歌手


あや子(ふじ あやこ、1961年5月10日 - )は、日本の演歌歌手、作詞家、作曲家。バーニングプロダクション所属。 1961年(昭和36年)、秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市)に生まれた。小学4年生の時から民謡を習い、高校卒業後には就職したものの、職を変えながら民謡歌手として地元で活動してい
28キロバイト (1,629 語) - 2021年9月9日 (木) 11:37



1 ビクテグラビルナトリウム(東京都) [GB] :2021/09/18(土) 22:41:19.29


還暦を迎えた歌手・藤あや子の周辺が慌ただしくなっている。

「長年世話になった所属事務所からの独立を考えているんです。社長は〝芸能界のドン〟と呼ばれている業界の最高実力者なんですが…」(芸能ライター)

1987年に別の芸名でデビューしたが売れず、89年9月に藤あや子に改名して〝再デビュー〟し、『こころ酒』の大ヒットで一躍、スターダムにのし上がった。

「天性の妖艶な歌唱で紅白出場21回を誇る藤ですが、これは社長の〝尽力の賜物〟でもあるんです。そのへんのことは、彼女もよく分かっているはずですよ」(テレビ局関係者)

藤はバツイチで、4年前の3月にふた回り年下の男性と再婚。
デビュー当時から魔性の女というウワサも絶えない。

「1年足らずでの離婚原因も、師事していた民謡の先生との不貞疑惑があったといわれ、歌手を目指して駆け落ち同然で上京したものの、デビューが決まると同時に別れてしまったというのです。
関係したこの2人の男性が、いずれも〝非業の死〟を遂げたというウワサから、男をダメにする女と囁かれるようになったのです。
有名どころでは、木村一八と浮名を流したこともありました。木村も10歳近く年下です」(同・リポーター)

これらのスキャンダルも、大ごとになることはなかった。
「もちろん、ドンの実力のおかげです」(芸能関係者)

そんな、恩人を振り切ってまで独立しようとしているのはなぜか?

「彼女は、二回り年下の夫にメロメロ。出会ったころ、彼は30代前半で、鍼灸師として治療院に勤めていました。それを、彼女が『店を持たせてあげる』と口説いて結婚したのです」(前出の芸能ライター)

ところが、治療院の経営は失敗に終わった。
「そこで、藤は夫を個人事務所の社長に据えたという次第。ドンの事務所を通さずに仕事をすれば、当然、身入りはよくなりますからね。夫を養うために独立したがっているんでしょう」(同・ライター)

独立問題がこじれると、藤が干される可能性もある。そうなれば“還暦ボディー”のフルオープンなんて仕事を受ける日が来るかもしれない。
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/32727

(出典 weekly-jitsuwa.jp)


【【芸能】藤あや子、芸能界のドンから独立する理由】の続きを読む


優里(ゆうり、1994年3月23日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、YouTuber。所属レコードレーベルはアリオラジャパン。 4人組ロックバンドTHE BUGZYのボーカルとして活動していたが、2019年5月にTHE BUGZYが解散。 グループ解散後、東京を中心に路上ライブ活動を開始
15キロバイト (1,363 語) - 2021年9月19日 (日) 02:05



1 湛然 ★ :2021/09/21(火) 05:51:48.02

優里がドラマ初主題歌「大変うれしく思います」…江口のりこ主演ドラマで
2021年9月21日 4時0分スポーツ報知
https://hochi.news/articles/20210920-OHT1T51190.html
フジテレビ系「SUPER RICH」の主題歌を歌う優里

(出典 hochi.news)

フジテレビ系「SUPER RICH」に出演する赤楚衛二

(出典 hochi.news)

フジテレビ系「SUPER RICH」に主演する江口のりこ

(出典 hochi.news)



 シンガー・ソングライターの優里(27)が、江口のりこ(41)主演のフジテレビ系「SUPER RICH」(10月14日スタート、木曜・後10時)で初の地上波ドラマ主題歌を歌うことが20日、分かった。

 優里は、今最も注目度が高いと言っても過言ではないアーティスト。昨年10月に配信リリースした「ドライフラワー」が、9月1日にビルボードジャパンのストリーミングソングチャートで総再生回数累計4億回を突破した。チャートイン44週目での4億回再生は、日本人史上最速&ソロアーティスト初という金字塔を打ち立てたばかりだ。

 ドラマは完全オリジナルストーリー。仕事一筋なベンチャー企業の社長・氷河衛(江口)と貧乏だが愛にあふれた専門学生・春野優(赤楚衛二)。2人が出会い、会社や氷河の人生が変わる姿を描く。

 主題歌のタイトルは「ベテルギウス」。優里は、主人公の会社名が「スリースターブックス」であることに注目。冬の大三角形をなす、オリオン座の赤く輝く1等星の名をタイトルに付けた。ドラマの世界観に寄り添った、はかなさと力強さが印象的な楽曲を書き下ろした。

 初の地上波ドラマ主題歌に「大変うれしく思います」と優里。「主人公やストーリーからイメージして書き下ろした曲で、人と人の(つな)がりや絆をテーマにした曲になります。ドラマと共に『ベテルギウス』の曲と歌が、皆さんの心に届いたらうれしいです」とコメントした。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】優里、ドラマ初主題歌!】の続きを読む


桑田 佳祐(くわた けいすけ、1956年〈昭和31年〉2月26日- )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。自身がバンドマスターを務めるサザンオールスターズのボーカル・ギターを担当。神奈川県茅ヶ崎市出身。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテイ
172キロバイト (15,515 語) - 2021年9月21日 (火) 01:38



1 湛然 ★ :2021/09/21(火) 05:32:14.71

桑田佳祐、5年代でアルバム1位!男性アーティスト初、時代を超え愛される理由
9/21(火) 4:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/782a0154703cc3df7c0eba1ba9ba28fbaac91196
男性アーティスト初の〝5年代連続アルバム首位〟を達成した桑田。末永く愛されている証拠だ

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



サザンオールスターズの桑田佳祐(65)の最新アルバム「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼きfeat.梅干し」が27日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得。男性アーティストで初めて5年代(1980年代~2020年代)連続アルバム首位を記録したことが20日、分かった。松任谷由実(67)と並ぶ史上2組目の快挙で、昭和・平成・令和の3時代でも首位に。桑田人気の高さを改めて証明した形だ。

■ユーミンに続き2組目■ 幅広い世代にわたって愛される桑田ならではの記録が樹立された。

ソロ名義で約4年ぶりに発売した自身初のEP(ミニアルバム)盤「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼きfeat.梅干し」(15日発売)が初登場1位を記録。1987年にソロ活動を始めた桑田は、88年の「Keisuke Kuwata」から2017年の「がらくた」まで全年代でアルバム首位を獲得しており、これで5年代連続首位獲得となった。

アルバム首位は5作連続、通算7作目で、5年代連続首位は、松任谷(1970~2010年代)に並び2組目、男性アーティストでは史上初の快挙。昭和・平成・令和の3時代アルバム1位は矢沢永吉(72)、竹内まりや(66)に続き史上3組目だ。

桑田はサザンとしても、同アルバムランキングで1985年の「kamakura」から2018年の「海のOh,Yeah?」まで4年代で1位を獲得しており、15年4月には史上初となるソロとグループで4年代連続1位の偉業を達成。ソロでもバンドでもファンを魅了し続けている。

■常に新しい要素■ 1978年にサザンとしてデビューした桑田は、40年以上にわたって第一線で活躍。その時代の人々に寄り添いながら社会情勢からエロスまで幅広い要素を歌詞に盛り込み、高揚感あふれるサウンドで提供してきた。

ある関係者は「桑田さんは最新曲が一番いい。大変なことだけど、常に新しい音楽の要素を取り入れて良い楽曲を作り続けているので、新しいファンも増えるし、長くファンで居続けるんだと思う」と分析。「ライブもクオリティーが高くてサービス精神も旺盛。親しみを感じる人が多いのでは」と明*。

現在も全国ツアー(10カ所20公演)を展開するなど精力的に活動。7月のラジオでは「私の元気の素は歌を作ること。そして作った歌を皆さまに聴いていただくこと、これに尽きます」と話していた。時代や世代を超えて普遍的な音楽を届けるレジェンドは暗い世相を明るく元気に吹き飛ばす。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】桑田佳祐、5年代でアルバム1位!】の続きを読む


ちえみ(ほり ちえみ、1967年2月15日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。本名、尼子 智栄美(あまこ ちえみ)旧姓、。芸名は本名の『智栄美』を平仮名表記の『ちえみ』にしたもの。 大阪府堺市東区出身。ホリプロ(アイドル時代)を経て、松竹芸能所属。実子5人、現夫の連れ子2人の計7人の子どもが居ることでも知られる。血液型はB型。
46キロバイト (6,657 語) - 2021年7月17日 (土) 12:30



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/21(火) 02:08:58.05

9/21(火) 0:55配信
スポニチアネックス

堀ちえみ

 タレントの堀ちえみ(54)が20日、自身のブログを更新し、急きょ引っ越しをすることになった理由を明かした。

 堀は「皆様にやっとお話をさせていただきます」として「簡単に結論から言いますが、我が家の裏と隣の大きな土地に、マンションの建設計画が進んでいました」とつづった。

 堀は12日にもブログで、2月に「ある一人の業者さんが、設計図らしいものを持って、我が家の前の私道に入って来て、何かの確認をして」いたのをきっかけに「極秘で計画されていた情報を掴み、きちんとした全貌が見えてきた訳です」とつづり、「引っ越しの理由はこの家を出てから、きちんと述べさせていただきます」としていた。

 この日も、「設計図を見ながら何かを確認されている、作業員の方を見かけた訳です」とし「その時に、なんとなく異変が起きているのかも?という予感がして、私は主人にすぐに話しました。そして主人が調べてくれた結果、その広大な土地の持ち主が、すでにその土地を売却。そして購入したのが、マンションのデベロッパーだということが、分かりました。そしてその事を伝えて、地元に強い不動産屋さんにも相談をし、いろいろと情報を教えて下さいました。その結果…自宅の隣や裏にマンションが建つ。もうすでに設計図も出来上がっていて、すぐに取り壊しの作業に入るとのことです」との事実が発覚。

 「マンションが家の隣や裏に建つ。これはよくあることですし、売却した方の自由であり、また購入された方の自由でもあります」と納得はしたものの、ガレージ、玄関へのアプローチとして利用していた半分の所有権を持つ自宅前の私道が、マンションの裏通用口になることを問題視。「道に面していないので、ひっそりと奥まった場所にある、赤い煉瓦のお家。プライバシーを確保できる良さもあり、購入しました」という経緯もあり、「夫婦で大変悩みました」と堀。

 その私道の部分の購入も持ちかけたが、設計図が出来上がっているためできないと言われたこと。また、完成まで2年間の騒音による愛犬のストレス、子どもたちの大学のリモート授業などを考えた上で「仮住まいでの生活も覚悟の上で、売却に向けてすぐに動きました。それと同時に物件探しにも、取り掛かりました」とした。

 だが、「そして今の物件と出会ったのと同時期に、デベロッパーが、他のデベロッパーに売却したという情報が、地元の不動産屋さんから主人に入りました。設計を一からやり直すということです。そこでまた私たちは、私道を売却していただけないか相談しました。するとやはりできないとのこと。『それであればうちの土地を買い取っていただけませんか?』と主人が無理を承知で交渉。話は意外とトントン拍子に進み、すぐに契約。9月いっぱいでの明け渡しとなった訳です。一方で新居の方の話もトントン拍子に進み、ご縁でしかないと思えるほどの、運びとなりました」と一連の流れを説明した。

 「皆様にはその間にいろいろと、ご心配をおかけ致しましたが、全てをお話しできてスッとしました」「まだワクチンも打っていない状況で、不要不急で動き回っているのではない事を、ご理解いただきたく、先に結論をお伝えした訳です」とし、現在は新居への引っ越しも終え、堀は「新しい住まいで人生の結びに向け、これからも主人と力を合わせて、幸せに暮らしていきたいと思っております」と誓った。前に住んでいた「赤い煉瓦のお家」は取り壊し作業に入るという。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d32b7fff665479d87e107bee130576b04517063a


【【芸能】堀ちえみ、急きょ引っ越すことになった理由】の続きを読む


工藤 静香(くどう しずか、1970年4月14日 - )は日本の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家。二科会絵画部会友。 夫は俳優、歌手、タレントの木村拓哉。長女はフルート奏者、モデルのCocomi、次女は作曲家、モデルのKōki,。 東京都出身。 本名は木村 静香(きむら しずか)。
58キロバイト (4,301 語) - 2021年8月1日 (日) 03:33



1 湛然 ★ :2021/09/05(日) 05:10:02.17

工藤静香がCocomiと初共演 白のロングドレスで「いのちの歌」歌唱
[ 2021年9月4日 21:15 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/04/kiji/20210904s00041000573000c.html
「西本願寺音舞台」で、村松崇継のピアノ、Cocomiのフルート、宮田大のチェロ演奏とともに歌う工藤静香(中央) MBS提供Photo By 提供写真

(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)



 歌手の工藤静香が4日、イベント「西本願寺音舞台」に出演し、フルート奏者の長女Cocomi(20)と初共演した。
 
 京都・奈良の寺院を中心に歴史建造物を舞台に行われる同イベント。34回目を迎えた今回は、コロナ禍の影響で初の無観客で行われた。今回は、京都・西本願寺の国宝「阿弥陀堂」に特設ステージを設置。工藤は白いシルクのロングドレスで登場し、竹内まりやの楽曲「いのちの歌」を、Cocomiらの音色とともにしっとりと歌い上げた。

 「“いのちの歌”は、とても広い方々に伝わる歌だと思います。心で伝える歌だと思いました。みんなに伝わる、継がれる命の歌なので、色々頭で考えず自分なりに心の中から出たものを音にしました」と語った。

 Cocomiも「いのちの歌は、吹いていて心が安らぐような気持ちになりました」とコメントした。
 
 同公演の模様は10月下旬にMBS、TBSなど全国のテレビ28局ネットで放送予定。

(おわり)


【【芸能】工藤静香、Cocomiと初共演】の続きを読む

このページのトップヘ