音楽


木村 カエラ(きむら かえら 1984年10月24日 - )は、日本の歌手、ファッションモデル。東京都出身。本名は永山 カエラ りえ(ながやま かえら りえ)。旧姓は木村。血液型はA型。夫は俳優の永山瑛太、義弟は俳優の永山絢斗。 事務所は、ソニー・ミュージックアーティスツ(T-BOOMにも在籍)から事務所分割により
69キロバイト (7,239 語) - 2022年3月24日 (木) 23:34

1 muffin ★ :2022/03/28(月) 17:22:43.40

3/28(月) 7:15
NEWSポストセブン

木村カエラの「お風呂の水は冷めてから捨てて」 下水道局の見解は?
子供ができてから意識が変わったという
 全国のリスナーが一斉に首をかしげたのは、2月下旬、あるラジオ番組にゲスト出演した木村カエラ(37才)の発言だった。

「お風呂のお水は冷めてから捨てるようにしていて。お湯をそのまま捨てると、冬ってそのお水を工場できれいにしても、ちょっと温かいまま川に流れちゃうんだって!」

 番組のテーマは「サステナブルな未来のためにできること」。カエラいわく、お風呂のお湯を冷まして流すのは、「SDGs」のためだという。SDGsとは2015年に国連サミットで採択された、持続可能な社会のために達成すべき目標のことだ。「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等を実現しよう」など17の目標が掲げられており、どうやらカエラの“地道な努力”は「海の豊かさを守ろう」という目標に向かってのものらしい。

「川に温かい水のまま流れていくと、温かい水で生きやすい生物はそこでどんどん繁殖してしまうけど、温かい水が苦手な冬の生き物はダメになっちゃう。(中略)グッピーとかが川にたくさんいるみたいよ」

 カエラが番組ナビゲーターのSHELLY(37才)にそう丁寧に説明すると、「そうか! 熱帯魚が育っちゃうんだ」とSHELLYも妙に納得し、2人の会話は、「生きやすい社会になったらいいなと思います」という言葉で締めくくられた。

 アラフォー女性たちの“意識高い系発言”だったが、案の定放送後、ネット上には《生活排水がそのまま流れるような田舎に住んでるの?》《お湯は排水管を通るあいだに冷める。この発言は残念すぎる》といったコメントが並んだ。東京都下水道局に問い合わせると、カエラのほかにもこのような勘違いをしている人がいるのだとか。

「統計をとっていないので件数はわかりませんが、まれにある問い合わせです。熱湯を流すのは配管を傷めるので避けたいところですが、お風呂のお湯程度であれば気にする必要はありません。

 まず、下水道が整備されていれば、家庭の生活排水は下水管に流れ、処理場に集められます。生活排水はろ過や微生物による分解、塩素による消毒など、10時間以上かけて処理され、川や海などに流されるので、温かいまま流れることはあり得ません」(総務部広報サービス課)
カエラたちの「環境にいいことをしたい」という気持ちは否定されるべきではない。しかし、こういった活動のなかには本末転倒なものもあるというから注意が必要だ。

「マイ箸を持ち歩いたとしても、自宅で合成洗剤を大量に使って洗うのなら、間伐材でつくった割り箸の方が環境に優しい場合もある。マイカップも同様に、合成洗剤を使って一日に何度も洗うようでは環境負荷が高い。再生紙を使った紙コップなど使い捨ての方がよいケースもあるのです」(環境ジャーナリスト)

 SDGsを意識することは大切だが、正しい知識を持って実践したい。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0785fdb0de179f444be465f08b07294e8c3f54e3

★1:2022/03/28(月) 10:14:39.42
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1648430079/


【【芸能】木村カエラ「お風呂の水は冷めてから捨てて」】の続きを読む


森田 童子(もりた どうじ、1952年1月15日 - 2018年4月24日)は、日本の女性シンガーソングライター。本名は非公表。1975年、NHKラジオ『若いこだま』に出演時、芸名について「太宰のおしゃれ童子が由来」と語った。 1973年、西荻窪ロフトでライブハウスデビュー。以降、ライブハウスを中心に活動する。
33キロバイト (3,375 語) - 2022年3月23日 (水) 06:16

1 muffin ★ :2022/03/25(金) 20:08:02.49

https://www.news-postseven.com/archives/20220325_1738070.html?DETAIL

(出典 www.news-postseven.com)


儚さを感じさせる、つぶやくような歌声。カーリーヘアにサングラス姿という中性的なスタイルで、男性か女性かさえも明確にせず、“謎の歌手”と評された森田童子さん(享年66)。1975年にデビューするも、シングル発売は4枚のみ、たった8年で引退してしまった。当時の映像や写真はほとんど残っていない。

2018年4月に亡くなり、2か月後には全国的に報じられています。『高校教師』で森田童子を知った人たちは、まさに謎の歌手として認識しているでしょう」(音楽関係者)
そんな森田さんの生誕70周年となった今年1月、単行本『夜想忌 森田童子大全』(Pヴァイン)が4月1日に発売することが発表された。森田さんの関係者インタビューや寄稿をもとに“真実”が明かされる評伝本だ。
中略

今回の『森田童子大全』よりも先に、謎に包まれた森田さんの正体を明かしたのは、昨年12月、作詞家のなかにし礼さん(享年82)の没後1年に出版された遺作『血の歌』(毎日新聞出版)だった。「その本のなかで、森田さんがなかにしさんの兄の娘、つまり姪であることが明かされていたんです。そこには血縁関係であることを隠すに至った経緯なども書かれています」(別の芸能関係者)

その直後に出版されると発表されたのが『森田童子大全』だっただけに、謎に包まれた森田さんの素顔が明かされるのではないかと、ファンの期待は膨らんだ。しかし、2月末に事態は一転する。

「予約注文していましたが、突然“無期限発売延期”のメールが届きました。延期の理由はまったくわかりませんが、タイトルも内容も変わるとのこと。大々的に宣伝していたレコードショップでもいまは予約できません。お蔵入りになってしまうのでしょうか」(60代女性ファン)

森田さんの遺族を訪ねると、開口一番から怒気をはらんだ声で怒りをぶつけ始めた。

「森田童子が*でいるからといって、何をしてもいいというわけではない。私たちは許しませんよ!」

『森田童子大全』の宣伝文には《本書は森田童子さんのご遺族から許諾を得て制作した“決定版”である》とわざわざ記載されている。だが、激しい剣幕を見るに事実は違うようだ。遺族が経緯をこう説明する。

「今年の1月、遺族の1人がふとネットを見ていたら、この本の告知を見つけたんです。何も聞かされていないので本当に驚きましたよ。慌てて監修として名前があったA氏に連絡をしました。というのも2021年11月に、A氏が私たちのところに、“企画書”と称したメモ書きを寄越してきたんです。しかし、肝心な内容がまったく書かれていない。なので、詳細な内容が知りたいと伝えましたが、その後、A氏からも出版元からも一切連絡がありませんでした。遺族の許諾を得たなんて嘘です。連絡もないから許諾のしようがない状況なんです。そんななかで、本の告知がされました」

森田さんの持つ楽曲や肖像権などの権利は、森田さんの遺族が管理をしている。遺族が怒るのは至極真っ当なことだろう。

「“森田童子”の名前で、4000円ほどもする高価な商品を売るのであれば、私たちを通すべきでしょう。それを無視された。私たちは発売を中止すべきだと主張しましたが、出版元から『販売網の都合もあるので一度延期ということにして、そのうえで考えてほしい』と言われました。顔を立てる意味で受け入れましたが、ホームページでは発売中止と告知してほしいと話したのに、いまだに発売延期となっています。

この企画はやめるべきです。森田童子の名前が使われる限り、私たちは許しません」(前出・森田さんの遺族)

遺族がここまで激怒するのにもわけがある。

全文はソースをご覧ください


【【芸能】森田童子、評伝本激怒でお蔵入り騒動】の続きを読む


山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、女優。活動時の所属事務所はホリプロで、レコード会社はCBSソニーに所属していた。 本名は三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)で、芸能界引退後に三浦百恵名義で作詞を行っている。夫は俳優の三浦友和(1980年1
64キロバイト (5,919 語) - 2022年3月21日 (月) 07:26

1 フォーエバー ★ :2022/03/21(月) 13:56:35.53

三浦祐太朗さん インスタグラムより引用

歌手・三浦祐太朗さん 声優・牧野由依さん夫妻に第1子となる女児が誕生したことがわかりました。三浦さん、牧野さんがそれぞれのインスタグラムで発表し、その喜びを綴りました。山口百恵さん、三浦友和さんにとって初孫の誕生となります。


牧野 由依さん

【牧野 由依さん インスタグラムより引用】
先日、無事に第一子となる女の子を出産致しました。
大きな産声を上げて元気に誕生してくれた命の温もりや重さに日々喜びを感じております。
出産に至るまであたたかく見守り支えてくださった皆様
家族、友人、産院の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
一度しかない娘の成長の瞬間を大切にするとともに、牧野由依としてはもちろん、人として母としても成長しお仕事にもより深みを持たせられるよう精進して参りたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

3/21(月) 13:47配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/41aab9ab9161403a55541467a2cf1642945c3922


【【芸能】山口百恵&三浦友和に初孫】の続きを読む


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
81キロバイト (8,962 語) - 2022年2月27日 (日) 02:24

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/16(水) 16:11:03.40

3/16(水) 13:30
デイリースポーツ

華原朋美、リバウンド対策か トレーナーからトレーニング休憩指示

 歌手の華原朋美が16日、ブログを更新。ダイエット中の体重がついに50キロ台に突入したことから、トレーナーからトレーニングなしで50キロ台をキープする生活習慣を身につけるよう、指示されたことを明かした。

 華原は元日に「79キロ」あった体重を必*トレーニングで落とし、12日のブログではついに「59・9」となった体重計の写真をアップしている。

 この日も激しいトレーニングを行ったが、その後、トレーナーから「しばらく数日間トレーニングは休憩して」と指示されたという。

 そして「その間、50キロ台をキープできる生活を自分で覚えてきてください」と言われたといい、これで爆食いなどで再び体重が増えた場合は「また1からやり直します」とした。

 早寝早起き、野菜中心の適量の食事などで体と脳に50キロ台だということを覚えさせるといい「自分をコントロールさせる力を身につけるトレーニング」だという。華原は「リバウンドを避ける為のトレーニングなのかなぁ」ともつづっていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9318ef1191a070b78c89865348dd91464dff3694


【【芸能】華原朋美、リバウンド対策か…】の続きを読む


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GACK
71キロバイト (5,783 語) - 2022年3月17日 (木) 17:21

1 ひかり ★ :2022/03/17(木) 14:10:18.89

芸能活動を「無期限休止」中のミュージシャンGACKT(48)が17日、約1年半ぶりにツイートし、宮城県と福島県で震度6強を観測した地震について「これ以上大きな被害が出ないように祈ってます」とつづった。

GACKTは「日本で大きな地震があったと知りました。亡くなられた人や怪我をされた人もいると聞き心配しています。これ以上大きな被害が出ないように祈ってます」と案じた。

GACKTは昨年9月、重度の発声障がいなどのため、芸能活動を「無期限休止」すると明らかにした。活動休止後のツイッターでの告知は「秘書」名義で投稿されていた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb661639b85a7819e0e0f92c82c8decdd77a9c01


【【芸能】GACKT、地震「これ以上大きな被害が出ないように」】の続きを読む

このページのトップヘ