矢部浩之


矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年〈昭和46年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、スポーツキャスター、司会者、歌手。お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当。相方は岡村隆史。 大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC9期生。 妻は元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子。
18キロバイト (2,410 語) - 2021年10月7日 (木) 18:12



1 muffin ★ :2021/10/08(金) 02:52:50.81

https://www.oricon.co.jp/news/2209635/full/

 7日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)で、石崎ひゅーい作詞・作曲でアーティストデビューを果たす矢部浩之の楽曲のタイトルが「スタンドバイミー」であることが発表された。石崎もゲストで駆けつけ、同曲が解禁された。

 コンビ名にちなみ「ナイナイの日」としている9月9日の深夜放送の番組内で「超前向きな」重大発表のひとつとして発表された「矢部浩之のアーティストソロデビュー」。これまでも歌うことは好きということで、番組の中で独特な歌声を届けてきた矢部に、番組スタッフから「ガチなアーティストデビュー」を持ち掛けられて、企画がスタートした。

 この企画に賛同したのが、テレビでナイナイを見て育ってきた石崎で、多忙なスケジュールにもかかわらず快諾し、番組にとらわれることなく、「矢部浩之」をテーマに楽曲を制作した。番組内でもこれまでアーティスト写真の撮影やボイストレーニングなど着々とアーティストデビューへ向けての準備が進んでいることを矢部から報告されていたが、ついに楽曲が完成し、この日の放送で披露された。

 楽曲のタイトルについて、“カリスマボイストレーナー”として番組に出演している、ロバート・秋山竜次による、映画『スタンド・バイ・ミー』の歌い出し「ウィンザナイ」をまくという流れが恒例化していたことから、石崎が「秋山先生、振ってくれていましたよね。あれは、たまたまですか?」と質問。岡村が「4年くらい前から遊びでやっていたので。あの秋山先生の『スタンド・バイ・ミー』とは違うもんね」と否定すると、石崎が「秋山先生が歌詞をぶっ壊せとおっしゃっていて、すごくいいことを言っていらっしゃるなと…」と語った。

 当の矢部は「僕は一切、レコーディングの時に秋山先生の言うことは聞かなかったです(笑)。これはでも、本当に何もできないので、自分の中で決めたことがあって。カラオケ大好き人間なんですけど、忘れようと。いただいたものを誠実に歌おうと決めたんです」と告白。その後、楽曲がオンエアされると、やさしい曲調と矢部の歌唱と歌詞の内容に、SNS上でも「すごくステキな曲」「感動した」などの声があふれた。 岡村も「マジのやつですね(笑)。びっくりしましたよ」と驚きの声を上げる中、矢部は「やっぱり、この歌詞たまらなくないですか」としみじみ。石崎は「内容は、矢部さんが岡村さんに歌っているような作りにしたので、照れくさくないかなとか思っていたんですけど、歌にして聞いてみると、いいですね」と声を弾ませていた。番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。


(出典 contents.oricon.co.jp)


【【芸能】矢部浩之、デビュー曲は「スタンドバイミー」】の続きを読む


矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年〈昭和46年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、スポーツキャスター、司会者、歌手。お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当。相方は岡村隆史。 大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC9期生。 妻は元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子。
18キロバイト (2,408 語) - 2021年9月10日 (金) 01:15



1 jinjin ★ :2021/09/10(金) 01:52:21.52

矢部浩之、石崎ひゅーい作詞・作曲でソロデビュー決定
「ナイナイの日」に『ANN』で発表


お笑いコンビ・ナインティナインが、9日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)』(毎週木曜 深1:00)に出演。

「ナイナイの日」にあたるこの日、先週から告知されていた「史上初の明るい超前向きな重大発表」について、10月31日に行われる『ナインティナインのオールナイト歌謡祭』の開催に続く2つ目として、石崎ひゅーい作詞・作曲で矢部浩之のアーティストデビューが発表された。


この日の放送で、岡村隆史が「矢部浩之さんが歌手として、アーティストとして、マジなところからメジャーデビューすることが決定いたしまして、最初はこんなことになるとは思ってなかったんですけど、えらい本格的なことになってしまいました」と報告。

「カラオケも大好きだということで、アーティストとして、メジャーデビュー。何度も言いますけど、いきなりメジャーデビュー、快挙だと思います」と紹介した。


矢部は「僕もそうですけど、今聞いたみなさんも白目むいているでしょうね」と率直な思いを吐露。
「それだけたくさんの本職のプロフェッショナルの方が動いてくださるということで、矢部も覚悟せなあかん」と思いを語った。

矢部といえば、『ANN』内で桑田ヤベスケとして歌唱を披露。
視聴者対決、五木ひろしとの夢対決を経て、昨年8月の放送内では、単独ライブ『グランドチャンピオン大会Vol.1』が行われ、サザンオールスターズの「ボディ・スペシャルII」「思い過ごしも恋のうち」、桑田佳祐&Mr.Childrenによる「奇跡の地球」、米津玄師の「Lemon」、King Gnuの「白日」を歌い上げるなど、


番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/81fe7aa22f4dc20ef1eb863787e6aecf1d733240


【【芸能】矢部浩之、ソロ歌手デビュー!】の続きを読む


矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年〈昭和46年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、スポーツキャスター、司会者。お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当。相方は岡村隆史。 大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC9期生。 妻は元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子。
18キロバイト (2,378 語) - 2021年8月26日 (木) 12:59



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/29(日) 00:24:26.31

8/28(土) 21:25配信
東スポWeb

さすが売れっ子芸人

 お笑いコンビ「ナィンティンナイン」の矢部浩之が28日、「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」(フジテレビ系)に出演し、カードの残高を暴露され、スタジオを騒然とさせた。

 お笑いコンビ「かまいたち」の濱家隆一が大阪時代の矢部とのエピソードで明かした。濱家によると「何年も前なんですけど、(矢部さんと)食事を一緒にさせていただいて会計の時にカードを使えないお店やったんで。矢部さんがキャッシュカードが何枚か出して『これ、ちょっとお金おろしてきて。あっ、ちゃうわ、こっちが一番お金入ってないやつやわ』と言って(キャッシュカードを)渡してきた。気になって(残高を)見てみたら600万入ってました」と暴露され、スタジオから驚きの声が上がった。

 濱家の暴露に対して矢部は大笑いし、否定しなかった。続けて「このMC陣(松本人志、中居正広)みたら600万はたいしたことないねん」とツッコむと、松本と中居もニヤニヤするのみだった。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/17a019a8afb907fe114b0bfe9b3c3fdbcf445814


【【テレビ】矢部浩之、最下層カードで残高600万円】の続きを読む


矢部 浩之(やべ ひろゆき、1971年〈昭和46年〉10月23日 - )は、日本のお笑いタレント、スポーツキャスター、司会者。お笑いコンビ・ナインティナインのツッコミ担当。相方は岡村隆史。 大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC9期生。 妻は元TBSテレビアナウンサーでフリーアナウンサーの青木裕子。
18キロバイト (2,382 語) - 2021年8月8日 (日) 02:34



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/13(金) 12:46:27.84

8/13(金) 12:43
スポニチアネックス

矢部浩之 河村市長のメダルかみ騒動 「血がにじむ努力して獲ったメダルを…アカンよ」 
「ナインティナイン」の矢部浩之
 お笑いコンビ「ナインティナイン」矢部浩之(49)が12日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。名古屋市の河村たかし市長が金メダルを噛んだ騒動に触れた。

 東京五輪で日本がメダル58個を獲得した話題から、名古屋市の河村たかし市長が東京五輪ソフトボール日本代表の後藤希友(20)の金メダルをかじったことに触れ「なんの迷いもなかったんやろなあ…でもかんだらアカン」と言い切った。

 「どんな芸人さんがボケなきゃって追い込まれても、かむのはアカンよ。血がにじむ努力して獲ったメダルをねえ…。人様のもん口入れたらアカン。爆笑でも起こると思ったんかな。交換てエラいことになってもたね。まさかこんな出来事が起こるとは」と驚いた心境を語った。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a17fdeb79173abf3584ac603d24a25ccf68f1e2c


【【芸能】矢部浩之、河村市長のメダルかみ騒動】の続きを読む


プレイリストから、新たな音楽を発見する! ^ ナイナイ矢部、相方・岡村の“復帰”と自身の“婚約”報道「全部ウソです」と否定 ^ 矢部「ほんまにフジモン大っ嫌いやった」 日刊スポーツ 2012年4月8日掲載 ^ 矢部浩之が相方・岡村を公開説教 「やってもうたな」「ナインティナインも緊急事態」 2020年5月1日
18キロバイト (2,382 語) - 2021年7月23日 (金) 14:20



1 湛然 ★ :2021/08/02(月) 05:23:59.51

2021.08.02デイリースポーツ
「鳥人間」2年ぶり復活 MCナイナイ矢部 感動シーン続出に「琵琶湖の五輪」
https://www.daily.co.jp/gossip/2021/08/02/0014556024.shtml
「鳥人間コンテスト2021」に出演する(前列左から)高橋ひかる、羽鳥慎一アナ、矢部浩之、ファーストサマーウイカ、西川貴教(後列左から)荻原次晴氏、渋谷凪咲、向井慧、盛山晋太郎、リリー=滋賀・琵琶湖松原水泳場

(出典 i.daily.jp)

人力プロペラ機部門に出場した前回王者の「BIRDMAN HOUSE 伊賀」チームの飛行

(出典 i.daily.jp)



 昨年は新型コロナウイルスの影響で中止された「鳥人間コンテスト」が2年ぶりに復活することが1日、わかった。43回目となった伝統の大会は7月31日、8月1日に滋賀県彦根市の琵琶湖松原水泳場で開催され、滑走機部門に12機、人力プロペラ機部門は前回王者で3度目の優勝を目指す「BIRDMAN HOUSE 伊賀」など11機が出場。9月2日に読売テレビ・日本テレビ系「鳥人間コンテスト2021」(後7・00)として放送される。

 前回に続いてMCを務め、激闘を見守ったナインティナイン・矢部浩之(49)は「去年中止になってるんで、参加者がいつもより熱い思いでフライトしてくれた。今までで一番熱い鳥人間コンテストになっているんでは」と印象を明かした。

 スタジオゲストで滋賀ふるさと観光大使の西川貴教(50)が「滋賀を舞台に使っていただき、誠にありがとうございます」などと地元をPRすると、矢部は「来年(大会に)参加するかもしれません」と発言。

 西川は「昨年、特別版(の放送)で映像を通じて鳥人間の皆さんの熱意を受けて僕自身、高まった。(今回は)致し方なく、直前まで意思が固まってたが、残念ながら飛べなかった。その思いを…」とごまかしながら話した。

 西川は、報道陣からも「挑戦するかどうか宣言を」と迫られたが、再び「あらゆることに対して、これから挑戦する気持ち。僕自身の行動、これからの生きざまで伝えて行ければ」とのらりくらり。矢部は「やるならトレーニングしないといけないし、生半可な気持ちでは出られない」とフォローしつつ、「矢部目線からでいいですか。西川さん、出ます!」と断言した。

 東京五輪競泳女子200メートル&400メートル個人メドレー2冠の大橋悠依選手(25)を輩出した彦根市での大会。矢部は「オリンピックでたくさん感動させていただいているが、負けず劣らずの感動シーンがある。『琵琶湖のオリンピック』だと思っている」と命名した上で、「名言も覚えてる、あるパイロットの。泣きながら『分かってる。でも好きなんだ』って。僕は忘れない」とアピールした。

(おわり)


【【テレビ】ナイナイ矢部「鳥人間」2年ぶり復活】の続きを読む

このページのトップヘ