田中圭


小栗 (おぐり しゅん、1982年〈昭和57年〉12月26日 - )は、日本の俳優・映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗である。
73キロバイト (9,428 語) - 2021年12月26日 (日) 13:46



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/27(月) 06:17:57.50

12/27(月) 6:05配信
女性自身

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

「小栗さんは自分の出番がないときもわざわざスタジオに来て、共演者に挨拶するほどの気遣いを見せています」(テレビ局関係者)

主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)の放送が間近に迫る小栗旬(38)。

座長として奮闘するかたわら、主演ドラマ『日本沈没ー希望のひとー』(TBS系)の最終回の平均世帯視聴率も16.6%を記録するなど、絶好調な小栗だが、今年“大きな挫折”を味わっていた。

「7月公開の映画『ゴジラvsコング』でハリウッドデビューしましたが、小栗さんの出番は約2時間のなかでたった10分ほど。小栗さんも“ほろ苦デビュー”と語っていましたが、“絶対にいつか見返してやる”とリベンジを誓っているそうです」(映画関係者)

俳優歴28年目を迎えても高い壁に立ち向かう小栗。そこには“亡き恩人”の存在があるという。

「小栗さんは10日に出演した『中居正広の金スマスペシャル』(TBS系)で、今の事務所に誘ってくれた女性マネージャーが’04年に亡くなっていたことを告白。小栗さんがブレークする姿を見せられなかったことから、売れた今でも、“常に彼女に誇れる仕事をしよう”と心に誓っているそうです」(芸能関係者)

そんな小栗と熱い絆で結ばれた盟友が。事務所黎明期からともに苦闘してきた田中圭(37)だ。

「田中さんは小栗さんの数年後に事務所に入所して以来、約20年の仲。女性マネージャーが亡くなった際、事務所の所属俳優は小栗さん、田中さん、鈴之助さん(37)の3人しかおらず、事務所を解散する話もありました。それでも小栗さんが“俺らでなんとかしよう”と呼びかけ、田中さんと頑張ってきました」(前出・芸能関係者)

’20年、本誌で将来的に小栗が事務所の社長になる構想があることを報じたが、小栗には就任後の夢があるという。

「小栗さんは今すぐハリウッドに再挑戦する意向はなく、いずれ社長として、田中さんら所属俳優とともにハリウッドで活躍できる事務所にしたいと考えているそうです」(前出・芸能関係者)

自らの“ハリウッドの夢”を封印し、小栗は事務所一丸となって夢をかなえるーー。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3c9ab5c834fdf58cac48e2119e478faae54f8c8


【【芸能】小栗旬、田中圭との苦闘20年】の続きを読む


田中 (たなか けい、1984年〈昭和59年〉7月10日 - )は、日本の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都江東区亀戸出身。 渋谷教育学園幕張高等学校卒業。 2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、脇役ながら注目を集める。
81キロバイト (11,077 語) - 2021年11月18日 (木) 04:09



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/18(木) 22:04:35.20

11/18(木) 21:31
週刊女性PRIME

田中圭、深夜パーティーで泥酔キス報道も「45人参加」で疑われる“都の要請”無視
田中圭
 11月17日発売の『女性セブン』が、またもや人気俳優・田中圭による泥酔現場の一部始終を報じた。同誌によれば、男性5人に対してモデル風の女性40人という、しかも深夜24時にスタートの何ともいびつな飲み会が開かれたようだ。

 舞台になったのは東京都港区の住宅街にある、芸能人御用達の会員制カラオケバー。会の中心にいた田中のほか、男性陣にはドラマで共演したHey! Say! JUMPの山田涼介、そして読売ジャイアンツの一軍投手チーフコーチを務める桑田真澄の次男・Mattの姿もあったとある。

「近隣住民の話として“うるさくて眠れなかった”と誌面で伝えているように、45人超えの大人数によって夜通し行われた飲み会はパーティーそのもの。午前3時頃には呂律が回らないほどに酔っていたという田中くんは、それでも必死になって女性の名前を覚えようとしたり、あろうことかMattと濃厚なキスを交わしたと(苦笑)。

 山田くんは危険な場の空気を察知したのか、避難するように別の部屋で寝ていたみたいですね。午前4時でお開きになると、店員に支えられてタクシーに乗り込んだ田中くん。“今回は”無事に帰れたのでしょうか」(情報番組ディレクター)
誕生日会の後にコロナに感染

 泥酔状態でタクシーに乗り込み、寝込んでしまった田中が料金を支払えずに運転手によって警察に通報されたのが2020年8月のこと。酔いが覚めるまで数時間にわたって警察署で保護されていたことが、後にNHKのニュースによって報じられた。

 また2021年7月には20人を超える人数を自宅に招いて、自身の誕生日パーティーを開いていたことを『文春オンライン』で報じられた。この時、東京は「まん延防止等重点措置」が適用された状況下で、皆が自粛生活を送っていた最中に行われた大人数での“飲み会”に批判の声が向けられた。

「さらに最悪なことに、7月10日の誕生日の10日後に田中くんが新型コロナに感染したことも発表されたのです。タイミング的にもパーティーで“感染させた、感染させられた”といった疑惑が浮上しましたが、その事実関係はないとされています。

 文春報道後、会の主催者だった眞島秀和が“深く反省”と謝罪の意を示す一方で、主役の田中は“招かれた”からかダンマリを決め込み、彼の所属事務所がコロナ感染を謝罪するのみ。ドラマや映画、CMに引っ張りだこの売れっ子俳優を守りたい気持ちはわかりますが、これでは本人も反省しないのでは?」(前出・情報番組ディレクター)

 そんな心配が現実のものとなったのが、冒頭の45人超えの飲み会というわけか。泥酔して失態を繰り返す行為は人気者のイメージを損う恐れもあるが、それ以上に問題視されかねないのが、飲み会が実行された「月日」だ。

「あまり見かけない構成だとは思いました」とは、記事に違和感を覚えたというスポーツ紙芸能デスク。どういうことか。

「本文の始まりが《午前2時、東京都港区の住宅街に》なんですよ。ニュース原稿でも言えるのですが、例えるなら通常は“11月18日午前2時ごろ”、もしくは時間は“未明”として、まず出来事が起きた月日が明かされます。週刊誌は日付を伏せることも多いのですが、それでも“11月上旬”や“11月中旬”、または“10月下旬”と記載されますね。ですが、今回の記事はいつ起きた出来事かわからないようになっているんですよ」


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/673b8504bedb5b38397c33099ca386c58d86e688


【【芸能】田中圭、深夜パーティーで泥酔キス報道】の続きを読む


田中 (たなか けい、1984年〈昭和59年〉7月10日 - )は、日本の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都江東区亀戸出身。 渋谷教育学園幕張高等学校卒業。 2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、脇役ながら注目を集める。
81キロバイト (11,077 語) - 2021年11月18日 (木) 04:09



1 湛然 ★ :2021/11/18(木) 05:55:59.60

田中圭、4年ぶり『ドクターX』出演 「まさかまた戻ってこられるとは」
公開日:2021/11/18 05:00 クランクイン!
https://www.crank-in.net/news/96582/1
ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』第7シリーズ7話にゲスト出演する田中圭と主演の米倉涼子(C)テレビ朝日

(出典 www.crank-in.net)



 女優の米倉涼子が主演するドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第7話(11月25日放送)に、俳優の田中圭がゲスト出演することが発表された。第1シリーズ(2012年)で新米外科医・森本光を演じ、第5シリーズ(2017年)にもレギュラー参戦した田中は、4年ぶりの『ドクターX』に、“ちょっとイタくなった森本”として登場する。

 最新第7シリーズでは、100年に一度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が最強の敵として、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)の前に立ちはだかる。

 第1シリーズでは失敗しない外科医・大門未知子(米倉)に憧れ、外科修行のため米国へ旅立つほどの熱意を見せた森本だが、未知子には腕も自信も到底及ばず、5年後の第5シリーズでもポンコツぶりをたびたび発揮。そんな中でも一生懸命頑張る森本は、愛すべきキャラクターとしてファンから根強い支持を得てきた。

 ところが、今回はどうも様子が違うよう。今では自らの動画配信がバズり、多大な影響力を持つ“医療系インフルエンサー”として開花。「東帝大学病院」のブランディング強化をもくろむ蜂須賀と手を組み、精力的な広報活動を展開する一方、未知子に対しても「これからの医者の武器はメスじゃない。影響力だ」と大口をたたく…。

 そんな森本について、田中は「影響力を手に入れて、わかりやすく迷子になっているというか、ちょっと調子に乗っているというか…(笑)。僕自身もいろいろ迷った末に、今回は“ちょっとイタくなってる森本像”を作りました。視聴者の皆さんにも、今までとはちょっと毛色の違う森本と、相変わらずのポンコツぶりを楽しんでいただけたらなって思います」とコメントしている。

 「僕は一回の失敗で学べるタイプじゃなく、同じ失敗をちょっとずつ何回も繰り返しながら、だんだん濃度が薄くなっていくタイプ」という田中にとって、「失敗しない大門未知子は憧れの存在」なのだそう。「そんな大門先生のそばにいられる森本は、愛着があるキャラクター。まさかまた戻ってこられるとは思っていなかったので、素直にすごくうれしいです」と目を輝かせる。

 田中と4年ぶりに撮影を共にした米倉も「圭ちゃんのお芝居は第1シリーズのときと変わらず、さすがの安定感があって、久しぶりとは思えない居心地のよさを感じました。と同時に、“俳優さんとしてさらに大きくなったな!”と。実際、身長も高くなったと錯覚したくらいです!」と、感慨深げ。

 田中自身も「この10年で年を取りましたし、さすがに失敗も徐々に減ってきたかな、と(笑)。10年前と比べたら“成功できる力”も身につけているはずなので、これからは失敗を恐れるよりも、『成功させたい!』という思いで何事にも前向きにトライしたい」と、力強く決意表明した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【ドラマ】田中圭、4年ぶり『ドクターX』出演!】の続きを読む


石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
87キロバイト (10,813 語) - 2021年9月30日 (木) 16:16



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/06(水) 05:39:32.50

10/6(水) 5:15配信
東スポWeb

左から田中、永野、石原(東スポWeb)

 女優の石原さとみ(34)、俳優の田中圭(37)が5日、都内で行われた映画「そして、バトンは渡された」(29日公開)のジャパンプレミアに登場した。2人は別作品の撮影で、石原が田中にガチギレしたと報じられたこともある仲だ。〝因縁〟の再共演で、撮影中は田中の背筋がピン!と伸びていたという。

 同映画は4回も名字が変わった高校生が、親からの想像を超えた愛を知る感動作。主演女優の永野芽郁(22)が高校生、田中はその義父、石原は魔性のシングルマザーをそれぞれ演じた。

 昨年暮れに一般男性と結婚した石原にとって初の母親役だ。共演はほかに、子役の稲垣来泉(くるみ=10)、市村正親(72)、大森南朋(49)らが顔をそろえた。

 イベントは和やかなムードで進行したが、撮影では石原に〝負い目〟を持つ田中が肝を冷やしながら演じていたという。

 それもそのはず、昨年7月期の連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系)の撮影中、主演の石原が共演の田中にガチギレしたと同年7月に「女性セブン」に報じられたからだ。

 同誌によれば、大の酒好きである田中が同年4月、二日酔いで撮影現場入り。周囲は苦笑いしたが、石原は座長として田中に「集中してくださいよ…」とチクリ。冗談めかしてはいたものの、目つきは険しく、ガチギレモードだったという。

 石原の〝一喝〟以降、二日酔いで現場入りすることはなくなった田中。泥酔エピソードに事欠かない豪快な役者だが、年下の石原からピシャリとたしなめられことは、いい教訓になったようだ。

「『そして――』のキャスティングは2019年中に固まったそうです。石原さんが『アンサング――』の撮影中に田中さんを〝一喝〟した半年後に『そして――』の撮影が始まり、石原さんと田中さんは再び顔を合わせました。〝ガチギレ事件〟があったため、田中さんは『さとみサンがいる…』と襟を正し、緊張感を持って撮影に臨んでいたと聞きました」(関係者)

 この日のジャパンプレミアで、石原が撮影中に「(稲垣が)田中圭くんと大森南朋さんにいたずらをした」とキャスト陣の仲の良さをアピールすると、田中も笑ってうなずいていた。

 一方、田中は役柄と自身の性格の共通点を聞かれ、「料理をしない。メガネをかけていない。共通点は懐の広さくらい」と渾身のジョーク。会場から笑いがこぼれると、「(今)笑った人は失礼ですからね!」と突っ込んで盛り上げた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6f98746f2988290e75d52b754d81b3f7c036d219


【【芸能】石原さとみ、田中圭が因縁の再共演】の続きを読む


田中 (たなか けい、1984年〈昭和59年〉7月10日 - )は、日本の俳優。トライストーン・エンタテイメント所属。東京都江東区亀戸出身。 渋谷教育学園幕張高等学校卒業。 2003年、ドラマ『WATER BOYS』で山田孝之演じる主人公の親友・安田孝の役を務め、脇役ながら注目を集める。
80キロバイト (10,914 語) - 2021年8月3日 (火) 01:06



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/04(水) 05:47:30.45

8/4(水) 5:15配信
東スポWeb

運が良かった

 コロナ禍に20人超の誕生日パーティーを開いていた俳優・田中圭(37)が救われていた! 新型コロナウイルスが感染急拡大していた時期に飲酒を伴う宴会を開いていたと週刊文春に報じられ、窮地に立たされたが…。ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)で共演していた〝年下の彼氏〟が見事に立ち回ってくれたという。

 田中の誕生日パーティーが報じられたのは先月28日のこと。パーティーが行われた同月10日は、東京都にまん延防止等重点措置が敷かれており、感染が急拡大していた時期だ。にもかかわらず長時間に及ぶ酒席を開いたことに「不適切では?」という指摘がネット上で続出した。

 さらに、バツが悪かったのは、田中の新型コロナウイルス感染。同月20日に発表され、現在も療養中だけに、〝感染源〟としてパーティーが疑われる事態まで引き起こしてしまった。

 文春にはほろ酔い気味の田中の顔も掲載されているが、田中の〝酒癖の悪さ〟はたびたび話題に。昨年8月には、泥酔してタクシー代を払うことができずに警察に保護されたと報じられた。

「それでも田中は〝ポンコツぶりがいい〟とイメージダウンにならなかった。というのも『おっさんずラブ』で演じた主人公・春田創一をはじめ、ハマり役に〝ダメ男〟が多かったのもある。ただ、今はフジテレビ系ドラマ『ナイト・ドクター』で〝救急救命医〟を演じており、役柄と実際の田中は別人といえども『医療従事者のことを考えてほしかった』『さすがに笑えない』と残念がる声が出た」(テレビ局関係者)

 田中は10月期にも主演ドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」(テレビ東京系)が控える。

 幼い2人の娘を抱える既婚者でもあり、炎上が続けば大ダメージ…と思われたのだが、実際はすでに〝鎮静化〟。「おっさんずラブ」で田中と衝撃キスを交わした、年下彼氏役・林遣都(20)が〝救っていた〟のだ。

「28日の夕方に第一報が報じられ、大炎上の様相を呈していましたが、翌29日早朝に林が元AKB48の大島優子と結婚することが一部で報じられたんです。その後、本人たちが正式発表し、ネット上を埋め尽くしていた田中らのパーティーへの批判は林と大島の話題にかき消され、芸能マスコミも深追いすることはなかった」(前同)

 パーティーの主催者はドラマで共演した俳優・眞島秀和で、他にも共演した正名僕蔵が参加。監督を務めた瑠東東一郎氏らスタッフも顔をそろえていた。

「林さんはその場にいませんでしたが、参加したメンバーからすれば『結婚してくれてありがとう』といったところでしょう」(ドラマ関係者)

 大島と林の結婚が発表された際、ネット上では「林遣都は田中圭と結婚するんじゃなかったの?」などといまだにドラマから抜け出せないファンの声が続出。林と大島の結婚式が行われるならば、田中は感謝とともにご祝儀を奮発するしかなさそうだ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7392212ff7fb7ec589f51bbb1dba96c98bfb8aa


【【芸能】田中圭、窮地も林遣都が絶妙フォロー】の続きを読む

このページのトップヘ