海老蔵


五代目 尾上菊之助(ごだいめ おのえ きくのすけ、1977年〈昭和52年〉8月1日 - )は、日本の俳優、歌舞伎役者。屋号は音羽屋。定紋は重ね扇に抱き柏、替紋は四つ輪。歌舞伎名跡「尾上菊之助」の当代。 本名は寺嶋 和康(てらしま かずやす)。青山学院大学中退。公称身長173cm。
19キロバイト (2,349 語) - 2022年3月30日 (水) 03:40

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/26(火) 09:22:38.60

4/26(火) 6:05
女性自身

海老蔵“ライバル”菊之助が共演NG宣言!騒動連発に大物贔屓筋も激怒で深まる孤立

《もう反省です。もちろん違うこともありますが、それをいちいち否定するのも……。今後の生活態度で見極めて頂くしかない》

SNSでのナンパも含め、昨秋から複数の女性との“奔放愛”を何度も報じられていた市川海老蔵(44)が、4月21日に発売された『週刊文春』で沈黙を破った。

トラブルとなっていた義姉・小林麻耶(42)、國光吟氏(38)夫妻とは3月31日夜22時半から朝4時半まで6時間にわたって話し合い、《こちらは謝罪をする立場ですから『ごめんね』と。基本的に麻耶さんと國光さんが話をされ、私が聞いていました》と、直接謝罪したと語っていた。

だが、当の麻耶は4月21日のブログで《腑が煮えくりかえる》と激怒している。

《私たちは、(海老蔵の)おかえり、のブログに関して、直接頭を下げて謝罪してもらっていません》

依然、両者の言い分には大きな食い違いがあるようだ。

海老蔵はまた同誌で、年内にも行われるとみられる第十三代目市川團十郎白猿襲名披露興行に向け、複数の女性との交際について、こう主張していた。

《麻央を忘れたことはありません。今も深く愛しています。ただ……、子供たちや襲名のことを考えると、そろそろ再婚を視野に入れていたことも事実です。現時点で特定のお相手がいるわけではありませんが、決して複数の女性と手当たり次第に交際していたわけではない》

■本命の令嬢を紹介した関西の大物贔屓筋が度重なる報道に激怒

だが、本誌の取材によれば、今回の一連の騒動に大物贔屓筋が激怒しているという。後援会関係者がその内幕を語る。

「昨秋に報じられた交際女性の一人は、関西の贔屓筋から正式に紹介され、海老蔵さんも真剣に再婚を考えていた“本命”でした。ただ、複数女性との交際が発覚して、その女性は『もう海老蔵さんとは連絡を取らない』とキッパリ言い切っているようです。

紹介した贔屓筋も海老蔵さんにご立腹です。実は父・團十郎さんからの付き合いで、関西ではトップクラスの贔屓筋。今後の海老蔵さんの態度いかんでは襲名に協力しない可能性もあると思います」

今回の騒動に憤っているのは麻耶や、代々の贔屓筋だけではない。「團菊」と称され、ともに梨園を背負うライバル・尾上菊之助(44)もまた堪忍袋の緒が切れているという。5月から歌舞伎座の名物「團菊祭」が3年ぶりに開催されるが、2人の共演はないというのだ。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fffb46be17fbb879ccd78b1e1fa6fce5b98e0abb


【【芸能】ライバル菊之助、海老蔵共演NG宣言!】の続きを読む


市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵・市川ゑび蔵とも)は歌舞伎の名跡。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょうよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様に寿海老(ことぶき えび)がある。 市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵
6キロバイト (744 語) - 2022年1月14日 (金) 11:39

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/05(火) 12:26:20.05

4/5(火) 6:14配信
女性自身

《結婚してから約4年間海老蔵のせいで生き地獄でした。いくら甘すぎる私でも許すわけにはいきません。条件を提示し、許すかどうかとなるでしょう》

3月30日、ブログで義弟・市川海老蔵(44)への憤りを綴った、小林麻耶(42)。

「麻耶さんは、元夫で整体師の國光吟氏(38)と離婚したのは昨年4月だと明かしていました。海老蔵さんからは、“離婚したことは発表しないほうがいい”とアドバイスを受けたようです。

ですが、海老蔵さんが同年10月に投稿したブログによって、麻耶さんは離婚が示唆されてしまったと認識しているそうです。そのため、海老蔵さんのファンから誹謗中傷を受けたと訴えていました。麻耶さんはそのことに加え、海老蔵さんに関する出来事を次々と告発。両親と絶縁して、3月28日には國光氏と再婚するとも発表しました」(芸能関係者)

國光氏と麻耶はYouTubeで、

《妹が標準治療にいくまでにある空白の時間があります。そこの治療を勧めていたのは海老蔵です》《(妹が)ものすごく苦しくて本当に大変なときに競馬新聞を病室で開き、競馬を見ながら楽しんでいましたよね》

などと海老蔵批判を繰り返していたが、今はすべて削除している。

「麻耶さんは以前から幾度となく求めてきた謝罪を海老蔵さんが申し出たことを報告しました。しかし、海老蔵さんとこのまますんなり和解できるとは到底思えません。いっぽうの海老蔵さんは現在まで麻耶さんとの騒動について一切、語っていません。今後も話すつもりはないそうです」(前出・芸能関係者)

■調子が思わしくない実母・希実子さんの面倒は主に海老蔵の妹が――

義姉との関係が冷えきるなか、海老蔵は実母との距離も離れたままだという。昨年6月、本誌は海老蔵と母・希実子さん(69)との“亀裂”を報じている。

「昨春、海老蔵さんが生まれ育った実家が密かに松竹によって売却され、解体されました。 もともと、あの敷地面積300坪の実家は海老蔵さんの祖父・十一代目の團十郎さん(享年56)が’61年に建てたもの。その家を先代の團十郎さん(享年66)が守り続けました。希実子さんにとっても亡き夫との思い出がいっぱい詰まった家を失い、大きなショックを受けたようです。『なんとか買い戻してほしい』と海老蔵さんに訴えたのに、聞き入れてもらえなかったそうです」(歌舞伎関係者)

海老蔵は現在、長女・麗禾ちゃん(10)、長男・勸玄くん(9)と暮らしているが、希実子さんは海老蔵の妹・市川翠扇(42)と暮らしているという。

「少し前から希実子さんは足腰の調子があまりよくなく、翠扇さんが日ごろのお世話をしていると聞いています。海老蔵さんが希実子さんを積極的にサポートしているという話は聞こえてきません」(前出・歌舞伎関係者)

そんなさなか、3月に海老蔵に女性たちとの密会報道が――。

「“まん延防止等重点措置”のなか、都内で女性と密会する姿や、ホテルでお金を渡すなど4人の女性が登場する記事でした。人気インフルエンサーの20代女性には、SNSのメッセージ機能を使って海老蔵さんから声を掛けたとか。海老蔵さんは、こうした“SNSナンパ”を頻繁に繰り返しているそうです。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a24d67259e041545f6b45e92d99771afedf646c5


【【芸能】海老蔵、二股交際の痛すぎる代償】の続きを読む


市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵・市川ゑび蔵とも)は歌舞伎の名跡。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょうよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様に寿海老(ことぶき えび)がある。 市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵
6キロバイト (744 語) - 2022年1月14日 (金) 11:39

1 muffin ★ :2022/03/28(月) 17:30:46.58

https://www.news-postseven.com/archives/20220328_1739704.html?DETAIL

インスタグラムやTicTokのダイレクトメッセージ機能を駆使した「SNSナンパ」で、昼夜問わずに複数の若い女性と逢瀬を繰り返していることが、3月24日発売の『女性セブン』で報じられた歌舞伎役者の市川海老蔵(44才)。ただ、海老蔵は長女・麗禾ちゃん(10才)、長男・勧玄くん(9才)という2人の子を持つシングルファーザー。夜中まで女性と会っていて、誰がその間に子供の面倒を見ているのか、と疑問を抱く人が多いという。

海老蔵が頻繁に更新するブログを見ると、子供たちが朝起きるところから、歌舞伎の稽古に励むところ、食事をするところなど、さまざまなシーンが写真付きで投稿されている。それだけを見るとイクメンブログであり、「子育てに熱心なパパ」という印象を抱くが、実態は少々異なるという。芸能関係者が明*。

「海老蔵さんは地方巡業で何日も家を空けることがありますし、東京にいても、仕事の打ち合わせや稽古、サウナやジムに行くなどの体のメンテナンスで、かなりの時間は自宅を留守にしています。ましてや、子供たちの学校行事や習い事などに付き添うことはほぼできません。実は、2017年に乳がんで亡くなった小林麻央さんのお母さんがずっと面倒を見ているんです。海老蔵さんにとってみれば、“義理の母”に当たります」

海老蔵一家が暮らすのは、都心にある高級マンション。麻央さんが存命のときに引っ越し、そのマンションで闘病生活を送った。

「麻央さんの死後は、麻央さんのお母さんが海老蔵さんの自宅マンションで“同居”して、2人の子供たちの生活を支えているんです。麻央さんの死後4年以上が経ちますが、海老蔵さんと義母と子供2人という“4人暮らし”がずっと続いています。
 あれだけ生活の隅々までブログで紹介しているように見える海老蔵さんですが、なぜか義母のことは一切、登場させません。食事中でも、自宅で家族でくつろいでいるところでも、絶対に義母が写り込まないように写真を撮って、ブログにアップしているのです」(前出・芸能関係者)

ブログでは、海老蔵が地方巡業で東京を離れているときでも、子供たちの日常生活の様子がアップされることがある。それらの写真は、麻央さんの母親が撮影して、海老蔵に送っているようだ。

「海老蔵さんが外で女性と食事をしていたり、ホテルに行っていたりする時間に、しばしば、まるで自宅で子供たちと過ごしているかのような写真がブログにアップされます。それも、麻央さんのお母さんが代わりに撮影して送っているそうです。海老蔵さんが外で自由に羽を伸ばしながら、まるで完璧に子育てをこなしているようなイメージを、ブログを駆使して作り上げられているのは、麻央さんのお母さんのおかげなんです」(前出・芸能関係者)

子供たちの幼稚園や小学校の行事に、海老蔵ではなく、麻央さんの母親が付き添っている場面はよく目撃されてきた。子供たちも祖母にはよくなついていて、いまの海老蔵一家には、なくてはならない存在のようだ。

一方で、海老蔵自身の実母・堀越希実子さんは、海老蔵一家にどのようにかかわっているのか。本来であれば、海老蔵の父・十二代目市川團十郎の妻であり、歌舞伎界の重鎮ともいえる希実子さんが、将来の歌舞伎を背負う勧玄くんの子育てや教育にかかわってもいいはずだ。

「希実子さんと海老蔵さんは、いまは連絡を取り合っておらず、事実上の断絶状態だといいます。

全文はソースをご覧ください


【【芸能】海老蔵、ブログで作り上げた「イクメン」の嘘】の続きを読む


市川海老蔵(いちかわ えびぞう、市川蝦蔵・市川ゑび蔵とも)は歌舞伎の名跡。屋号は成田屋。定紋は三升(みます)、替紋は杏葉牡丹(ぎょうよう ぼたん)。また替紋とほぼ同様の使われ方をする役者文様に寿海老(ことぶき えび)がある。 市川海老蔵は初代團十郎の幼名が海老蔵
6キロバイト (744 語) - 2022年1月14日 (金) 11:39

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/24(木) 20:33:16.17

3/24(木) 16:15
NEWSポストセブン

海老蔵に“SNSナンパ”されホテル密会した女性が告白「2万円を手渡されました」

 さすが稀代の役者の「早替り」と言うべきか。あちらで女性と一幕、こちらで一幕、あッという間にまた一幕。SNSでコッソリと声をかけては、次々に手をかけていく「大立ち回り」だ。ブログでは絶対に明かされない、市川海老蔵(44才)の正体、見たり。

 歌舞伎界の大スター・市川海老蔵いろいろな意味で“元気”だ。3月中旬、主演する『六本木歌舞伎』の公演が中止になった海老蔵は、東京都に「まん延防止等重点措置」がとられている最中に女性と深夜まで密会。

 それに先立つ3月上旬には、黒の革ジャンに黒のパンツというカジュアルな出で立ちのB美さんとホテルで密会。さらに3月11日から3日間、福岡公演を行った際には、フェミニンなグレーのロングコートの下に黒いロングベストを着て、胸元と右手にはシルバーアクセサリーが光るC子さんとホテルで密会した。

 海老蔵が複数の女性とのデートを楽しんでいる様子は、昨年10月の『週刊ポスト』でも報じられた。巡業先の岡山・倉敷では、若い黒髪の女性と鉄板焼きデートを楽しんだ翌早朝、女性の宿泊するホテルを自転車で訪問。二つ折りにした一万円札の束を渡し、女性の部屋へと入っていった。その日の夜には、鳥取・米子の高級旅館の特別室で、ボブヘアの目元が涼やかな女性と時間をともにした。

 歌舞伎界を代表する二枚目ともなれば、モテるのは当然だろう。妻・小林麻央さん(享年34)の死から4年が過ぎ、2児の父ではあるものの、独身の海老蔵が恋愛を楽しむことは、自然なことだ。しかし“いつも違う女性”というのはいささか心配にもなってくる。どこでそれだけ多くの女性と接点を持つのだろう。

「海老蔵さんは、SNSのメッセージ機能を使って一般の女性やインスタグラマー、TikTokerなどに声をかけて、会う約束を取り付けているようです。平たく言うと『SNSナンパ』で、多重交際をしているんです」(芸能関係者)

 不特定多数に向けて日記や写真、つぶやきを投稿するのに対し、メッセージ機能は特定のユーザーと直接、個人的にやりとりが可能だ。歌舞伎ファンだという20代の女性が明*。

「以前から海老蔵さんのファンで、TikTokの投稿やライブ配信を見ていました。私自身も動画を公開しているのですが、ある日突然、海老蔵さんからメッセージが届いたんです。

 まさか本人から連絡がくるとは思わなかったので、はじめは偽物か、海老蔵さんのアカウントがのっとられたんじゃないかと疑ったほどです。しばらくやりとりしていたら、“直接会おうか”っていう話になったんですけど、やっぱり怖くなって、お断りしてしまいました」

 また別の女性・D代さんは、実際に海老蔵と都内のホテルで関係を持った。20代半ばのD代さんは、50万人以上のフォロワーを持つ、人気インスタグラマーだ。きっかけはやはりSNSのメッセージ機能だったという。

「最初は私の仕事や、普段の生活についてなど、当たり障りのないやりとりをしていました。すると海老蔵さんからLINEに切り替えないかと提案されました。SNSの機能なら誰でも海老蔵さんにメッセージを送れますけど、LINEを教えてもらったことで、特別な存在だと言われているような気がしてうれしかったです」


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e7ac06e1d44a825a2d5433e606646f975597967


【【芸能】海老蔵、SNSナンパされホテル密会した女性が告白】の続きを読む


『えんとつ町のプペル』(えんとつまちのプペル、英題:POUPELLE OF CHIMNEY TOWN)は、日本の絵本。西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した(幻冬舎、2016年10月21日)。メインイラストレーターは六七質。2021年9月時点で累計発行部数は70万部を記録している。
43キロバイト (5,694 語) - 2022年1月26日 (水) 14:42



1 jinjin ★ :2022/02/02(水) 07:31:56.87

海老蔵『プペル歌舞伎』の大誤算…高額席が売れ残り、異例の値下げも敢行


「公演関係者に体調不良が確認されたことで、19日と千穐楽の20日の公演が中止に。21日から同会場で行われる予定だった海老蔵さんの企画公演『いぶき、』も中止になりました」(舞台関係者)

波乱の終幕となった市川海老蔵(44)による新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』。海老蔵も25日にブログで《ここ数日なかなか起きれませんでした》とつづるなど、相当ショックを受けている様子だった。


実は公演初日である1月3日、対照的な海老蔵の姿を本誌は目撃している。
終演後、東京・新橋演舞場の楽屋口から出演者でもある長女・ぼたん(10)と長男・勸玄(8)とともに現れた海老蔵。

サングラスをかけ、高級ブランドのダウンに身を包み、ファンの声援に「ありがとう!」と笑顔で応じて、車に乗り込んでいた。

千穐楽中止という“笑えない”事態にあった海老蔵だが、『プペル歌舞伎』に懸ける情熱は相当なものだったようだ。
「原作となったキングコングの西野亮廣さん(41)が手掛けた絵本に海老蔵さんがほれ込み、自ら歌舞伎化オファーを西野さんにしたそうです」(前出・舞台関係者)


実は、海老蔵にとって公演中止以上に衝撃的なことが起こっていたと、ある歌舞伎関係者はいう。

「空席が目立つ日もあったそうなんです。『プペル歌舞伎』のSS席の値段は3万円。歌舞伎座での通常公演の最も高い席の倍近い値段で、かなりの高額設定です。安い席は早々に完売しましたが、1万円以上の席の売れ行きが予想より伸びなかったと聞いています。海老蔵さんが出演する新橋演舞場での新春歌舞伎といえば、毎年チケット争奪戦になっていたので、驚きましたね……」


まさかの“売れ残り”に海老蔵サイドは苦渋の決断をくだす。

「あるチケット販売サイトでは、1万4千円のS席が、サイトの会員限定価格として1万2千円で販売されていたんです。歌舞伎座や新橋演舞場など、松竹直営の劇場で行われる歌舞伎公演で、値下げをすることはありません。しかし、『プペル歌舞伎』の主催者である実行委員会に松竹の名前はない。赤字が出た場合、海老蔵さんと西野さんサイドがかぶることになりますから、少しでもチケットの売り上げを伸ばすために値下げを敢行したのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)


全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/67517602af1efb896bd18ad2e5674fd418c21bff?page=1


【【芸能】海老蔵、プペル歌舞伎の大誤算…】の続きを読む

このページのトップヘ