深田恭子


深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回
76キロバイト (8,408 語) - 2021年10月10日 (日) 06:23



1 Anonymous ★ :2021/10/10(日) 21:22:50.14

俳優の深田恭子が10月6日、『2021 FNS歌謡祭・秋』(フジテレビ系)に出演。激ヤセし朦朧とした姿に、ファンから心配の声が殺到している。

この日、ゲスト出演した深田は番組企画で『THE ALFEE×阿佐ヶ谷姉妹』の『星空のディスタンス』をリクエストし、「もともと高見沢さんと『堂本兄弟』でご一緒させて頂いていたんです」とコメント。

続けて、「『あ! 高見沢さんだ』と思ってテレビを観ていたら、コラボしているんだと最初思ったんですけど、途中から坂崎さんのコスプレをした(阿佐ヶ谷姉妹の)江里子さんがとてもソックリで…。何気なく歌っていたので、さらに見入っちゃいました。まさかの展開で、これは大好きです。何度でも観たい!」と嬉し気な様子を見せていた。

深田恭子の復帰は早すぎた?

しかし、深田は終始、笑顔は見せていたものの、声は*れどことなく呂律が回らないしゃべり方だった。これに、ファンからは

《表情を見ただけで、まだ復調していないことは一目瞭然。しゃべり方も普通ではなかった。映画のキャンペーンのために無理に復帰させられた感じがする》
《芸能界って怖いですね。あの状態で出演を見合わせるという判断が出来る人間が周りにいないって…。誰がどう見てもいつもの深キョンじゃないよ》
《声を出すのも辛そう…。映画の宣伝のために強い責任感で復帰したんだろうけど、誰がどう見ても復帰が早いと感じる》
《たぶん抗うつ剤の影響かもしれないね。たった3カ月で治る病気じゃないし、メンタルはそれこそ年単位。1年くらい休ませてあげて!》

などと、深田の体調を気遣う声が殺到している。

「深田は15日から公開される主演映画『劇場版 ルパンの娘』の映画宣伝を兼ねて出演。『笑って泣けるエンタメ超大作。ぜひご覧ください』と視聴者に呼びかけましたが、深田のあまりにも痛々しい姿を見て、笑えないと感じたファンも多かったんじゃないでしょうか。深田は5月26日に〝適応障害〟による活動休止を発表し、9月2日に活動再開を報告しましたが、どうも映画の公開に合わせて無理に復帰したように感じられますね。頬がコケて声も*れ*れの状態を見たら、復帰は時期尚早に思われます。ファンも気が気じゃないでしょう」(芸能記者)

深田は数年先まで仕事がぎっしり詰まっていて、これ以上休めないというのが事務所の判断だったようだが、頑張りすぎてまたぶり返さないかが心配だ。
https://myjitsu.jp/archives/308270


【【芸能】深田恭子、激ヤセし朦朧とした姿】の続きを読む


深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回
75キロバイト (8,343 語) - 2021年10月3日 (日) 08:32



1 湛然 ★ :2021/10/08(金) 05:25:03.77

深田恭子「キュンが止まらない」 ピアノ対決で10人が“てっぺん”の座狙う 
10/8(金) 5:00 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/358b10a2a6d397a4c30db8dd4fa4b4266a79f486
土曜プレミアム『TEPPEN2021秋』にゲストとして出演する深田恭子 (C)フジテレビ

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)



 芸能人が自らのとっておきの特技を披露し、その分野でのナンバーワンを決めるフジテレビ土曜プレミア『TEPPEN』。9日午後9時から放送の『TEPPEN2021秋』では『ピアノ』『ダンス』の2種目で競い合う。

 番組は、各界から集まったいずれ劣らぬ強者(つわもの)たちが、その道の“てっぺん”の座を本気でつかみにいく。ピアノ対決は、俳優、アイドル、YouTuber、そしてあの人気キャラクターなど、多岐に渡るジャンルの芸能人ピアニストが集結する。

 戦いのルールは、桑田佳祐の「SMILE~晴れ渡る空のように~」やYOASOBIの「三原色」、LiSAの「炎」など、平成・令和、3つの時代でヒットした30曲の中から自ら選んだ2曲でミスタッチ・プレッシャー決戦となる「ゲームステージ」と、自身の好きな曲を披露。「表現力」「正確性」「リズム」などの審査項目により採点される「フリーステージ」との合計点でTEPPENが決定する。

 ピアノTEPPENに挑むのは、5度の優勝歴をもちながら前回、前々回とハラミちゃんに破れ、悔しさをバネに練習を積んできた元AKB48・松井咲子、今大会最年少の19歳で現役音大生アイドル・後藤理花(ザ・コインロッカーズ)、初出場初TEPPENを目指す若手女優・新條由芽。

 2017年以来の優勝を虎視眈々(たんたん)と狙うフリーアナウンサー・杉浦みずき、YouTubeやTikTokで大人気の次世代インフルエンサーで今大会のダークホース・ぴあの男子ゆうちゃん、ピアノ歴19年を誇る、音大ピアノ科卒の伊藤詩乃(Malcolm Mask McLaren)、ピアノ歴17年を数える大人気2.5次元俳優・佐藤たかみち。

 さらに、ピアノ歴23年のお笑い芸人・カニササレアヤコ、伊藤・佐藤・カニササレアヤコを上回るピアノ歴24年を誇る、ものまねピアノタレント・まなまる、YouTubeでドラムやサックスを披露するなど、音楽の才能も豊かな国民的キャラクター・ムック。10人が“てっぺん”の座を本気でつかみにいく。

 アレンジの効いた力強く美しい音色に、ゲストの深田恭子は「キュンが止まらないです」とコメント。深田、小沢真珠、そして音楽プロデューサーの松任谷正隆が見守る中、緊張感MAXのスタジオでピアノの“てっぺん”に輝くのは?

 一方のダンス対決には、日本を代表するダンスパフォーマーが集結。ダンスバトルTEPPENに挑むのは、前回のリベンジを誓うグローバルボーイズグループ・JO1を率いるダンスリーダーの川尻蓮、極真空手の有段者で、身体能力と動きのキレに絶対の自信を誇る、2.5次元舞台俳優の佐藤流司。

 東京2020オリンピックの開会式で大きな話題となったピクトグラムの“中の人”MASA、世界の“てっぺん”を獲(と)ったパーフェクトダンサー・FISHBOY、そしてLDHの看板を背負い、TEPPEN2連覇を目指すアクロバットパフォーマー・浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)の5人。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【芸能】深田恭子「キュンが止まらない」】の続きを読む


深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回
75キロバイト (8,343 語) - 2021年10月3日 (日) 08:32



1 マー坊(帝国中央都市) [RU] :2021/10/07(木) 10:21:56.42


深田恭子、『FNS歌謡祭』でコメント出演も心配の声「大丈夫なの?」「まだ早いのでは」

 深田恭子が、6日放送の『FNS歌謡祭 秋~もう一度観たい名曲名演~』(フジテレビ系)に出演。主演映画
の告知を兼ねて、歌のリクエストをした。

 「わたしのリクエスト」コーナーに出た深田は、「もう一度観たい」1曲として、昨年『FNS歌謡祭 第2夜』
で、THE ALFEEと阿佐ヶ谷姉妹がコラボした『星空のディスタンス』をリクエスト。

 そのオンエアをちょうど見ていたという彼女は「『あっ!高見沢さん(高見沢俊彦)だ』と思って見ていた
ら、途中から坂崎さん(坂崎幸之助)のコスプレをした江里子さん(阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子)が、
(坂崎さん)そっくりで何気なく歌ってらっしゃって、さらに見入っちゃいました」と回顧。

 続けて「まさか、まさかの展開で、これは大好きです。何度でも見たいです」とも。この後、そのコラボ映
像がプレイバックされ、深田もワイプ越しで笑顔で鑑賞。見終えた彼女は「気持ちが上がりますね。こんなに
も息が合ってるのが、すごいですよね」と絶賛。さらに「私、阿佐ヶ谷姉妹さんが大好きで、本も持ってま
す」など、阿佐ヶ谷姉妹について熱弁。この後は主演映画『劇場版ルパンの娘』の告知をした。

 今年5月、適応障害と診断され治療に専念するため活動を休止することを発表した深田。先月2日、休養を終
え、活動を再開することを報告していたが、この日の彼女はいくぶん頬もこけ、さらに声も*れ気味。

 完全回復とは決していえない様子にファンからは「深キョンだ!嬉しい!って思ったけど、この状況で大丈
夫なの…??」「深キョン、まだ復活しちゃダメだ…視線もうつろやし、頬もこけこけで、覇気も無いし、舌
が回ってないやないの」など心配の声が寄せられている。
https://www.rbbtoday.com/article/2021/10/07/192662.html

動画
https://www.youtub%65.com/watch?v=4LBM0JAtFZU

(出典 Youtube)


深田恭子さん、1日18時間労働が3週間続き倒れる

(出典 imgur.com)


【【芸能】深田恭子、テレビで呂律回らず顔面硬直】の続きを読む


深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回
75キロバイト (8,343 語) - 2021年9月27日 (月) 11:20



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/28(火) 06:18:09.70

9/28(火) 5:15
東スポWeb

深田恭子スピード復帰の背景に〝想像以上の愛情〟があった!
舞台あいさつで笑顔を振りまいた深田恭子
 女優の深田恭子(38)が27日、都内で行われた主演映画「劇場版 ルパンの娘」(10月15日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。5月26日に「適応障害」による活動休止を発表、今月2日に活動再開を報告して以降、公の場に現れるのは初。わずか4か月あまりで表舞台に帰ってきたが、これには周囲が想像する以上の強烈な〝ルパン愛〟があった。

 深田は5月24日のイベントに登場した2日後、適応障害のため活動休止を発表した。今月2日に活動再開を報告したが、3か月のスピード復帰には驚きと心配の声が上がっていた。

 公の場に現れるのは4か月ぶり。心身の回復具合に関心が寄せられた。

 白のレースドレス姿の深田は、まだほっそりしたままのようにも見えるが、いつものように間を取りながらゆっくりとトークを展開。終始にこやかで、会場のファンに手を振る場面もあった。

 同作は、2019年7月期と20年10月期の2回、自身が主演を務めたフジテレビ系連続ドラマの映画版。深田は伝説の泥棒一家の〝女泥棒〟を熱演した。

 意外だったのは、本人がこの日の舞台あいさつで「ずっと同じ役をやらせていただいた。間(あいだ)に他の(出演)作品はない」と語ったように、19年夏から今年秋までの2年間、女泥棒以外は演じていなかったことだ。適応障害による活動休止のため、主演のはずだった今年7月期のフジ系連続ドラマ「推しの王子様」はクランクイン前に降板した(代役は女優の比嘉愛未)。

 2年間、女泥棒にどっぷりハマったのもあり、「ルパンの娘」に対する思い入れは強烈。それもスピード復帰につながった一因という。

「『ルパンの娘』に対する熱量はハンパなかったです。撮影前からそうでした。コロナ禍で撮影が海外ロケから国内ロケに変更、さらに国内ロケも当初予定した場所から別の場所への変更を余儀なくされました。深田さんは『撮影はできますか?』と相当心配していたそうです。この映画にかけていたので」(関係者)

 ドラマ版「ルパンの娘」の視聴率は苦戦し、19年が全話平均視聴率7・1%、20年が同5・7%だった。だからこそ映画版で挽回したいとの思いもあったようだ。

「昨年末から撮影が始まると、ドラマ版よりアクションシーンの難度がアップしたことに戸惑いもあったようで、肉体疲労の蓄積が激しかったそう。それでも、この映画にかける思いからやりきりました」(同)

 だからこそ、他でもないこの仕事で表舞台に帰ってきたかったのだろう。作品のテーマの一つである「絆」について聞かれた深田は、「この現場」に絆を感じると回答した。

「その結末に、あなたも心を奪われる」をうたう同作だが、一番心を奪われ、魅了されたのは深田だったかも!?

(視聴率は関東地区、世帯。ビデオリサーチ調べ)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/037da3eec6ca71232d46586a0407ce6b7d38bef7


【【芸能】深田恭子、想像以上の愛情があった!】の続きを読む


深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名同じ。愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)、きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)。 東京都北区出身。ホリプロ所属。 1996年、中学2年生の時に歌手・華原朋美に憧れ、第21回
73キロバイト (7,998 語) - 2021年9月27日 (月) 02:55



1 ひかり ★ :2021/09/22(水) 11:39:19.65

 「劇場版 ルパンの娘」(10月15日公開)の公式インスタグラムが21日に更新され、主演を務める女優の深田恭子(38)がワイヤーアクションに挑む姿を公開した。

 「#ルパンの裏娘 ワイヤーアクションだって華にはお茶の子さいさいや~!」とつづり、タイトな赤いボディースーツと仮面を身に着け、ワイヤーを体に装着した深田の写真をアップ。ハッシュタグでは「#深田恭子#オフショット」と記した。

 この投稿にファンは歓喜。「待ってました~!」「恭子ちゃん大好き」「恭子ちゃんの頑張りが詰まった映画ですね」「可愛いし、スタイル抜群」「公開が楽しみです」「キョンちゃんのオフショットたくさんお願いします」などの声が寄せられた。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce3bace7163befc2f12c474ee90fe870f2e23622

(出典 www.sponichi.co.jp)


【【芸能】深田恭子、タイトな衣装でワイヤーアクション】の続きを読む

このページのトップヘ