白組で初出場するまふまふは、10年からニコニコ動画で曲を配信する「歌い手」として活動。ファン層は10代を中心とした若者で、公式YouTubeチャンネルの登録者は322万人、ツイッターのフォロワーは約200万人を誇る。

 中性的なハイトーンボイスの持ち主で歌唱力も高い。マルチな才能から「何でも屋」を自称し、アニメやゲームへの楽曲提供などを幅広く行っている。今年5月には無観客の東京ドームからライブを無料配信し40万人が視聴した。明るい金髪と端正な顔立ちのイケメンだが、人前に出る際は常にマスクを着用。どのような出方をするのかも注目だ。

 男性4人組バンド「DISH//」も初出場。あいみょん(26)が詞、曲を手掛けた17年の楽曲「猫」が、ストリーミングで4億回再生を記録するロングヒット中。一発撮り歌唱で人気のYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」では、ボーカル北村匠海(24)が歌った同曲が同チャンネルでトップの再生回数となっている。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b42650182a6501337c2f448ae1bb8b62b987bae4


【【芸能】DISH//、紅白初出場!】の続きを読む


酒井 法子(さかい のりこ、1971年〈昭和46年〉2月14日 - )は日本の女優、歌手。サンミュージックプロダクション(1986年 - 2009年夏)、オフィスニグンニイバ(2012年 - 2021年4月30日)に所属した後、個人事務所「株式会社スマイル」を設立し所属 (2021年5月1日 - )。愛称はのりピー。堀越高等学校卒業。
64キロバイト (6,679 語) - 2021年11月11日 (木) 03:42



1 冬月記者 ★ :2021/11/17(水) 11:07:34.35

https://news.yahoo.co.jp/articles/52fecbe39841a476825769749104d888f373ee1c

(出典 i.imgur.com)


酒井法子 YouTube、歌、女優 「もう逃げも隠れもできない」50歳の今…インタビュー

 歌手で女優の酒井法子がこのほど、スポーツ報知のインタビューに応じた。13年ぶりに主演する映画「空蝉の森」(亀井亨監督)が、11月12日から大阪あべのアポロシネマほかで上映中。過去に深い傷を持つ謎多きヒロインを取り巻くミステリー作品で、行方不明で保護された女性・結子を熱演している。50歳を迎えた酒井は、今年4月に個人事務所も設立。心機一転し、歌や芝居にかける思いを語った。

 ―2014年に撮影した「空蝉の森」ですが、当時のことは覚えていますか。13年ぶりの主演映画というのは気持ちが違いましたか。

 「なんとなく、断片的に覚えています。結局、作品っていうのはピラミッドっていうか、みんなでワーッと作られているもの。どこのポジションにいても大切なんです。でも、やっぱり舞台の座長さんって言うとね。それはそれで背負ってしまうので大変なんですけど」

 ―個人事務所をたちあげて、YouTubeなどSNSで積極的に発信している。現在の女優活動や歌の仕事のスタンスは。

 「今は、基本的に歌の仕事ですね。昨年度できなかったんですけど、ディナーショーをコンスタントに7、8年やらせていただいて、ベースは歌うという感じ。呼んでいただいたら、パーティーとかで歌ったり。冬だけと言わずに春とか夏もちょっとショーをやらせていただいたりしています」

 ―YouTubeで「愛の讃歌」を披露している。

 「あの歌いいですよね。越路(吹雪)さんが書かれてたメモっていうのを見せていただいて、とってもきれいな字を書かれている。そしてやっぱり努力家だったんだなって。素直な方。あんなに大スターなのに、周りからとっても愛されてる。演出家の人をはじめ、同じ舞台に立つスターからも本当に愛されてる。どんなにスターになっても、どんなに有名になっても偉ぶることがない。もちろん気品は高い人だと思うんですけど、素直に何でも物事を聞き入れて、それを吸収しようとする越路さんって、ご自身をすごく低く見ているんですって。自分を認めてない天才だって言われるんですよ。周りから見たらこんなに頑張ってあんなにできるのに、だからみんなが支えたくなっちゃうっていう。すごい人でした」

 ―ファンと近い距離で接するディナーショーは今、どういう位置づけか。

 「自分にとってのプレゼントっていうか、やっぱりいろいろ積み重ねていくんですよね。あんなことやったらみんな喜んでくれるかな? こんな曲やったらいいかなっていうのを1年を通して。常にボイストレーナーの先生と考えながら、こんなことやろう。あんなことやろう。今回も越路さんの『愛の讃歌』を歌わせていただいて、『ろくでなし』と、あと『ビキン・ザ・ビギン』を歌って、すごいいい曲だなと思って、これ絶対ファンの方の前で歌いたい、ディナーショーでやりたい。それが今回の編成、どうする?とかって。普通のバンドさんの編成じゃなく、ちょっとここをピークに持ってくるような編成を作っちゃおうとか。なんかシャンソンぽいというのが遊べるようになって。でもそれ全編やったらどうなる? わかんないけど、やってみよう、みたいな。だからすごくやっていてワクワクですし、私がワクワクしたらきっと見てくださってる方も楽しいと思うんです。回数もたくさんはできないけど、みんな楽しみに待ってくれているので、なんかそういうのっていいなと思います」

 ―今は音楽に比重を置いているようですが、女優としてこんな作品に出たい、こういうドラマ、こんな役をやりたいとの思いは?

 「音楽だけをしたいわけではなく、スタンスとしては、いただいたお仕事をさせていただく。その中で芝居のお仕事がきたら芝居も多くなるでしょうし。みんなで作り上げるって本当に楽しい作業。何でもいいからやりたいですね。小さい頃から(ドラマの)『寺内貫太郎一家』とか大好き。みんなが楽しくご飯食べているんだけど、誰かがワーってなって。もうちゃぶ台ひっくり返すとなったらまた始まったみたいな。ああいうドラマが大好きです」

 ―今年2月で50歳。節目や気持ちの変化のようなものはありますか。

 「お誕生日を迎えた日に、49歳まではなんかそこまでフワーってきた気がするんです。『50、重い!』みたいな。完璧な大人ですっていう感じでしたね。もう逃げも隠れもできないという感じ。48歳ぐらいの時なんて『AKB48』やったりしてたんですけど、それはちょっとどうかな?」


【【芸能】酒井法子「もう逃げも隠れもできない」】の続きを読む

このページのトップヘ