音楽


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
82キロバイト (8,966 語) - 2022年3月30日 (水) 22:15

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/11(月) 14:28:12.41

4/11(月) 14:07配信
東スポWeb

 ダイエット挑戦中の歌手・華原朋美が11日、ブログを更新。現在の体型を披露した。

 華原は最高79キロまで増え、昨年10月からダイエットに挑戦。4日には54キロ台まで減ったことを報告した。

 この日は「今の体型です」と全身の画像を公開した上で「昨日、北総乗馬クラブで自馬のクラシックに乗った後、みんなでカラオケしたりバーベキューしました。とても楽しかったです お肉食べすぎたーーーーーーー」と減量後、初めて趣味の乗馬を楽しんだことを明かした。
 
 写真では顔もシャープになり、下半身もスッキリしたように見えるが「今の体型はまだお腹のお肉が気になります」と今後の課題をつづり「今、メンタルトレーニング中なので トレーナーさんには会えませんが 頑張っていきたいと思います。
メンタルトレーニングが終わったらお腹メインのトレーニングをしていきたいと思います」とリバウンドをしないよう、まずはメンタルトレーニングに取り組んでいるという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c6c8a4bf1e4f6bd8814f5eba57a0ba079cb5ab52
ブログ
https://ameblo.jp/kahalatomomi-official/image-12736832082-15101231926.html


【【芸能】華原朋美、25キロ減量の全身写真を公開】の続きを読む


ブリトニー・ジーン・スピアーズ(Britney Jean Spears, 1981年12月2日 - )は、アメリカ合衆国のポップ歌手、ダンサー、女優。日本での愛称はブリちゃん。1990年代末から2000年代半ばにかけて、アメリカのポップシーンを代表する女性シンガーとして活躍した。身長163cm。
48キロバイト (6,847 語) - 2022年4月12日 (火) 06:19

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/12(火) 11:00:59.29

4/12(火) 10:38配信
スポーツ報知

 米国の歌手、ブリトニー・スピアーズ(40)が日本時間の12日、自身のインスタグラムを更新。婚約者の俳優サム・アスガリさん(28)との間に子供を妊娠したことを報告した。

 ブリトニーは、妊娠に気付いた経緯として「マウイ島旅行のために激やせしたのに、また太ってしまった」といい、アスガリさんに相談したうえで妊娠検査薬を試したところ、妊娠が判明したという。

 前の夫らとの間に2人の息子がいるブリトニー。「妊娠中に周産期うつ病になったから辛い」と、以前の妊娠で周産期うつ病になっていたことも明かした。「当時、女性はそのことを話さなかった」「赤ちゃんがいる女性がそんなことを訴えたら危険だと考える人もいた」というが、「でも今、女性は毎日そのことを話している」「その痛みをちゃんと秘密にしておく必要がないのはありがたい」と、周産期うつ病について世間の認知度が高まったことも感じているとした。

 昨年9月、ブリトニーはインスタで婚約を発表。「信じられない!!!!」という意味の英文を添え、大きな婚約指輪を左手の薬指につけて婚約者と寄り添う姿を公開していた。ブリトニーは過去に結婚経験があり2005年9月に長男を出産、2006年9月に次男を出産。その後離婚し、別のダンサーと婚約するなど恋多きセレブとしても知られる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02d38e9133660e59e80369eff34b883bfcad9f91

(出典 hochi.news)


【【芸能】ブリトニー・スピアーズ、40歳で妊娠を発表!】の続きを読む


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
82キロバイト (8,966 語) - 2022年3月30日 (水) 22:15

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/10(日) 10:53:39.72

4/10(日) 10:40配信
日刊スポーツ

約4カ月間で25キロの減量に成功した歌手の華原朋美(47)が、体の不調を明かした。

華原は9日、「ちょっと心配なこと」をブログで告白した。「痩せてから偏頭痛とふらつき、めまいが酷いです」として、「日によって違うんですが急に体重を落としたせいだからと病院に行ったら言われました」と医師から減量による影響を指摘されたことを明かした。「また、あまりにも酷かったら病院に行こうと思います」と表明しつつも、「まぁ、これも慣れれば治る事だからそこまでは心配してないし気にしてません」と明るくつづった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ba3e56c5a5b6f15b0685329f3e369bca5b3c7ec


【【芸能】華原朋美、25キロ減量の影響で体調不良】の続きを読む


氷川 きよし(ひかわ きよし、1977年〈昭和52年〉9月6日 - )は、日本の演歌歌手。2000年デビュー。 本名は山田 清志。一部で「kiina」という名前を使用することがある。身長178cm。体重62kg。血液型はA型。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属。
68キロバイト (4,896 語) - 2022年4月6日 (水) 11:12

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/06(水) 20:53:08.39

4/6(水) 20:00配信
東スポWeb

「長良グループ演歌祭」に参加した(前列左から)水森かおり、氷川きよし、田川寿美、(2列目左から)司会・西寄ひがし、椎名佐千子、藤野とし恵、岩佐美咲、(3列目左から)辰巳ゆうと、はやぶさ(ヒカル、ヤマト)

 歌手の氷川きよし、水森かおりらが出演する「第二十一回・長良グループ 夜桜演歌まつり~熱唱 春の祭典スペシャル~都内23区・23年をかけて……」が6日、東京・足立区の西新井文化ホールで開かれた。

 毎年、桜の季節に都内23区を1か所ずつ23年かけてまわるという長良グループ主催の壮大なコンサートイベント。新型コロナの影響で2020年、21年と2年連続で中止となり、今年が3年ぶりの開催となった。

 出演者は、氷川、水森のほか、藤野とし恵、田川寿美、椎名佐千子、岩佐美咲、はやぶさ、辰巳ゆうの長良グループ所属のアーティスト全8組。氷川は「声帯ポリープ」治療中のため歌唱はできなかったが、久しぶりにファンの前に元気な姿を見せた。

 ステージでは出演者全員で昭和の名曲「青い山脈」を歌ってオープニングの幕を開けた後、氷川が笑顔を見せながら「のどの手術でポリープを2つ取りました。無事にまた明るい声になりましたので、今日は歌えないんですけれども気持ちは皆さんとつながっています。あともうちょっとすれば歌えるようになりますので、その日まで楽しみにしていてください」と明るく話し、ファンを安心させた。

 それぞれの代表曲から田川が「楓」、辰巳が「下町純情」、藤野が「女の流転」、水森が「鳴子峡」、はやぶさが「恋のすみだ川」、岩佐が「無人駅」、椎名が「御意見無用の人生だ」を歌唱。今回、歌唱ができない氷川に代わり、他の出演者全員で「きよしのズンドコ節」を披露した。

 氷川は「殺伐とした時代ですが、一人ひとりが思いやり、愛を持って生きていきたいなと思います」。水森は「また皆さまとこうして『夜桜演歌まつり』のステージでお会いすることができ、笑顔満開の最高のひとときをありがとうございました」と語った。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/366560f2e9d521b55f822cf8710db1dba9ece21a


【【芸能】氷川きよし、ファンの前で早期復帰を約束】の続きを読む


西川 史子(にしかわ あやこ、1971年4月5日 - )は、日本の医師、タレント。学位は医学士(聖マリアンナ医科大学医学部・1996年)。現存する日本のミス・コンテストで最も古い歴史を持つ「ミス日本」の第28回(1996年度)『フォトジェニック賞』受賞。神奈川県相模原市南区出身。ホリプロ所属。
18キロバイト (2,302 語) - 2022年2月21日 (月) 23:23

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/10(日) 10:56:23.94

4/10(日) 10:38配信
スポニチアネックス

 昨年8月17日に右脳内出血のため入院し、昨年12月16日に退院した医師でタレントの西川史子(51)が10日、自身のインスタグラムを更新。松田聖子(60)のディナーショーを訪れたことを明かした。

 昨年12月18日に長女で女優の神田沙也加さん(享年35)が急逝し、歌手活動を休止していた松田が9日、ステージ復帰した。東京・グランドプリンスホテル新高輪でディナーショーを開催。早すぎる娘の死を乗り越え、4カ月ぶりに歌声をファンに届けた。

 西川は、「やっぱり、聖子ちゃんは神でした!」とはじめ、「小学生の時から大ファンで、『松田聖子さんに会えたら、私は芸能界やめてもいい!』と言っていて、10年くらい前にたまたまテレビ局の楽屋が隣りになって、ご挨拶に伺いたかったのですが、まだテレビやめたくないと、マネージャーに相談して、もう少ししてからお会いしましょうと、諦めた思い出があります」と振り返った。

 そして、「そんな憧れの聖子さんのディナーショーに行ってきたんです」と報告。ディナーショーについては、「『皆さんこんばんは、松田聖子です。』の第一声から、感動して泣き通しでした。何があっても、前を向いて立ち上がる姿勢、生き方は、全て素晴らしく、今の私に沢山の勇気を頂きました。何より、ずっと聖子ちゃんのままで、フリフリのドレスが可愛すぎて、歌を聴いていた昔に戻って、幸せな夜になりました。ステージのはじからはじまで歌って踊る、ずっと大好きだった人が目の前にいるなんて。まだ夢をみているみたいです」と感想を記した。

 フォロワーからは「私もいつかは行ってみたい」「聖子さんからたくさんパワーをいただけて、羨ましい」「西川先生も聖子ちゃんもお元気そうで嬉しい」「良かったですね」という声が寄せられた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/90150800a38106d3ab8b2ea4e9b6aad5e9f8d5fa

【写真】ステージ復帰した松田聖子のディナーショーを楽しむ様子(インスタから)

(出典 www.sponichi.co.jp)


(出典 www.sponichi.co.jp)


【【芸能】西川史子、ステージ復帰した松田聖子のディナーショーへ】の続きを読む

このページのトップヘ