PUFFY


PUFFY(パフィー)は、日本の女性ボーカルデュオ、ユニット。メンバーは大貫亜美と吉村由美。1996年に奥田民生プロデュースのシングル『アジアの純真』でデビュー。力の抜けた自然体のスタイル、親しみやすいキャラクター、ハイクオリティな楽曲が特徴。2000年にSXSWに出演、2002年にPuffy
56キロバイト (5,442 語) - 2021年8月8日 (日) 15:14


PUFFY 『HiHi』 - YouTube

(出典 Youtube)



1 数の子 ★ :2021/08/15(日) 15:20:21.65

「生まれるという連絡をもらった時、『私が行かずに誰が行く』と思って」。デビュー25周年を迎えたPUFFYの大貫亜美と吉村由美は、「友達であり、ビジネスパートナー」。大貫が吉村の出産に駆けつけるほど、厚い信頼関係で結ばれている。「アジアの純真」「これが私の生きる道」など数々のヒット曲を送り出し、アメリカではPUFFYをモデルにしたアニメが放送されるなど、ポップアイコンとして人気を集めてきた。多忙を極めた20代も、子連れで回ったアメリカツアーも、移動はいつも隣の席。そんな関係を保てるのはなぜだろうか。(文中敬称略/取材・文:田中久勝/撮影:藤原江理奈/Yahoo!ニュース オリジナル 特集編集部)

デビュー当時から、ほとんど喧嘩もしない
右/大貫亜美:1973年生まれ、東京都出身。左/吉村由美:1975年生まれ、大阪府出身(撮影:藤原江理奈)

吉村「世間的には『2人組は実は仲が悪い』とか言われがちじゃないですか。でも私たちは25年間、仕事で移動する時はいつも席が隣。ここまで一緒にいると、私たちのほうがおかしいのかもって(笑)」

大貫「一緒にいて一番楽。海外旅行へ行きたい人ナンバー1です」

もとは、現在の事務所でそれぞれシンガーとして活動する予定だった。人見知り同士だった2人は、ふとしたきっかけで互いの家を行き来するほど親しくなる。事務所にデビューを打診された大貫が、吉村と一緒にやりたいと提案。そうしてPUFFYが誕生した。1996年、奥田民生プロデュースのもと、作曲は奥田、作詞は井上陽水のシングル「アジアの純真」でデビューし、いきなりミリオンヒットを記録した。


当時から、2人はほとんど喧嘩もしなかったという。

大貫「喧嘩しても次の日仕事だったら会わないといけない。そこはお互い理解があったと思います」

吉村「写真を撮る時、『頬寄せて』って毎回言われて。まだ気持ちが素人だから、嫌いな人とは寄せたくないんですよね。お互いが喧嘩を回避しようとしていました。会社も私たちを『個×2』としてではなく『対』として見ているから、何かある時は2人で話してから会社にぶつける。だから揉めごとすら起きない」

デビューしてすぐに注目され、多忙を極めた。友達が遊んでいるところに参加しようと思っても、仕事が終わる時間が分からない。自然と2人で遊ぶことが多くなった。

吉村「20代前半は友達と遊べないのが寂しかった。休みが合う友達がいないから、亜美ちゃんと遊んだ。今考えると、当時SNSがなくてよかったなと思います。なかったからこそ、自由に遊べたところもある。今の若い人のほうが、いつでもいろんな目があってつらいかもしれない」

↓全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/f637adaa0fc1404076681ca6f6107c13a6bf003f?page=1


【【芸能】PUFFY「移動はいつも隣の席」】の続きを読む


PUFFY(パフィー)は、日本の女性ボーカルデュオ、ユニット。メンバーは大貫亜美と吉村由美。1996年に奥田民生プロデュースのシングル『アジアの純真』でデビュー。力の抜けた自然体のスタイル、親しみやすいキャラクター、ハイクオリティな楽曲が特徴。2000年にSXSWに出演、2002年にPuffy
54キロバイト (5,234 語) - 2021年6月14日 (月) 21:04



(出典 images.rollingstonejapan.com)



1 シャチ ★ :2021/07/02(金) 23:37:35.69 ID:CAP_USER9.net

 2021年にデビュー25周年を迎えたPUFFY(大貫亜美・吉村由美)が、オリジナル・ニュー・アルバム『THE PUFFY』を9月22日(水)にリリースすることを発表しました。PUFFYのオリジナル・アルバムは、2011年3月にリリースされた『Thank You!』以来、10年ぶり12作目となります。

 PUFFYは、1996年5月に奥田民生プロデュースによるシングル「アジアの純真」でデビュー。その後、「これが私の生きる道」「サーキットの娘」「渚にまつわるエトセトラ」など次々とヒット曲をリリース。全米NO.1アニメチャンネル「カートゥーン・ネットワーク」にて、PUFFYの2人を主人公にしたアニメ番組『ハイ!ハイ! パフィー・アミユミ』が世界110ヵ国以上で放送されるなど、日本のポップ・アイコンとして、世界を舞台に活動を展開してきました。

 ニュー・アルバム『THE PUFFY』には、フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』エンディング・テーマ「すすめナンセンス」(作詞: さくらももこ / 作曲: 織田哲郎)や、アウトドアブランド「コロンビア」のウィメンズコレクション『ESCAPE with Columbia』とコラボレーション、サウンドプロデューサーに生形真一(ELLEGARDEN、Nothing's Carved In Stone)を迎えて制作された最新楽曲「Pathfinder」などが収録予定。2015年以降にリリースされた楽曲と、このアルバム作品用に新たにレコーディングされた楽曲で構成されています。

 なおPUFFYは、デビュー25周年のアニバーサリー企画として、書籍、CD&DVDボックス・セットの発売、記念ライヴ開催など、精力的に活動を展開中です。

7/2(金) 22:32配信 CDジャーナル
https://news.yahoo.co.jp/articles/82e025174f8b4cbef108e85ec0609f5351008271
画像

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【【芸能】25周年のPUFFY、10年ぶりのアルバム『THE PUFFY』を発表】の続きを読む

このページのトップヘ