歌手


TM NETWORK(ティーエム・ネットワーク)は、小室哲哉(シンセサイザー・キーボード)、宇都宮隆(ボーカル)、木根尚登(ギター・キーボード)の3人で構成される日本の音楽ユニットである。 1984年4月21日にデビュー。1987年2月26日リリースの4枚目のオリジナルアルバム「Self
81キロバイト (11,224 語) - 2021年9月23日 (木) 10:25



1 ひかり ★ :2021/10/01(金) 18:33:10.18

 小室哲哉(62)、宇都宮隆(63)、木根尚登(64)からなるTM NETWORKが、6年ぶりに再起動することが発表された。第1弾として、6年ぶりの新曲「How Crash?」も含まれている事前収録の無観客ライブ『TM NETWORK「How Do You Crash It?」one』を10月9日に配信。12月、来年2月と隔月で新ライブ映像の配信を予定している。これに伴い、2018年1月に芸能界引退を発表した小室がアーティストとして完全復帰することになり、メンバー3人がそろってコメントを発表した。

 TM NETWORKは1984年4月にシングル「金曜日のライオン」とアルバム『RAINBOW RAINBOW』でデビュー。いち早くJ-POPとシンセサイザーミュージック、ダンスミュージックとを結びつけ、アルバム『humansystem』(1987年)、『CAROL』(88年)、『DRESS』(89年)、シングル「Get Wild」(87年)、「SEVEN DAYS WAR」(88年)など多数のヒット曲を世に送り出した。

 デビュー10周年を迎えた1994年5月、東京ドーム公演2daysで「プロジェクト終了」。それぞれソロに転向し、小室はプロデュース活動を本格化させて一大ブームを巻き起こした。1997年末に再結成を発表後、活動休止と再開を繰り返し、2015年3月の横浜アリーナ公演をもって充電期間に突入。2018年1月に小室が電撃引退し、活動が凍結されていた。

 しかし、今夏には、東京オリンピックで金メダルを獲得した柔道・阿部詩選手が練習中に気持ちを盛り上げていた曲として「Get Wild」をあげ、ボクシングの森脇唯人選手が入場曲に「Get Wild」を使用したことで、ツイッターや検索のトレンドに「Get Wild」がランクイン。宝塚歌劇団雪組公演『CITY HUNTER』の劇中でも、アニメ版のエンディングテーマだった「Get Wild」が歌われている。

 時代や世代を超えてなお愛されている楽曲に背中を押されたかのように、TM NETWORKが再起動を発表。楽曲提供などで活動を再開していた小室は、アーティストとして完全復帰するにあたり、「改めて、お騒がせし、ご心配やご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします」と不倫疑惑や離婚などの騒動を謝罪したうえで「今しばらく音楽をやらせてください。働かせてください」と訴えかけ、「いろいろな過ちがあっても、まだやれると背中を押してくれる友がいる。待っていてくれるファンがいる。これからの自分に残された時間にできること全てで、音楽で少しでも光を灯せたら」と意欲をみせている。

中略

■TM NETWORK メンバーコメント

▽小室哲哉
改めて、お騒がせし、ご心配やご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

今しばらく音楽をやらせてください。働かせてください。
体力は以前より後退しましたが、なにより音楽を創るアイデアとエネルギーは確実に進化していると感じています。
TMはTMなりの活動をしたい。僕は僕なりの創作をしたい。
なぜなら、いろいろな過ちがあっても、まだやれると背中を押してくれる友がいる。
待っていてくれるファンがいる。
これからの自分に残された時間にできること全てで、音楽で少しでも光を灯せたら。
と、このコロナ禍に沢山の事を考え奮起致しました。

毎日感謝でいっぱいです。
この気持ちを忘れることなく、これからまた創作に励みます。

▽宇都宮隆コメント
6年ぶりにTM NETWORKとして、久しぶりに復帰した小室と音楽を通して向き合うことができ心強く感じました。
それぞれの個性は何も変わらず、TM NETWORKの物語は、まだ続いているんだと、確信できた気がします。このような時期でもありますが、TMとして、初の試みの無観客配信LIVEを見てもらいたいと思います。

▽木根尚登コメント
今まで事ある毎に言ってるから、聞き飽きてるかもしれないけど、歳を重ねる毎に強くなって行くんだ。てっちゃんやウツに出会ったから、TMがあったから、こんなに長い間音楽ができたんだって。
あれから何十星霜、色んな事があったけど皆んなに支えられて今を迎えられたんだと思います。そして、てっちゃんが戻って来てくれて僕に新たな挑戦を投げかけてくれる。
あーTMってこうしてやってきたんだと、プロデューサー小室哲哉を確信しました。
久しぶりに3人で音を奏でた時、心からそう思いました。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/cff259dbe059520e9df0f37676fd3c70d398e87d

(出典 pbs.twimg.com)


【【芸能】TM NETWORK、6年ぶり再起動!】の続きを読む


幸夫(はし ゆきお、1943年5月3日 - )は、日本の歌手、俳優、作曲家、プロデューサー。本名: 幸男(読み同じ)。血液型はA型。著書に認知症の実母の介護生活を綴った『お母さんは宇宙人』がある。 俳優の龍吾は息子、演歌歌手の宏之(ひろゆき)は甥にあたる。東京都荒川区出身。
60キロバイト (5,288 語) - 2021年9月29日 (水) 04:22



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/29(水) 12:03:22.89


9/29(水) 10:46
東スポWeb

【独自】橋幸夫が歌手引退へ 週明けに記者会見 12月にラストシングル発売
引退を決めた橋幸夫(東スポWeb)
 NHK紅白歌合戦に19回の出場歴がある大物歌手・橋幸夫(78)が引退することが28日、本紙の取材で分かった。80歳になる2023年5月3日の誕生日に行うステージを最後にマイクを置くという。早ければ週明けにも都内で記者会見を行い、橋本人の口から正式に引退を発表する。


 芸能関係者によると、橋はここ数年、歌手活動を続けるべきか辞めるべきか、悩みに悩んでいたという。人を感動させるエンターテインメントの世界では、いくら感情豊かな表現力に優れていたとしても、「年齢による声の衰えはどうすることもできず、このままでは観客やファンを満足させるパフォーマンスは出せない」と引退を決断。東京五輪後に関係者らと協議を重ね、このタイミングで公表する決心を固めたようだ。

 若かりし頃、自衛隊員や警察官に憧れを抱いていた橋は、「自衛隊や警察官の方々もサラリーマンと同じように定年がある。でも歌手にはない。納得いくステージができなくなり、けじめをつける意味でも2年後の誕生日を最後に、もう歌うのはやめよう」と、自ら“80歳定年”を設定した。

 事前にグループ解散日を発表したアイドルらが、それまで“解散コンサート”と銘打って全国行脚するケースはよくある。解散と引退では、そのニュアンスは決して同じものとは言えないが、橋も2022年1月から23年5月の誕生日まで“引退コンサート”を行う予定だ。

 関係者の一部からは「これでは引退ビジネスじゃないか?」と批判の声が出ることも覚悟のうえで、「長い間、応援してくださったファンの前で最後の雄姿を見せたいそうだ」(前出芸能関係者)。

 橋は1960年にリリースしたデビュー曲「潮来笠」で第2回日本レコード大賞新人賞を受賞し、NHK紅白歌合戦にも初出場した。これを皮切りに、76年まで紅白には17回連続出場、通算19回出場した。

 62年には吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」で第4回日本レコード大賞を受賞し、4年後にも「霧氷」で史上初となる2度目の大賞を受賞した。当時は舟木一夫、西郷輝彦とともに「御三家」としてアイドル的人気を集めた。63年には石川県金沢市でのコンサート中に軍刀を持った男に襲撃されたこともある。この時の後遺症により、橋は今も左手小指を伸ばすことができない。

 71年に発売したテレビドラマの主題歌「子連れ狼」は広くお茶の間に浸透し、80年代に入ると当時、漫才ブームで大ブレークしていたザ・ぼんちのおさむが橋のものまねをする時のポーズ「あり〜」が大受けし、橋はお笑いファンだけにとどまらず老若男女から脚光を浴びた。

 デビュー以来、500以上のオリジナル曲をリリースしてきた橋は、今年12月には、ついにラストシングルとなる引退曲(タイトル未定)をリリースする。テーマは警察官や機動隊員への応援歌になるものと思われる。

 波瀾万丈の歌手人生に終止符を打つことを決めたが、人生はまだまだ。80歳からの新しい人生に何を飾るのか、橋幸夫だから楽しみである。

☆はし・ゆきお 1943年5月3日生まれ。東京都出身。中学2年から作曲家の故遠藤実氏に師事。高校1年でビクターエンタテインメントのオーディションに合格し、60年「潮来笠」でデビュー。同曲の爆発的ヒットで日本レコード大賞新人賞を受賞。日本レコード大賞は、62年に吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」、66年「霧氷」で2度受賞している。歌手や俳優として活動するかたわら、モンゴル親善大使や介助犬サポート大使などを務める。老若男女問わず幅広い世代から支持されている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/56cabddb8a83d3c2a70e5e99932ed18d46d4d918


【【芸能】橋幸夫、歌手引退へ】の続きを読む


和田 アキ子(わだ アキこ、1950年〈昭和25年〉4月10日 - )は、日本の歌手、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ。所属芸能事務所は株式会社ホリプロ。ユニバーサルミュージック所属。 在日韓国人として出生し、その後日本へ帰化。血液型O型。 愛称はアッコ(さん・ちゃん)アコ(さん・ちゃん)、ゴッド姉(さん・ちゃん)、おせち○こ
107キロバイト (10,716 語) - 2021年9月28日 (火) 20:55



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/26(日) 21:51:23.75

9/26(日) 17:11配信
デイリースポーツ

和田アキ子

 歌手の和田アキ子が26日、TBS系「アッコにおまかせ!」に出演。新型コロナウイルスのワクチン接種の2回目を終えても、まったく副反応がなかったことを明かした。

 この日の番組では、ワクチンの3回目接種について特集。その際の副反応について、長野保健医療大の北村義浩特任教授は、イスラエルのデータでは3回接種した人の88%が2回目の副反応と比べて「同等」「軽い」と回答していることを紹介した。

 2回目の副反応は、発熱、けん怠感、頭痛などが出る人が多い。しかし、和田は「私はちなみに2回打ちましたけど、1回目も2回目もな〜んにも出ませんでした」と副反応がなかったことを告白した。

 これに対して、コメンテーターの出演者が一斉に反応。勝俣州和は「(注射の)量が足りないんです、アッコさんは。ポンプみたいに太いので打たないと」とツッコミ。くっきー!も「ゾウの麻酔に使うやつで!」と悪ノリした。

 和田は「それもハラスメントやで。あ〜ショックなこと言われちゃった〜」と返し爆笑。「こういう話の方が楽しくていいんだけどね」と涙を流すほど笑った。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/778e5a62ca9da61c73a51ca8f97c22a45ed94f42


【【芸能】和田アキ子、副反応「なんにも出なかった」】の続きを読む


川本 真琴(かわもと まこと、女性、1974年(昭和49年)1月19日 - )は、日本のシンガーソングライター。本名は川本 和代(かわもと かずよ)。福井県福井市出身。仁愛女子高等学校音楽科ピアノ科、仁愛女子短期大学音楽科ピアノ科卒業。血液型はO型。独身。 1996年、ソニーレコードより岡村靖幸が
57キロバイト (6,576 語) - 2021年9月11日 (土) 14:21



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/28(火) 13:00:00.19

9/28(火) 12:43
東スポWeb

川本真琴が突然の破局告白「また振られちゃった」「嘘みたいな人間関係はいや」
フラれてしまった川本
 シンガー・ソングライターの川本真琴(47)が28日、自身のツイッターで意中の男性にフラれたことを明かした。

 川本は「また振られちゃった。好きだったのは自分だけだったみたい。そんなふうには思えなかったんだけどな」と切り出した。

 続けて「だけど、なんか不安だった」と予感はあったという。

 そして「なんでかはっきりわからないし、それ以上は聞けなかった。でも、はっきり聞いたの。嘘みたいな人間関係はいやだし」と強調。

 気になるフラれた理由は「彼には好きな人が他にいたの」。

 さらに「どっちが」の後、連続投稿し「悪いとかいいの話じゃなく落ち込んでるから書いてるだけ。誰かに聞いてほしい」と訴えた。
 
 最後に「今日はちょうど英会話の日。話ができる人がいるだけでもありがたい。誰かを助ける仕事をしよう」と自分に言い聞かせるようにつづった。

 フォロワーからは「頑張って」「はっきり気持ちを聞けたから、前に進めるね」「ゆっくり休んでメンタル面整えてください」と励ますリプライが届いている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f9ea116a11f967be6961613273499a38f5223976


【【芸能】川本真琴「また振られちゃった」】の続きを読む


氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の歌手。2000年デビュー。 本名は山田 清志で、通称はkii、きーちゃん。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。
57キロバイト (4,030 語) - 2021年9月20日 (月) 01:18



1 (´?ω?`)知らんがな ★ :2021/09/25(土) 09:26:08.56

氷川きよし、麦わら帽子の優雅な“山スタイル”を披露「可愛すぎる」「どんどんきれいになっていくね」
https://hochi.news/articles/20210924-OHT1T51107.html

 歌手・氷川きよしが24日に自身のインスタグラムを更新し、“山コーデ”の最新ショットを公開した。

 氷川は「自然は癒される~。空気もいっぱい吸い込んでリフレッシュ」とコメントし、つばの広い麦わら帽子をかぶって緑豊かな自然の中でほほ笑む姿をアップ。「お洋服は山スタイル。by kiina」とデニムをブーツインした全身ショットも披露した。

 氷川のインスタでは21日に、スタッフがプライバシーや人格を侮辱するようなSNS上の投稿について「法的措置を検討いたします」と表明していたが、ネット上ではファンから「待っていたこの笑顔」「どんどんきれいになっていくね」「今日もかわいいー!」「素敵なブーツ」「麦わら帽の山スタイル可愛すぎる」などの声が上がっている。


(出典 hochi.news)


(出典 hochi.news)


【【芸能】氷川きよし、優雅な山スタイルを披露】の続きを読む

このページのトップヘ